通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 104回 食材をandで結んだ英語フレーズ

アイ・エス・エス・インスティテュート 英語通訳者養成コース講師 柴原早苗
 

昨年の終わりごろ、偶然ケーブルテレビでイギリスの料理番組を見つけました。BBCなどで放送されたもので、2か国語放送や字幕付きで放映されています。著名シェフのJamie OliverNigel Slaterなどが出ており、おいしそうなレシピが毎回紹介されます。

 

私はもともと料理が得手ではないのですが、この番組を機にフードプロセッサーまで新調し、以来楽しく料理ができるようになりました。

 

ちなみにどの番組でもパルメザンチーズをすりおろして振りかけている光景をよく見かけます。イギリス料理の特徴なのでしょうか。これを機にcheeseを使った英語表現を調べたところ、chalk and cheeseという語が出てきました。

 

今回は食材をandで結んだ表現のご紹介です。

 


1.   as different as chalk and cheese  外見は似ているものの中味は全く違う

 

Although both of them look similar, they are as different as chalk and cheese. (二人とも外見は似ているけれど、中身は全く違います。)

 

as different as chalk and cheeseは「外見は似ているものの中身は全く違う」という様子を表す表現です。確かにチョークとチーズはいずれも固形で白や黄色い色ですが、全然違いますよね。このフレーズは主にイギリスで使われる表現とされています。

 

ちなみにchalk(チョーク)の数え方はa piece of chalk(1本のチョーク)、two pieces of chalk(2本のチョーク)です。洋裁で布地に印をつけるチョークを日本語で「チャコ」と言いますが、これも元はchalkから来たものです。

 


2.   oil and vinegar  水と油

 

I just cannot get along with her. We are like oil and vinegar. (とにかく彼女とは合わないんです。水と油のようなものです。)

 

「水と油のように」は英語でlike oil and vinegarまたはlike oil and waterと言います。日本語ではあくまでも「水」と「油」ですが、英語では「酢」を使うのが興味深いですよね。前回ご紹介した「犬猿の仲(cat and dog)」と似た意味のフレーズです。

 

なお、oilを使った他の表現にpour oil on troubled watersがあります。これは「穏便に論争をおさめる」という意味です。一方、1970年にサイモン&ガーファンクルが発表したヒット曲、「明日に架ける橋」の原題名はBridge Over Troubled Waterです。

 


3.   meat and drink    何よりの楽しみ、大好きなもの 

 

Going out for a long walk is meat and drink to me. (長い散歩に出かけることは私にとって何よりの楽しみです。)

 

日本語には「三度の飯より好き」という言葉がありますが、これを英語ではmeat and drinkと言います。上記の例文はGoing out for a long walk is my meat and drink.と言うことも可能です。

 

ところでmeatは「肉」ですが、食用でない場合はfleshと言います。他にmeatを使った興味深い表現ではmeat and potatoes(物事の核心)、meaty(記事などが充実した)、the meat of the argument(議論の重要な点)などが挙げられます。

 


4.    peaches and cream    満足状況

 

We are all ready for the tournament Everything is peaches and cream. (私たちは全員、トーナメントに向けて準備万端です。全て満足できる状況ですよ。)

 

「万事オーライ」を英語ではpeaches and creamと言います。桃とクリームという組み合わせが面白いですよね。なお、peachを英英辞典で引くと具体的な説明があります。たとえばとある学習者向け英英辞典には“a round fruit with soft red and yellow skin,  yellow flesh and a large rough seed inside”とありました。ここでも果肉を表す際、先ほどご紹介したfleshが出ていますね。「粗い種」という部分から桃が連想できます。なお、漢字の「桃」は木へんに「兆」ですが、「兆」は「割れる」という意味があるそうです。二つにきれいに割れることを表しています。

 

ところでcreamにも脂肪分の割合がいろいろとありますが、イギリスに暮らしていた頃、スーパーでcreme fraicheという商品をよく見かけました。これは高脂肪の生クリームです。他にもクリームに乳酸菌を加えて発酵させたsour cream(サワークリーム)も料理でよく使われていました。スコーンに付けて食べる濃厚なクリームはclotted creamです。

 

今月は食材をandで結んだ英語フレーズをご紹介しました。冒頭でご紹介したレシピ番組は動画サイトでも見られます。イギリスのシェフたちの作り方を見ていると、日本のようにきっちりと材料を量ると言うよりも、むしろ豪快に調理するのが売りのようです。たとえばJamie Oliverなど、レモンを絞る際、二つに割ったらそのまま手でぎゅーっと握り絞っているのですね。こうした自由な方法を知ると、気楽に料理ができそうです。

 

 

柴原 早苗
放送通訳者、獨協大学非常勤講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSE にて修士号取得。ロンドンのBBC ワールド勤務を経て現在はCNNj、CBS イブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。NHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。ESAC 英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。

 

| 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 | 10:00 |
『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 103回 イヌに関連した英語フレーズ

アイ・エス・エス・インスティテュート 英語通訳者養成コース講師 柴原早苗
 

大学1年生の時、先輩からこう言われました。「高校時代ってあっという間だったでしょ?でも大学1年生より2年生、という具合でどんどん早くなるからね。」確かにその通りでした。年齢を重ねるにつれて毎日が瞬く間に過ぎていくのです。気が付けば2017年も終わり、「はて、今年の干支は何だったかしら?」と思う間もなく2018年到来です。

 

今年は戌年ですので、今回はイヌにちなんだ表現を見ていきましょう。

 

 

1.  Why keep a dog and bark yourself?  人にやらせるべきことまで、なぜ自分でやってしまうの?

 

Why keep a dog and bark yourself? Since you are now the team leader, let others do the task.  (人にやらせるべきことまで、なぜ自分でやってしまうの?チームリーダーなのだから、他の人に課題をやらせたら良いのに。)

 

日本人は完璧主義(perfectionist)だとよく言われます。幼いころから何事も「きちんとやる」ということが美徳とされてきたからなのでしょう。とても貴重な価値観ではある反面、何もかも自分で頑張ろうとしてしまい、燃え尽きてしまうことがあります。人にお願いできることは勇気を持って割り振るのも大事なのでしょうね。この例文に出てくるWhy keep a dog and bark yourself?はまさにそのような状況を表しています。

 

この表現の語源は、「番犬を飼っているのに吠えるようにしつけず、人間である自分が吠えてしまう」という様子を意味します。

 

ところで「吠える」と言えば、日本語には「ワンワン」と「キャンキャン」がありますよね。英語で「犬がキャンキャンと鳴いていた」はThe dog was yelping.です。yelpは人間でも動物でも使え、「高音」で鳴いたり吠えたりする時に用いる表現です。

 


2.     like a dog with a bone  どうしてもやめようとしない

 

My mum was really cross and she kept on telling me off. She was like a dog with a bone. (母は本当に怒っていて、ずっと私を叱っていました。どうしてもやめようとしなかったんです。)


「どうしてもやめようとしない」はlike a dog with a boneと言います。くわえた骨を離さない犬がこの単語からは思い浮かびますよね。上記以外にも「根気強い」という意味があります。You are like a dog with a bone. は「君は根気強い」です。

 

ところでdog chewという商品があることを今回の執筆で初めて知りました。「犬用おやつ」のことだったのですね。骨と似たような硬さがあり、犬が長いことなめたりかじったりできるタイプだそうです。

 


3.     The tail is wagging the dog  主客転倒している

 

They used to be a small company but now, they are ruling the industry.  The tail is wagging the dog. (小さな会社だったのが今や業界を支配していますよ。主客転倒していますね。)

 

「立場が逆転している」という様子を表す際に使えるのが上記のフレーズです。「犬が尻尾を振っているのではなく、尻尾が犬を振らせている」という文字通りの様子を想像すると、つい可笑しくなってしまいます。

 

ちなみにtailは「尻尾」以外に「後部、尾部、後ろ」などの意味もあります。日本語では「目尻」と言いますが、英語ではtail of one’s eyeです。一方、「目頭」は英語の場合、inner corner of one’s eye。一言で表さず、説明的になっていますよね。

 


4.      cat and dog  犬猿の仲

 

When we were children, my brother and I fought like cat and dog. (子どもの頃、弟と私は犬猿の仲のごとく、喧嘩しましたね。)

 

日本語で仲が悪い際に登場するのは「イヌ」と「サル」ですが、英語の場合は「イヌ」と「ネコ」です。ちなみにIt’s raining cats and dogs.は「土砂降り」という意味になります。最近の動画サイトを見てみると、イヌとネコが仲睦まじくしている光景もアップされていますが、もともと両者は仲が悪いという習性があったようです。

 

ところで「宿題忘れました」という子どもの言い訳表現にThe dog ate my homework.があります。「ウチのわんちゃんが宿題のプリントを食べちゃったんです。だからできませんでした」と、子どもなりの健気な(?)言い訳なのですね。このフレーズが誕生したのは20世紀初めごろのようです。

 

今回はイヌに関連した表現を見てきました。最後に植物の話題を。「ハナミズキの実」はdogberry、キョウチクトウ科の「バシクルモン」はdogbaneと言うそうです。画像検索をかけると美しい写真がヒットします。

 

 

柴原 早苗
放送通訳者、獨協大学非常勤講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSE にて修士号取得。ロンドンのBBC ワールド勤務を経て現在はCNNj、CBS イブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。NHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。ESAC 英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。

 

| 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 | 10:00 |
『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 102回 内臓器官に関連した英語フレーズ
アイ・エス・エス・インスティテュート 英語通訳者養成コース講師 柴原早苗
 

みなさんにとって「どうしても覚えづらい単語」はありますか?私の場合、associationscの数が混同したり、Philippineslpの数がゴチャゴチャになったりします。一方、意味で苦戦するのがstrategytacticsliverkidneyです。「戦略(せんりゃく)」には「ラ行の『り』があるからstrategyrと同じ」とゴリ押しで覚えて、ようやく「戦術」と区別できるようになりました。けれども腎臓と肝臓は未だにヒヤヒヤしながら訳しています。しかもニュースではよく出てくるのですよね。

 

今回は内臓器官を使った表現を見てみましょう。

 


1. a person of the same kidney 同じようなタイプの人

 

We seem to be getting on well.  She is a person of the same kidney. (私たちは相性が良いようです。彼女は同じようなタイプの人なのですね。)

 

kidneyは「腎臓」のことです。私はliver(肝臓)とkidneyがどうしても混同してしまうのですが、ようやくこうしたフレーズを機に覚えられそうです。ちなみにkidneyの語源は中期英語(12世紀から16世紀ごろ)と考えられています。腎臓という意味の他に、「気質(temperament)」や「型、種類」などの語義があり、上記例文はその一例です。「同じ腎臓」と言われても今一つピンと来ませんよね。a man of the right kidneyは「性格の良い人」という意味です。

 

ところでイギリスではsteak and kidney pieがパブ料理として有名です。これは牛肉や子羊などの腎臓とマッシュルームなどを詰めたパイです。旅行でイギリスへ行くと、野菜不足になるのは覚悟の上で懐かしさのあまり、つい食べてしまう一品です。

 


2. gut reaction 直感的な反応、直感

 

My gut reaction is that we should go ahead with the plan. (私の直感としては、計画を押し進めるべきでしょう。)

 

gut reactionは「直感、直感的な反応」という意味です。gut自体は「腸、胃、消化管、内臓」を指します。「直感、本能」は口語的な語義になります。

 

gutには他にも意味があり、複数形のgutsは「内容、核心」のことで、have no gutsは「中身がない」という意味です。また、日本語の「ガッツ」に相当する「根性」もgutsです。have the guts to … は「〜する根性がある」になります。ちなみにイギリス英語の口語表現では「斜め読みする、速読する」という意味もあります。少し話題はそれますが、ミュージカル映画“My Fair Lady”でヒギンズ教授が初めてエライザを見た際、a prisoner of the gutterと評しています。gutter(どん底の生活)はgutとは別語源です。

 


3. spleen 不機嫌

 

The father vented his spleen on his son. (父親は不機嫌を息子にまき散らしました。)

 

spleenは「脾臓」のことです。脾臓には色々な感情、とりわけ憂鬱さや不機嫌が宿っているとかつて言われていました。vent one’s spleen on … で「〜に不機嫌をまき散らす、当り散らす」という意味になります。「腹立ちまぎれに」はin a fit of spleenです。

 

ところで「膵」の漢字の「萃」は「集まる、より集う」という意味です。かつて「ばっすい」は「抜萃」と記していましたが、現代表記では「抜粋」となっています。よく見ると「くさかんむり」に「卒」なのですよね。漢字も分析してみると興味深いものです。

 


4. vein 調子

 

The president spoke in a serious vein about the future of our company. (社長はわが社の未来について真面目な調子で話しました。)

 

veinは「静脈」の他に「調子、特質」などの意味を有します。be in the vein(絶好調である)、a vein of humor(ユーモア味)といった表現もあります。なお、「静脈」の反対語「動脈」はarteryです。

 

ところで「大理石などの筋」も英語ではveinと言います。ロンドンの大英博物館にはElgin marbles (エルギン・マーブル)という大理石彫刻コレクションがあります。これは19世紀にイギリスの外交官エルギン伯がギリシャのパルテノン神殿から削り取り、持ち帰ったものです。ギリシャ政府が返還請求をしたことを機に、文化財は誰のものかを巡る議論が続いています。


今月は内臓器官の用語を用いたフレーズをご紹介しました。liverkidneyを混同してしまう私にとって、本稿を書くことでようやく自信を持って訳せそうです。みなさんもややこしい単語などは語源を調べたり例文にあたったりすることで、身近なものにしてみてくださいね。

 

 

柴原 早苗
放送通訳者、獨協大学非常勤講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSE にて修士号取得。ロンドンのBBC ワールド勤務を経て現在はCNNj、CBS イブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。NHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。ESAC 英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。

 

| 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 | 09:00 |
『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 101回 「木」に関連する英語表現
アイ・エス・エス・インスティテュート 英語通訳者養成コース講師 柴原早苗
 

小学校時代にオランダのアムステルダムで暮らしていました。当時通ったのはインターナショナル・スクールです。その頃は日本企業が海外へ進出し始めたころで、その学校もアメリカ人に次いで日本人の児童が大勢在籍していたのです。そのため、学校では日本語ばかり話してしまい、英語は全く上達しませんでしたね。けれどもその一方で外国人のクラスメートは日本に興味を抱いてくれたようで、漢字の「木」「林」「森」が絵に由来していると説明すると、とても感心されました。

 

今月は「木」に関連する英語表現のご紹介です。

 


1. take a leaf from one’s book 人を手本にする

 

Because he wanted to be successful, he took a leaf from a billionaire’s book. (彼は成功したかったので、とある大富豪を手本にしました。)

 

take a leaf from one’s booktake a leaf out of one’s bookと言い換えることもできます。意味は「人を手本にする」です。英単語ひとことで述べるならば、emulateということでしょう。

 

leafはドイツ語のLaub(葉)から生まれた単語です。「葉」という意味の他に、「花びら」という語義もあります。また、「(本の紙の)一枚」もleafです。loose-leaf notebook(ルーズリーフ式ノート)、flyleaf(遊び紙:本の巻頭・巻末の白紙)などもありますよね。また、動詞として使うこともでき、leaf through a bookは「本をざっとめくる」です。

 


2. root and branch 徹底的に

 

The army set out to destroy the militias root and branch. (軍は武装勢力を徹底的に破壊するため出撃しました。)

 

「徹底的に」はthoroughly and completelyなどと言えますが、root and branchも同じ意味を持ちます。この表現が誕生したのは19世紀初めで、イギリスの文献においてだったそうです。「根っこも枝も」と言われると、確かに「徹底的」という雰囲気が感じられますよね。

 

ところで数学に出てくる「根、ルート」も英語ではrootです。「√」という記号で表します。これは元々ラテン語のradix(根)のrの文字を変形させたと言われています。ちなみに円周率の「パイ」は「π」ですが、こちらはギリシャ文字です。電気抵抗の単位「オーム」の「Ω」や「ガンマ線」の「γ」もギリシャ文字から来ています。ギリシャ語やラテン語は英単語に派生しただけでなく、こうして理系分野でも大いに見られるのです。

 


3. branch off (話や考えが)それる

 

The girls’ conversation branched off into a talk about fashion. (女の子たちの会話はファッションの話題へとそれていきました。)

 

branch offは「話や考えがそれる」という意味の他に、鉄道や川などが「支線へ入る」という意味もあります。まさに枝分かれしている状態です。日本の鉄道用語に「盲腸線」ということばがありますが、これは鉄道ネットワークの中で行き止まりの路線になっているものを指します。たとえば東京であれば、東武大師線(大師駅)や地下鉄千代田線の支線(北綾瀬駅)などがそれに相当します。

 

ところでbranchの語源は「動物の前足」で、それが枝という意味になったそうです。同じ枝でも「大枝」はbough、「小枝」はtwigです。そういえば日本は「枝」や「きのこ」「たけのこ」などの名を冠したスナック菓子が人気ですよね。昔は「どんぐり」バージョンもありましたっけ。

 


4. lumber (やっかいなことを)押し付ける

 

He had been lumbered with all the difficult issues. (彼はあらゆる難しい課題を押し付けられてしまいました。)

 

lumberは「材木」のことで、log(丸太)を角材などにした状態のものをlumberと言います。「木を伐採する」という動詞でも使えます。

 

ところで放送通訳をしていると、男女差や職業観などに配慮してことばそのものが変わってきていることに気づかされます。たとえばchairmanとは言わず、chairpersonと言ったり、stewardesscabin attendantになったりしたのは有名ですよね。lumberjack(木材伐採人)もかつては使われていましたが、今はloggerlumber workerが使われます。lumberjackjackは「男」という意味です。


今回は「木」に関連する表現を見てみました。なお、「木を見て森を見ず」に近い英語フレーズにPenny wise, pound foolish (1ペニーを惜しんで1ポンドを失う。一文惜しみの百失い)があります。こちらは通貨が単位となっています。

 

 

柴原 早苗
放送通訳者、獨協大学非常勤講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSE にて修士号取得。ロンドンのBBC ワールド勤務を経て現在はCNNj、CBS イブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。NHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。ESAC 英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。

 

| 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 | 09:00 |
『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 100回 民話などを語源とする英語表現
アイ・エス・エス・インスティテュート 英語通訳者養成コース講師 柴原早苗
 

数年前、私はフランス語を学んでいました。イギリスに暮らしていた小中学生時代に少しかじったことがあり、その懐かしさから勉強しようと思い立ったのです。学校へ通うには時間的に難しかったため、私が選んだのは通信教育。教材には文学作品や文化関連のエッセイなど多様なトピックが選ばれていました。中でも印象的だったのが、シンデレラの話です。学習者向けに容易に書かれていたのですが、子ども時代以来、久しぶりに読むことで、改めてそのストーリーの奥深さに魅了されました。

 

そこで今月は、民話やおとぎ話などに出てくる言葉に注目してみましょう。

 


1. dwarfing the rest of … 残りの〜を小さく見せる

 

Our competitor is putting a lot of budget in their new project, dwarfing the rest of the rival companies. (わが社の競争相手は新規プロジェクトに多額の予算を投入しており、残りのライバル企業を小さく見せています。)

 

dwarf「ジーニアス英和辞典」(大修館書店)で引くと、「(童話などの)魔力を持つ醜い小びと」という語義が筆頭に掲載されています。ドイツの童話「白雪姫」には7人の小人が出てきますが、魔力を使って白雪姫を助けるのも小人たちでしたよね。

 

dwarfの語義を読み進めてみると、名詞以外にも形容詞や動詞などの用法があることに気づかされます。例文でご紹介したのは動詞で、dwarf単体であれば「〜を小さく見せる、〜を矮小化する、〜の発育を妨げる」などの意味を有します。さらに見てみると、「盆栽」はdwarfed treesとありました。なるほど、木の生育を止めてしまうという観点から見れば納得がいきますよね。宇宙のdwarf starは「矮星」です。

 


2. There is no magic wand 魔法のようにはいかないよ

 

You say you want to enter that prestigious university?  Well, there is no magic wandAll you have to do is study! (あの著名な大学に入りたいの?まあ、魔法のようにはいかないよ。勉強するしかないのだから!)
 
wandは「杖」、magic wandは「魔法の杖」です。There is no magic wandは「魔法の杖は無い」、つまり「魔法のようにはいかない」ということです。ちなみにwave a magic wandは「魔法の杖をひと振りする」「鮮やかに望みをかなえる」という意味です。

 

wandには他にも意味があります。口語表現であれば、指揮者の持つ「指揮棒、タクト」のことですし、職権の象徴である「職杖」もwandです。また、「細い棒状のもの」もwandであることから、「マスカラブラシ」をmascara wandと言うこともあります。

 

魔法と言えば、子どもの頃、ディズニーの映画Fantasiaを観たことがあります。そこに出てくる「魔法使いの弟子」が私は大好きで、曲を聴くたびにミッキーを思い出します。

 


3. an open sesame to … 〜への良い方法

 

Money is not necessarily an open sesame to happiness. (お金が幸せへの良い方法とは限りません。)

 

open sesame「アラビアンナイト」中の「アリババと40人の盗賊」に出てくる表現が元にあります。洞窟を開けようとした盗賊がOpen Sesameと唱えたのですね。日本語では「開けごま」です。今回ご紹介する表現an open sesame to … は「〜への良い方法」「願うままの結果をもたらす不思議な方法」という意味を持ちます。

 

ところでロシアの作曲家リムスキー・コルサコフは「アラビアンナイト」を主題に曲を作りました。作品名はScheherazade(シェエラザード)です。実に美しいアラビア風のメロディが奏でられています。

 


4. olive branch 和平の申し出

 

The opposition party held out an olive branch to the ruling party. (野党は与党に対して和解の申し出をしました。)

 

olive branchは「ノアの箱舟」に出てくる「オリーブの枝」のことです。箱舟に乗ったノアが鳩を放ったところ、その鳩がオリーブの枝を持ってきたという故事から来ています。以来、オリーブの枝は平和の象徴でもあり、国連の旗やアメリカ国章にも描かれています。「国章(coat of arms)」は国旗とともに使われる国家の紋章で、アメリカの場合、中央に描かれている鷲が片方にオリーブの枝を、もう片方に13本の束ねられた矢を持っています。

 

「和平の申し出をする」は英語でhold out an olive branchと言います。hold outextendofferpresentで置き換えることもあります。ちなみにディケンズの作品にOliver Twistがありますが、名前のOliverもオリーブから来ているそうです。

いかがでしたか?童話や故事から誕生した英語表現もいろいろあるのですよね。

 

 

柴原 早苗
放送通訳者、獨協大学非常勤講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSE にて修士号取得。ロンドンのBBC ワールド勤務を経て現在はCNNj、CBS イブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。NHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。ESAC 英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。

 

| 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 | 09:00 |
『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 99回 「石」に関連する用語を使った英語表現
アイ・エス・エス・インスティテュート 英語通訳者養成コース講師 柴原早苗
 

我が家は夏になると主人の生まれ故郷の鳥取へ里帰りしています。鳥取は一時期、「スターバックスが無い県」でも有名でした。それをユーモアで切り返したのが現在の平井知事。「スタバはないけど砂場はある」のフレーズは流行しましたね。

 

今月は砂丘の話題から派生して、「石」関連の英語を使った表現のご紹介です。

 

 

1. cobble together 急いで仕上げる

 

The government had to cobble together an economic stimulus package.  (政府は景気刺激策を急いで仕上げなければなりませんでした。)

 

cobbleは略式表現で使う場合、「急いで仕上げる」「やっつけ仕事で仕上げる」などの意味があります。cobble自体は鉄道や道路で使う「丸石、玉石」のcobblestoneと同じです。動詞の場合、「道路に丸石を敷く」という意味のほかに「急造する」という語義もあります。

 

ところで「丸石」はpebbleとも言います。その違いを調べてみると、「大きさ」によりけりであることがわかります。pebblecobbleよりも小さいのだそうです。気になる方は両単語をグーグルで入力し、画像検索で絞り込んでみて下さい。具体的なサイズが出ています。

 


2. not the only pebble on the beach ほかにも代わりになる人はいる

 

It might be better for him to learn that he is not the only pebble on the beach. ほかにも代わりになる人はいるのだということを、彼もそろそろ知った方が良いでしょう。)
 
pebbleはセンテンス1でも触れましたが、「小石」という意味です。水の作用などで角のとれた石を指します。上記のフレーズ以外にも、There are lots of other pebbles on the beach(チャンスはいくらでもある)などの表現があります。

 

ところでpebblewareという陶器があるのをご存知ですか?これは日本語でも「ペブルウェア」と言い、まだら色に仕上げた陶器のことです。ほかにも「〜ware」という陶器の種類はないかと思い、電子辞書の「ワイルドカード検索」で調べてみたところ、Astburywarebamboo wareCanton wareChelsea-Derby wareJesuit wareなど実にたくさんの種類がありました。陶磁器の世界も奥深いことがわかります。

 


3. between a rock and a hard place 板挟みになって

 

I was caught between a rock and a hard place.  I couldn’t make up my mind.板挟みになってしまいました。決断できなかったのです。)

 

between a rock and a hard placeは「板挟みになる、二者択一を迫られる」という意味です。ほかにもbetween the devil and the deep seabetween the horns of a dilemmaなどのフレーズがあります。

 

この表現が初めて使われたのは20世紀初めの頃、場所はアメリカでした。「破産した」という意味を当初は有しており、アリゾナやカリフォルニアで使われたとイギリスのフレーズ専門サイトPhrase Finderでは説明しています。

 

ところでロック音楽の「ロック」もrockですが、こちらはrock’n’rollから来ています。ちなみにイギリスではthe new rock and rollという語があり、これは「新しい話題」という意味です。

 


4. The sands of time are running out もう時間はない

 

We’d better be quick.  The sands of time are running out. (急がなきゃ。もう時間はないのだから。)

 

the sands of timeは主に文語で用いられ、「残り少ない時間」という意味です。上記フレーズそのもので「もう時間はない」という様子を表します。ちなみにthe sands of lifeであれば「残り少ない余命」となります。

 

sandは「砂、砂浜」のほかに、the sandsと複数形にすることで「時刻、時間」という意味も有します。また、動詞でsandを使うこともでき、その場合、「砂で磨く」「砂をまく」という意味になります。なお、sand dollarは「タコノマクラ」というウニの一種です。sand trapはゴルフ用語で「バンカー」、sandglassは「砂時計(hourglass)」です。一方、「(少年たちが野球などをする)空き地」はsandlotと言います。sandだけでも色々な語があるのですね。

 


子どものころ暮らしていた横浜の家の庭には、よく蟻地獄ができました。どこから砂をとってきたのだろうと、子ども心に不思議でしたね。懐かしく思い出しています。

 

 

柴原 早苗
放送通訳者、獨協大学非常勤講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSE にて修士号取得。ロンドンのBBC ワールド勤務を経て現在はCNNj、CBS イブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。NHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。ESAC 英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。

 

| 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 | 09:00 |
『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 98回 「自転車用語」を用いたフレーズ
アイ・エス・エス・インスティテュート 英語通訳者養成コース講師 柴原早苗
 

数年前にジョギングにはまり、毎日せっせと走ったことがあります。念願のハーフマラソンにも出場し、完走できたときは本当にうれしかったですね。あいにくその後関節を痛めてしまい、今は走りから遠ざかっているのですが、毎朝早く起きて近所を自転車で一周しています。暑い時期でも自転車なら風を感じることができますし、関節への負担もありません。自転車マイブームはしばらく続きそうです。

 

今月は自転車の用語を使ったフレーズをご紹介します。

 

 

1. take one’s foot off the pedal 力をゆるめる

 

Don’t be nervous.  You have worked really hard.  You can take your foot off the pedal. (緊張しないで。うんと努力してきたのだから。力をゆるめても良いのですよ。)

 

「くつろぐ、力をゆるめる」を英語ではtake one’s foot off the pedalと言います。「ペダルから足を離しても良い」ということが、くつろぐという意味になるのですね。状況を想像すると納得がいく表現です。

 

pedalはラテン語、イタリア語、フランス語を経て英語となった単語です。ラテン語のpesは「足、足部」のことです。ped-も同じく足を意味し、pedestrian(歩行者)、centipede(ムカデ。-pedeは「〜の足を持つ生物」)、pedicure(ペディキュア)などもおなじみです。

 

なお、日本語で「ペダル」は「ダル」を強く読みますが、英語のpedalpeに強勢があります。発音はその都度確認すると良さそうです。

 


2. get a handle on … 〜について理解する

 

I can’t get a handle on this manual. (このマニュアルが理解できません。)

 

understandの略式表現にget a handle on … があります。have a handle on … と言うことも可能です。handleは「ドアなどのとって」のことで、自転車ならhandlebar、車の「ハンドル」は英語でsteering wheelと言います。最近はPC用語に「ハンドルネーム」がありますが、これは和製英語です。英語の場合、nick namescreen nameと言います。ちなみに匿名で投稿する際には「ペンネーム」という語が使われますが、ラジオでは「ラジオネーム」と言うのですね。

 

ところでhandleを辞書で調べていたところ、handlebar mustacheという語に遭遇しました。これは両端が上に曲がった口ひげで、「カイゼルひげ」と言うのだそうです。

 


3. act as a brake on … 〜にブレーキをかける

 

I had to act as a brake on his plan. (私は彼の計画にブレーキをかけねばなりませんでした。)

 

「ブレーキ」の語源は中期オランダ語のbraekeです。名詞の「ブレーキ」だけでなく、「ブレーキをかける」という動詞としても使えます。「ジーニアス英和辞典」によると、brakeの同音語はbreakで、しかもbreakの変形から誕生した語であるとの説明がありました。

 

上記例文の場合、「抑制、牽制」という意味での「ブレーキ」です。一方、実際に車や自転車などの「ブレーキをかける」は英語でapply the brakesput the brakesput on the brakesなどと表現します。

 

なお、自動車後尾のブレーキライトはbrake lightです。アメリカ英語ではstop lightとも言います。

 


4. big wheel 大物

 

He became a big wheel in the PR company. (彼はそのPR会社で大物となりました。)

 

「大物、有力者」を口語ではbig wheelと言います。他にもbig wheelには「観覧車(Ferris wheel)」の意味があります。1970年代、アメリカではWheel of Fortuneというクイズ番組が大人気でした。そこにはまさにwheelである回転板が出てきます。wheel of fortune自体は「(運命の女神の)紡ぎ車」「回転車輪型ギャンブル装置」のことです。

 

運命の女神についてさらに調べてみたところ、「モイラ」というギリシャ神話に出てくる3人の女神に行きつきました。クロトが運命の糸を紡ぎ、ラケシスが割り当て、アトロポスがその糸を断つという話です。英語を学習していると聖書やギリシャ神話を語源とする表現がよく出てきます。子ども向けの絵本で構いませんので、ぜひ一度そうした「源」にあたることをお勧めします。

 

今回は自転車関連の表現を見てみました。ちなみに毎月8がつく8日、18日、28日は自転車安全日だそうです。8が二輪車に見えるからなのですね。

 

 

柴原 早苗
放送通訳者、獨協大学非常勤講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSE にて修士号取得。ロンドンのBBC ワールド勤務を経て現在はCNNj、CBS イブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。NHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。ESAC 英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。

 

| 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 | 09:00 |
『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 97回 「『海』関連の英語表現 」を用いたフレーズ
アイ・エス・エス・インスティテュート 英語通訳者養成コース講師 柴原早苗
 

先日とある洋雑誌を読んでいると、国別の祝日に関する記事がありました。日本は世界の中でも国民の祝日が多いことで知られます。私が子どもの頃は5月の連休が終わると夏休みまで休み無しでした。けれども1996年から7月に海の日が設けられたのですよね。6月一か月間を頑張れば7月には祝日があると励みに思ったものでした。

 

今月は「海」にちなんだ英語フレーズを見ていきましょう。

 

 

1. sea change 大変化

 

After reading the book, there was a sea change in Jim’s attitudes.(その本を読んだ後、ジムの態度には大変化が見られました。)

 

sea changeは「大変化」という意味です。a sea change in …という用法で使われます。もとはシェイクスピア「あらし」から生まれた表現です。通常は単数形で用います。

 

ちなみに辞書を引いてみると、seachangeという一語はオーストラリア英語でも独自の意味を持つことがわかります。語義は「Iターン田舎暮らし」のことで、「都会から海辺や田舎に引っ越して新生活を始めること」と「ジーニアス英和辞典第5版」には出ています。そうした人たちのことをseachangerとも言うそうです。

 

昔オーストラリアを旅行した際、書店でオーストラリア英語専門のオックスフォード英英辞典を見かけました。オックスフォードからはカナダ、ニュージーランド、アメリカ版の英英辞典が出ています。いつかじっくりと読んでみたいです。

 


2. all at sea 途方に暮れて

 

I am all at sea with the new rules.(新しいルールに途方に暮れています。)

 

「途方に暮れて」を英語ではall at seaと表現します。allの代わりにtotallycompletelyなどを使うことも可能です。

 

この表現が生まれたのは18世紀ごろで、イギリスの法律家ウィリアム・ブラックストーン(William Blackstone)「イギリス法釈義(Commentaries on the Laws of England)」で用いています。また、イギリス出身の探検家セルース(Frederick C. Selous)がその探検記でも記しているようです。

 

なお、at seaは「航海中で、海上で」という意味で、Worse things happen at sea(もっと悪いことが海上では起こるのだから)という表現があります。これは落ち込んでいる人を励ます際に使うフレーズです。

 

 

3. a sea of … たくさんの〜

 

Although I had to face a sea of trouble, I managed to overcome all of them.たくさんの困難に直面したものの、何とかすべて切り抜けることができました。)

 

a sea of troubleは「たくさんの困難」という意味です。a sea of … は「多くの、たくさんの」ということで、他にもa sea of blood(血の海)、a sea of flame(火の海)、a sea of faces(顔また顔)などの用法があります。同じ「多さ」でも「非常に多い」というニュアンスがあります。

 

ところで日本語の「おびただしい」は漢字で「夥しい」と書きますが、「夥」の「果」と「多」から成り立つことからもわかるように、「木の実のように多い」という意味から来ています。漢字を分析するのも楽しいですよね。

 


4. oceans of … 莫大な〜

 

The president seems to have oceans of money from his business.(社長はビジネスを通じて莫大なお金を持っているようです。)

 

先の例文同様、こちらも量の多さを表す表現です。oceans of … あるいはan ocean of … という使い方が可能ですが、いずれも略式表現です。要はlots of … ということですよね。oceans of moneyoceans of trouble(多くの困難)、an ocean of time(莫大な時間)などの表現もあります。

 

大洋州やオセアニアを英語ではOceaniaと書きますが、これはoceanから生まれた単語です。ocean自体はギリシャ神話Oceanus(オーケアノス)という大洋の神から来ています。ギリシャやローマ神話なども英語を学ぶ上でぜひ読みたいところです。

 

以上、今月は海にちなんだ英語をお届けしました。みなさま、ぜひ楽しいMarine Day(海の日)をお過ごしくださいね!

 

 

柴原 早苗
放送通訳者、獨協大学非常勤講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSE にて修士号取得。ロンドンのBBC ワールド勤務を経て現在はCNNj、CBS イブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。NHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。ESAC 英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。

 

| 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 | 09:00 |
『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 96回 「鳥」の語を用いたフレーズ
アイ・エス・エス・インスティテュート 英語通訳者養成コース講師 柴原早苗
 

先日興味深い本を読みました。おかべたかし・文、やまでたかし・写真の「似ていることば」(東京書籍、2014年)です。この本には写真つきで似ている単語が紹介されており、それぞれの違いが説明文となっています。たとえばフクロウとミミズク、あるいはイモリとヤモリ、特徴と特長など、日本語には似ている語がたくさんあるのですよね。とても参考になり、眺めていて楽しい一冊でした。

 

ちなみに「トリ」にも色々な表記があります。「酉」は十二支に出てくるトリですし、「鳥」は鳥類の総称、鶏はニワトリで食材の表記でおなじみです。こうした変化を注目してみると、あらためてことばの奥深さを感じます。

 

今回は「鳥」のフレーズを4つご紹介しましょう。

 

 

1. pigeon 責任

 

It’s not my pigeon.  Somebody else should take full responsibility in this matter. (それは私の責任ではありません。誰かがすべての責任をその件に関して負うべきです。)

 

pigeonは「ハト」のことですが、one’s pigeonは「責任、本務」という意味になります。pigeon自体はひな鳥の鳴き声の擬音語から生まれた単語です。ちなみに「ハト愛好家」はpigeon-fancierと言うのだそうです。ロンドンのトラファルガー広場にはおびただしい数のハトがいますが、せっせとエサをやる人がいましたっけ。懐かしく思い出します。

 

 

2. keep an eagle eye on … 〜を注視する

 

We had better keep an eagle eye on the market movement. (私たちは市場の動きを注視せねばなりませんね。)

 

eagleは「ワシ」のことで、eagle eyeは「厳しい監視、鋭い眼力(の人)」という意味です。「観察眼の鋭い」はeagle-eyedという形容詞になります。ワシの特徴を表した表現です。ちなみにhave eyes like a hawkは「目ざとい、何も見逃さない」です。こちらはhawk(タカ)を用いています。

 

1969年に月着陸を達成したのはアポロ11号。月着陸船の名称は「イーグル号」でした。eagleはアメリカの国家の象徴としても使われ、1933年までは10ドル金貨として「イーグル金貨」もありました。なお、ゴルフ用語の「イーグル」も同じくeagleです。

 


3. as the crow flies 直線距離で行けば

 

The towns are about 2km apart as the crow flies. (町と町の間は直線距離で行けばおよそ2キロメートル離れています。)

 

as the crow fliescrowは「カラス」です。カラスは目標物に向かって直線で飛ぶことからこの表現が生まれました。crowも擬音語から生まれた単語です。

 

crowを用いたフレーズには上記の他にeat crow(余儀なく誤りを認める)やStone the crows!(まさか!)というものもあります。「カラス」の類語にはraven(ワタリガラス)もあるのですが、こちらは不吉の兆しとされています。

 

ところでロンドンにはRavenscourt Parkという公園があります。こちらの由来を調べたところ、18世紀にこの土地を購入した人物の家紋にravenが描かれていたのだそうです。日本の家紋はシンプルなものが多いですが、イギリスの家紋(coat of arms)には植物や動物などがよく描かれています。

 


4. a night owl 夜型

 

I am a night owl.  I can really concentrate on my studies! (私は夜型なんですよ。勉強に本当に集中できるんです!)

 

a night owlは「夜型」のことです。ちなみに「私は朝型だ」はI am a morning personと言います。こちらの方がシンプルですよね。owlは夜に活動することから、上記の表現が生まれました。

 

ところで「ミミズク」は同じフクロウ科でも頭側に耳のように見える長い耳羽を持っています。英語でミミズクはhorned owlです。一方、漢字で書くと「ミミズク」は「木菟」で、「菟」はウサギのことだそうです。

 

いかがでしたか?春から夏にかけても色々な鳥が見られますよね。朝のウォーキングが楽しくなりそうです。

 

 

柴原 早苗
放送通訳者、獨協大学非常勤講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSE にて修士号取得。ロンドンのBBC ワールド勤務を経て現在はCNNj、CBS イブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。NHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。ESAC 英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。

 

| 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 | 09:00 |
『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 95回 「郵便関連」の語を用いたフレーズ
アイ・エス・エス・インスティテュート 英語通訳者養成コース講師 柴原早苗
 

かつてバブル全盛期だったころは誰も農業や土いじりなどに関心を抱いていませんでした。しかしバブル崩壊後はガーデニングや田植え、野菜作りなどがはやるようになりました。昨今のコミュニケーションも同様で、メールやLINEが全盛期である一方、手書きのお礼状や手紙が注目されています。書店には手紙の書き方本も並んでいますよね。物事の流行は行きつ戻りつです。

 

今月は郵便関連の語を使ったフレーズを見ていきましょう。

 

 

1. part and parcel of … 〜の重要部分

 

Smartphones have become part and parcel of our daily lives. (スマートフォンは私たちの日常生活の重要な一部となりました。)

 

parcelは「郵便小包」のことで、主にイギリスで使われます。アメリカ英語の場合はpackageと言います。「小包を作る」はdo up a parcelです。part and parcel of … は「〜の重要部分、骨子」ということで、例文ではスマホが我々の生活の一部に今やなっている様子を表しています。

 

parcelは「小さな(cel)部分(par)」から成り立つ単語です。かつてイギリスに暮らしていたころ、街中でミートパイなどを売るお店をよく見かけました。パイなどの一包みもparcelと言います。“curried chicken pie parcels”などといった表記を思い出します。

 


2. get one’s stamp of approval お墨付きを得る

 

Before I published the book about the chairman’s biography, I got his stamp of approval. (私は会長の伝記を出版する前に、本人からはお墨付きをいただきました。)

 

stampは「切手」の他に「スタンプ、印、はんこ」の意味を持ちます。動詞の場合は「踏みつける」ですが、「切手」も元はこの動詞から派生したのですね。上記例文はget one’s seal of approval と言い換えることもできます。

 

ところでなぜ日本語では「お墨付き」と言うのでしょうか?調べたところ、戦国時代から江戸時代にかけて大名や将軍などが自ら花押を書いた文書が「お墨付き」なのだそうです。それが転じて「当局者の承認」という意味になりました。

 


3. keep one posted 定期的に最新情報を伝える

 

So you took the exam?  Do keep me posted. (試験を受けたんだって?ぜひ最新情報を教えてね。)

 

postは「ポストに入れる」などの意味の他に略式表現として「新情報を知らせる」という語義があります。post自体は「替え馬の置いてある宿場」がもとの意味で、それが「駅伝馬車」「郵便」と転じていった単語です。

 

そういえば「郵便配達人」は英語でpostmanあるいはpostwomanと言いますが、最近は配慮的観点からpostal carrierと言うそうです。ちなみに数か月前に東京で雪が降った際、AFN(米軍放送)ではDJが「snowpersonを子どもたちが作っていた」と言っていましたっけ。そう、snowmanではなく、snowpersonと言う時代なのですね。

 


4. back-of-the-envelope calculation 概算

 

The figures are not exact.  It’s back-of-the-envelope calculation. (数値は正確ではありません。概算ですよ。)

 

back-of-the-envelope calculationはまさに封筒の裏にざっと書いて計算する様子を表すことから生まれた表現です。envelope自体は名詞の「封筒」ですが、envelopという動詞は「包む、覆う」という意味です。アクセントはveを強く読みます。スペルが異なるのも要注意です。

 

ちなみに日本語では「ざっくり計算する」と言いますが、「ざっくり」を国語辞典で引くと「ざっくりと開いた傷口」「ざっくりとキャベツを切る」などの用例が出ています。「大まか」という意味は俗語的な使い方だそうです。正式には「ざっと」や「大まかに」と言う方が良さそうです。

 

以上、今月は郵便関連のフレーズをご紹介しました。なお、1979(昭和54)年、当時の郵政省が7月23日を「ふみの日」に制定しています。「国際文通週間」は10月9日を含む一週間です。この時期になると郵便局では記念切手が登場します。私は子どもの頃、切手を熱心に集めていましたので、毎年必ずチェックしています。皆さんもこうした記念行事に合わせてたまには手紙を書いてみてはいかがでしょうか。受け取った方はきっと喜んでくださると思いますよ。

 

 

柴原 早苗
放送通訳者、獨協大学非常勤講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSE にて修士号取得。ロンドンのBBC ワールド勤務を経て現在はCNNj、CBS イブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。NHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。ESAC 英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。

 

| 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 | 09:00 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

リンク

モバイル
qrcode