通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


現地駐在員による〜中国北京便り〜最終回 「北京駅発、鉄道の旅。また会いましょう、ごきげんよう!」
アイ・エス・エス・インスティテュートと同じ、翻訳センターグループの一員である北京東櫻花翻訳公司(本社:北京市)のマネージャーが北京の最新事情をお伝えします。

*****

昨年12月から連載開始した当ブログもいよいよ最終回を迎えることになりました。

今回は北京から中国各地へ広がる長距離鉄道のお話とさせていただきます。

北京市は面積で言えば日本の四国と同じくらいの広さになりますので、長距離鉄道の駅も北京市内に多く存在しているのですが、その起点やあるいは大きなジャンクションになっているのはやはり北京駅です。ただ、北京と名の付く駅はこれにとどまらず、ほかには北京東駅、北京北駅、北京西駅、北京南駅があり、乗り入れる路線がそれぞれ異なります。

このうち、北京南駅は「中国高速鉄道(高鉄)」が乗り入れる駅であり、天津までを25分で結び、上海まで伸びている路線になりますが、このシステムを導入するために大幅に改装増築された駅でもあります。非常に不便な立地で、天津までの乗車時間よりも北京南駅までのタクシーの方が時間がかかると揶揄されたこともあります。タクシーを使うならその事情は今でも変わっていませんけれど、最近は地下鉄で南駅へのアクセスがとても便利になりました。

同じように新しくきれいになった駅に北京北駅があります。ここからは万里の長城のなかでも観光スポットとして有名な八達嶺へ向かう列車が発着しています。鉄道好きには隠れた人気なのですが、この列車、駅が新しくなったと同時に「和諧号」つまり高速鉄道の列車に変更されました。もちろん山間部を進む列車が高速で走るわけはありません。それどころか八達嶺に到着する直前、スイッチバック走法も行う名物路線にもなっています。

さて市内の地下鉄なら事前に現金がチャージされた交通カードのタッチだけで乗車が出来るのですが、長距離列車への乗車は北京市の交通カードを使うことは出来ません。必ず事前に切符を購入する必要があり、切符購入時と乗車時には身分証を提示しなければならず、また購入した切符には身分証記載の実名が印字されています。代理購入が出来ないのはダフ屋対策のために近年導入された制度です。ダフ屋が多かったのは中国での常識といって良いレベルで、当日券はダフ屋から買うしかないという悪循環は、旅行者や外国人には頭痛の種でもありました。

現在はそういった状況も大幅に改善され、例えばネットなどで事前に購入して支払いまですませ、当日駅の窓口で受け取るということが可能になっているのです。つまり、もしあなたが中国の銀行カードでも持っているのなら、日本から列車のチケットを購入して中国での出張に利用したり、鉄道の旅を楽しんだりすることが可能になっているというわけですね。


言葉は人と人の架け橋、当ブログで日本の皆様が中国北京に少しでも興味をもっていただけたなら、とても嬉しく思うところです。

これまでご愛読いただきましてありがとうございました。


*****

 
| ISSインスティテュートからのご案内 | 12:00 |
現地駐在員による〜中国北京便り〜第六回 「北京で飲み歩き」

アイ・エス・エス・インスティテュートと同じ、翻訳センターグループの一員である北京東櫻花翻訳公司(本社:北京市)のマネージャーが北京の最新事情をお伝えします。

*****

北京の街をぶらりと歩くと、最近目立って増えてきたものの一つに喫茶店があります。

日本と違うのは、その多くが夜はバーになるというところで、日中はコーヒーや紅茶、あるいは中国茶など、夜になると冷えたビールやカクテル、ワインや洋酒などがサーブされています。

以前中国で宴席や接待と言えば、中華高級レストランで円卓を囲むのが相場でした。ホスト側は事前に専門店で購入した高級酒などを持ち込むことも多く、店側もこういった習慣に寛容で、高級レストランの近くには贈答用の高級酒を販売する専門店が見つかります。そこで販売されるお酒は1本数百円のものから上は100万円なんてものも珍しくありません。

宴席では中華料理をつつきながら、そうやって選んだ、とっておきのお酒を勧めつつ(敬酒)乾杯(杯を乾かすのは、杯の底が見えるまで飲む=底に至るまで飲む=徹底的に飲む)を重ねていくのが昔ながらの中華風ノミニュケーションだったわけです。

伝統的な宴席に利用される中華高級レストランに対し、西洋風の「バー」などと言えば、数年前までは西洋人のためのものか、もしくは地球の歩き方の体験談に掲載されるようないかがわしいお店なども多かったわけですが、冒頭で紹介した近年流行のカフェバーには普通の中国人客の姿も多く見られ、値段も比較的高いのですが相応の雰囲気とサービスレベルを実現した、モダン北京の健全な社交場となっています。


さて、北京といえば日本では年中空気が悪いイメージが持たれているおり、確かに真っ白な日も多いのですが、空気がきれいで青空の見える日、星空の見える夜だってあるわけで、夏場ともなればバーの店先がオープンテラスに早変わりし、中国語や英語、時には日本語や韓国語も混じった笑い声が夜空に響きます。ビヤガーデンに生ビール!夏の楽しみに国籍は関係なさそうです。

余談ですが、中国のローカルレストランで冷たいビールを求めるのは時には困難を伴います。そもそも冷たい飲料を飲むという習慣は中国にはありませんでした。ある夏の日、冷たいビールを頼んだはずが、冷えてないものを出され、文句を言うと「ちゃんと冷蔵庫から出してきたから『冷たいやつ』に間違いない」と返されました。いつ冷蔵庫に入れたのかと確認したら、「1時間前だ!」と、胸をはって堂々と答える姿に感心したことがあります。昔話ではなく、数ヶ月前の経験でした。

カフェバーだと自動的に冷えたビールが出てきますが、中華料理だと高級レストランでも、ビールを頼んだら「冷たいのか?常温のものか?」と聞かれるのは、健康のために冷たいものは飲まないという中国人がいまでも多いからなのですね。

ビールの美味しい季節、冷たいものの飲み過ぎにはご用心!


*****

 
| ISSインスティテュートからのご案内 | 18:00 |
現地駐在員による〜中国北京便り〜第五回 「北京城の城壁を訪ねて」

アイ・エス・エス・インスティテュートと同じ、翻訳センターグループの一員である北京東櫻花翻訳公司(本社:北京市)のマネージャーが北京の最新事情をお伝えします。

*****

中国で進められている「都市化政策」ですが、中国語では「城鎮化・城市化」とも言われています。「」とは「街・都市」の意味を含みますが、元は「城壁」を指したもので、「街・都市」という意味は「城壁に囲まれた地域」という定義から変転したものと言われています。

日本では街のなかに城があって、城の周囲を城下町などとも言っていたわけですが、中国の場合は城のなかに街があったということになります。

北京に限らず中国の古い都市には外敵の侵入を阻むための城壁がありました。北京市に残っていた城壁は残念ながら大半が取り壊されてしまい、今は一部地域に城壁跡公園となって残っているのみですが、西安や南京などの都市では、まだ城壁が歴史の息吹を伝えています。


さて、中国で城壁と言えばもうひとつ思い当たるのは世界遺産にもなっている万里の長城がありますが、一口に万里の長城と言っても作られた時代や地域によって様々な種類に分類することができます。

日本人が歴史の教科書で習うのは、秦の始皇帝が騎馬民族からの侵略に備えて造営したものというのが有名ですが、現存する多くの長城は明の時代に造られたものです。

万里の長城といっても端から端まで一つにつながっているわけではなく、各時代のものが重なったり、同時代でも城壁が分離したり合流したり、山の尾根に沿ってU字になったりM字になったりしており、また残存している形状にしても、城壁になっているものだけでなく、ただの石塁の段階で止まっていたり、瓦礫を積み上げたところで放置されているような区間もあります。

城壁としての体裁を保っている長城ならば、一定区間ごとに背が高い城塞のような建物が設けられており、城壁が合流したり分離したりする場合もこのような建物がジャンクションになっている事が多く、こういった建物のことを中国では「」と呼びます。「」は外敵を阻むもの、「」は外敵を見張るものだったわけです。


時を過去から現代に戻し、今の都市部(城市)ではビルのことを「大楼(摩天楼)」と呼んでおり、長城の「」と重ねてみると、近代的なビルが大きな見張り台にも見えてきます。

そんなビルの屋上の展望台から都市全体を俯瞰する時、もしここが見張り台だとすれば、外敵から都市を守る城(壁)はどこにあるのか、そもそもどこから向こうが外敵の土地になるのかなどと考えさせられるところです。


さて、目に見える壁がなくなった北京ですが、街の中には城壁跡に出来た環状道路に区画されるが如き、目に見えない格差の壁が出来ていると言われることもあります。

最先端の瀟洒なビルの裏通りに昔ながらの路地裏(胡同=フートン)があるのが北京です。北京に暮らす一人としては、都市開発のなかでも近代と過去、新しいものと古いもの、人と人が今後も良い意味で交じり合いながら、形は変わってもその息吹を後代に伝えていって欲しいと願う次第です。


*****

 
| ISSインスティテュートからのご案内 | 12:00 |
現地駐在員による〜中国北京便り〜第四回 「北京に息づく医食同源」

アイ・エス・エス・インスティテュートと同じ、翻訳センターグループの一員である北京東櫻花翻訳公司(本社:北京市)のマネージャーが北京の最新事情をお伝えします。

*****

ここ数年北京では麻辣香鍋という料理が流行っていて、仲の良い友達や恋人、家族などとちょっとだけ贅沢な食事を楽しみたいといったシーンで利用されています。

名前を聞くと鍋料理かと思ってしまいがちですが、実際には中華鍋に具材と調味料とともに、大きくて真っ赤な唐辛子をふんだんに放り込んで豪快に炒めた料理で、注文する時に「辛さの度合い」と、「具材」を自分で選べるようになっています。

唐辛子を使った激辛料理といえば中国では四川料理や湖南料理が有名で、3文字目の「香」が「火」になれば麻辣火鍋、純粋な四川発祥の鍋料理をいいますが、両者の違いはスープの有無だけではありません。中国のポータルサイト、百度百科によれば、そもそも北京で流行っている香鍋は四川料理ではなく、その発祥は北京だとされているのです。

実際、麻辣香鍋の歴史は浅く、ここ数年で北京を中心に広まったものですが、そもそも北京料理と言えば山東料理系に属しており、特徴は味の濃さと塩気の強さ、とろ火で煮崩れるほど煮詰める「燉(ドゥン)」という調理法にあります。北京のように乾燥した風土で香辛料をふんだんに使うような刺激の強い料理や、油をふんだんに使うような料理は、むしろ「上火(シャンフオ)」しやすくなると言って避けられることが多いのです。

「上火」とはとても翻訳しにくい言葉の一つですが、中国医学では日常的に使われており、具体的な症状としては口内炎ができたり、ニキビや湿疹、鼻血が出たり、イライラして怒りっぽくなったりします。このような状態を西洋医学では病理とはみなしませんね。

中医で重視されるのは全身のバランス、滞りなく気脈の流れる状態を維持することであり、上火とはバランスが崩れて体内の「火」が強くなりすぎた状態を指します。北京でも生活の智恵として、上火しやすい食べ物を避け、それでも上火してしまったら「火」を下げるための食べ物をとることが、家庭内医学のレベルで普及しています

そもそも四川省や南方地域など高温多湿な地域では、香辛料の効いた料理を食べれば発汗作用を促し、体内の熱を発散させる効果があるから辛いものを食べる習慣ができたのだなどとも言われていますが、沖縄や台湾などは同じように高温多湿ながらも唐辛子を常食とする文化はありませんので、気候が食文化を決める全てではないでしょう。ただ、北京のような乾燥地帯に暮らし、身体の水分がそもそも余っていない状態で、香辛料による発汗作用が起きればどうなるのかという答えの一つが上火だとは言えるのかもしれません。上火しやすい食べ物の筆頭は揚げ物と香辛料の効いた料理ですから、深く考えなくとも北京で麻辣香鍋をたくさん食べるのは身体にあまりよくなさそうです。

それでも時には刺激が欲しくなるのが人の情、そんなとき北京の人々は「涼茶(リァンチャア)」という清涼飲料水を一緒に飲んで「去火(チュイフオ)」するわけです。王老吉といえば中国で知らない人のいない涼茶のブランドで、私も愛飲しています。みなさん北京へお越しの際は是非セットで体験してみてください。


*****

 
| ISSインスティテュートからのご案内 | 13:00 |
現地駐在員による〜中国北京便り〜第三回

アイ・エス・エス・インスティテュートと同じ、翻訳センターグループの一員である北京東櫻花翻訳公司(本社:北京市)のマネージャーが北京の最新事情をお伝えします。

*****

今回は北京の人々の余暇の過ごし方、お金の使い方を紹介したいと思います。

瀟洒なビルが立ち並ぶオフィス街と屋台が軒を連ねる下町通りが混在する北京の街では、1食1万円のレストランと一人前100円の小籠包の店が隣接していたりします。

そんな北京の人々が週末をどのように過ごすのかと言いますと、マイカーを持っているような生活レベルの人ならば、夏には郊外へバーベキューに出かけたり、冬はスキーに出かけたり、あるいは市内の大型ショッピングモールに繰り出し、やや高級なブランド品などの買い物やレストランでの食事、屋内アイススケートや映画を楽しみ、遊び疲れたらスターバックスやジューススタンドで喉を潤すなどしています。

そういった楽しみにかかる費用はといえば、マイカーで移動した時のガソリン代はリッター約140円、ショッピングモール内の映画館チケットは約1700円、ステーキハウスなら一人2000円、トールのカプチーノが1杯450円、こうやって並べたら日本とあまり変わらない感じがしますが、給与の平均が日本の1/3程度であることも考えあわせたら、ずいぶん手痛い散財とも言えそうです。

それほど生活に余裕がないという人々になると、目的地は同じ市内でも庶民的なマーケットでの買い物に出かけて、フードコートのあるフロアーで一人150円から300円程度の気軽な食事を楽しんだりしています。また、移動手段もバスや地下鉄が便利で、地下鉄ならどこまでのっても一律約40円、バスで1時間程度の距離なら20円くらい、そうやって市内を移動して中山公園とか景山公園など市民の憩いの場にもなっているような公園に到着すると、入場料は100円弱から500円程度、わずか数十円の公園もたくさんあります。

公園内を家族や恋人と散策すれば、ダンスやバドミントン、凧揚げなどする人々のなか、太極拳などの練習をしているグループも多く見受けられます。中国といえば太極拳の本場ですが、公園内などでは有料の教室としても開催されており、費用はグループレッスンで1回約500円、個人レッスンなら約2000円、高名な師匠に教えてもらうのはそもそもコネが必要で、しかも費用(謝礼?)は1回約10000円にもなります。

私も師匠について習っているのですが、師の名は出すな、他人と腕比べは絶対するなと言われています。負けたら武門の恥だからやるなら勝て!勝つなら以後の恨みを引き受ける覚悟を決めろ!ということですが、首都北京、国際モダン都市の片隅で、師匠の顔は真剣そのものです。近代的なサービスと保守的な伝統が共存していることが、こんなところにも垣間見えますね。

*****

「短期コース2014ウィンター」では、北京東桜花翻訳有限公司/株式会社翻訳センターが出題、評価を担当する「翻訳トライアル体験」クラスを開講いたします。

トレンドにあわせた課題で、あなたの翻訳スキルを判定。優秀者は翻訳者として採用される道も拓けてきます。


短期コース 2014ウィンター
[中国語] 翻訳センター、アイ・エス・エス・インスティテュート共催 訳文添削あり 翻訳トライアル体験
実施期間:1/21〜2/28まで


短期コース2014ウィンターでは、入学金・レベルチェックテストは不要です
受講特典あり!クラスの詳細、お申込みはこちらから:
http://www.issnet.co.jp/w14/chinese/translation.html#ct_05


 
| ISSインスティテュートからのご案内 | 11:00 |
現地駐在員による〜中国北京便り〜第二回

アイ・エス・エス・インスティテュートと同じ、翻訳センターグループの一員である北京東櫻花翻訳公司(本社:北京市)のマネージャーが北京の最新事情をお伝えします。

*****

今回は北京のネット生活を紹介します。

中国のネット人口は5億を超えており、2015年には8億に達するとも言われています。そんな中国のネット事情を簡単に言うと、回線速度は遅い反面、無料のWiFiスポットが非常に多いということがあり、マクドナルドやスターバックスの他、多少体裁の整ったレストランやカフェならば9割以上の確率で無料の無線インターネット環境が提供されているといっても過言ではありません。

パソコンを開くのが禁止という喫茶店のある日本に比べ、北京の喫茶店ではコンセントや延長コードまで完備されていて、週末の午後などはお茶やコーヒーを傍らにタブレットやスマートフォン、ノートパソコンなどを開くのも一つのライフスタイルになっています。

ネットと言えば中国の場合は規制が厳しくツイッターやフェイスブック、YouTubeなどもアクセス出来ないということをご存知の方もおられるかと思いますが、それに代わるものとして微博(中国版ツイッター)や人人網(中国版フェイスブック)、優酷網(中国版YouTube)などがあり、壁のなかの生活を満喫しているというわけです。


さて、規制の対象はもちろんネットに限られません。メディアの王様といえばやはりテレビですが、たとえばテレビドラマ制作や放映に関する規制も厳しく、昔から暴力的なもの、扇情的なものなどはご法度で、最近は宮廷ドラマ、スパイ物のほか、一時期大流行したタイムトラベル物にも禁止令が出されました。

中国では抗日戦争ドラマが大量生産され、1年の製作数が200本に達したとかいう噂話がたつほどですが、その背景には抗日ドラマだけが上記のような規制を免除される唯一のジャンルだったということがあります。

それでは中国の人々というのはさぞかし窮屈で娯楽もろくにない生活をしているのかと感じられるところでしょうが、日本でも近年言われていることと同じく、中国でも特に若年層のテレビ離れは始まっており、多くの若者は海外のドラマや日本のアニメなどのコンテンツをインターネットで視聴しているのです。


さて、話題がネットに戻ったところで、版権や著作権の問題なども絡む問題でもありますが、これらの映像コンテンツの多くは日本や海外のドラマやアニメを愛する学生などが、なかばボランティアとして無料もしくは格安で文字起こしから字幕制作までを中間業者から請け負い、動画サイトの運営業者が買い取って広告収入目当てにアップロードされているのです。

それではそれらのリソースはどこにあるのか?全貌は分かりませんが、YouTubeなどの海外の動画サイトから特殊なツールなどを使ってネットのブロックを外し、ダウンロードしてきたという話があります。つまり、ネットで視聴されるコンテンツの多くは、本来は中国国内での規制対象なわけで、お金を出しても視聴することが出来ないものであることは注目すべき点かもしれません。

「加倍奉還!」(倍返しだ!)昨年は中国でも話題になりました。著作権保護の問題、センサーシップの問題、文化交流という問題、あわせて考えてみると、とても興味深いですね。

*****


「短期コース2014ウィンター」では、北京東桜花翻訳有限公司/株式会社翻訳センターが出題、評価を担当する「翻訳トライアル体験」クラスを開講いたします。

トレンドにあわせた課題で、あなたの翻訳スキルを判定。優秀者は翻訳者として採用される道も拓けてきます。


短期コース 2014ウィンター
[中国語] 翻訳センター、アイ・エス・エス・インスティテュート共催 訳文添削あり 翻訳トライアル体験
実施期間:1/21〜2/28まで(お申込み受付:12/10より)


短期コース2014ウィンターでは、入学金・レベルチェックテストは不要です
受講特典あり!クラスの詳細、お申込みはこちらから:
http://www.issnet.co.jp/w14/chinese/translation.html#ct_05

 
| ISSインスティテュートからのご案内 | 17:00 |
現地駐在員による〜中国北京便り〜第一回

アイ・エス・エス・インスティテュートと同じ、翻訳センターグループの一員である北京東櫻花翻訳公司(本社:北京市)のマネージャーが北京の最新事情をお伝えします。

*****

国際ニュースの題材には事欠かない昨今ですが、こちらでは現地在住日本人の目から見た北京の日常をお届けしていきたいと思います。

さて、北京といえば同じ国際都市として上海と比較され、都市としての快適さが劣ると言われることも多いですが、それでも快適になってきている面もあり、今回は北京の交通事情の変化について紹介したいと思います。

快適になったということは、従来は不便だったというわけですが、例えば市バスは同じ系統番号で行き先が違っていたりするし、地下鉄はオリンピックの際に整備が進んだとはいっても路線が虫食いだらけで、地下鉄のみで到達できる目的地は非常に限定されていました。

ですから外国人のビジネスマンや一定レベル以上の収入のある中国人にとって、市内の主な移動手段はタクシーであり、利用率が急増し、ついには6万6千台稼働しているという北京のタクシー台数に対し、北京の1日のタクシー使用人口がのべ190万人であると報道されるに至り、街のなかではタクシーの取り合いから喧嘩になる事態となりました。

また、この数年の北京におけるマイカー所有率も大きな伸びを見せ、昨今話題になっている交通渋滞や大気汚染の大きな原因の一つとされているわけですが、タクシー利用の場合の所要時間もまた、渋滞の程度によって2倍にも3倍にもなり、加えてタクシーを拾うための時間も数十分から1時間、時には数時間待っても捕まらないことも珍しくありませんでした。

こうしてみれば、やはり北京はとても住みにくそうじゃないかと言われそうですが、近年地下鉄に大きな変化がおきており、従来は東西を結ぶ路線が1号線のみであったところ、昨年には新たに6号線が開通し、また今年の5月には、従来の2号線(環状線)の外側をめぐる形で二つ目の環状線として10号線がついに全線開通し、全ての駅が地下にある路線としては世界最長となりました。路線数も激増し、総延長距離でも現在のところ世界一だと言われています。

ラッシュ時の地下鉄はたしかに大変な混雑ぶりですが、それでも所要時間が計算できるし、約束に遅れて「渋滞」を言い訳に恥ずかしい思いをする必要もありません。しかも北京の地下鉄は2007年オリンピック前に値下げされて以来、空港線以外は一律2元(約30円)です。世界最長の地下鉄なのにどこまで乗っても2元ですから北京の地下鉄は太っ腹ですね。

そんな地下鉄にちなんで中国のいいお話をもう一つ。

北京の地下鉄には優先座席がありません。北京では高齢者、乳幼児、妊婦と身体の不自由な方へは、自動的に席が譲られるし、座って寝たふりでもしてようもんなら周囲から小突き回されます。こういう時の中国人というのは本当に快活で、注意した側もされた側も変な気まずさはなく、むしろ車内全体がなんだか朗らかな雰囲気になるのは、とてもいいなぁと思うところなのです。

*****

「短期コース2014ウィンター」では、北京東桜花翻訳有限公司/株式会社翻訳センターが出題、評価を担当する「翻訳トライアル体験」クラスを開講いたします。

トレンドにあわせた課題で、あなたの翻訳スキルを判定。優秀者は翻訳者として採用される道も拓けてきます。


短期コース 2014ウィンター
[中国語] 翻訳センター、アイ・エス・エス・インスティテュート共催 訳文添削あり 翻訳トライアル体験
実施期間:1/21〜2/28まで(お申込み受付:12/10より)


短期コース2014ウィンターでは、入学金・レベルチェックテストは不要です
受講特典あり!クラスの詳細、お申込みはこちらから:
http://www.issnet.co.jp/w14/chinese/translation.html#ct_05

 
| ISSインスティテュートからのご案内 | 22:00 |
『翻訳事典 2015年度版』(アルク刊)の取材がありました

翻訳事典 2015年度版』(アルク刊)の取材のため、昨日アルク取材スタッフの皆様が当校にお見えになりました。

今回の取材では、英語翻訳者養成コースの山口朋子講師「総合翻訳科」の魅力を、そして「特許翻訳」クラス担当の川島悠一講師には、講座のご紹介とあわせて、修了後のキャリアパス、さらにグループによるサポート体制についてもお話しいただきました。

取材風景のひとコマ
山口朋子先生


川島悠一先生
20131114_2.jpg

発売予定日は2014年1月25日(土)です。

皆さん今からどうぞお楽しみに

 

| ISSインスティテュートからのご案内 | 16:00 |
「第11回 世界自然・野生生物映像祭」ノミネート作品の字幕翻訳をISS受講生が担当!

2年に1度開催されている「世界自然・野生生物映像祭」(主催:NPO法人 地球映像ネットワーク)がこの夏に第11回を迎え、富山で開催されます。

今回のノミネート作品でも、「映像字幕翻訳」クラスの受講生の皆さんに、11本の字幕制作をお手伝いいただいています。

今回のノミネート作品(全43本)はこちらから
http://www.naturechannel.jp/JWFF2013J/index.html


<過去の映像祭での実績>
当校の「映像字幕翻訳クラス」がノミネート作品の日本語字幕制作を行い、受講生の方が最優秀翻訳賞を受賞しました。詳細はこちら↓
【映像字幕OJT】「第10回 世界自然・野生生物映像祭2011」にて最優秀翻訳賞を受賞


8月の富山での開催期間中は運営ボランティアも募集中だそうです。野生生物や映像がお好きな方、富山まで足を運んでみてはいかがでしょうか。



「第11回 世界自然・野生生物映像祭」

■日時
8月8日(木)〜8月11日(日)

■場所
メイン会場:富山国際会議場
サテライト会場:黒部市吉田科学館、立山カルデラ砂防博物館、高岡市ふくおか総合文化センター、砺波市「望頼山荘」

■参加費
入場料無料

当日の上映作品やスケジュールはこちらから






| ISSインスティテュートからのご案内 | 10:24 |
ジャパンタイムズ『通訳・翻訳キャリアガイド2014』の取材


先日、英字新聞のジャパンタイムズさんが毎年発行している『通訳・翻訳キャリアガイド2014』の取材が行われました。

今回は、英語翻訳者養成コースの山口朋子先生と受講生にもご協力いただき、当校スタッフも含めてインタビュー取材・写真撮影が行われました。

山口先生の取材風景はこちら



通訳・翻訳キャリアガイド2014』は7月発行予定です。どうぞお楽しみに


<関連記事>
通訳翻訳キャリアガイド2014



| ISSインスティテュートからのご案内 | 10:57 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

リンク

モバイル
qrcode