通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 授業体験レポート:2013秋【中国語編】第1回 「3ヶ月ぶりの授業再開」 | main | ISS派遣サイトでの通訳コラム/翻訳コラム [2013年]第十一回を掲載 >>
『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 53回 齧歯目が出てくる表現

アイ・エス・エス・インスティテュート 英語通訳者養成コース講師 柴原早苗

齧歯目(げっしもく)とは、リスやネズミなど小型の哺乳類を指します。今月はそんな動物たちが出てくる表現を4つご紹介しましょう。

1. Not to wake up her children, she entered the room as quiet as a mouse.(子どもたちを起こさないようにするため、彼女はソーッと部屋に入りました。)

as quiet as a mouse は「ソーッと」「静かに」という意味です。欧米の家ネズミは mouse ですが、日本の家ネズミは rat と言います。鳴き声は squeak です。mouse の複数形は mice ですよね。
ところで mouse は「貧困」を象徴します。as poor as a church mouse は「非常に貧しい」という意味です。教会には食料もなく、ネズミのエサすら存在しないという状況を表しているのだそうです。

2. He got tired of the rat race so he left the company.(彼は出世競争にうんざりしたので、会社を辞めました。)

rat race は「出世競争」という意味です。一説では1935年から1940年あたりにかけてアメリカで生まれた表現とされています。ネズミが回し車の中でクルクルと猛スピードで回る様子から来ているようです。
ちなみに「出世階段を上る」は climb the corporate ladder と言います。日本語では「階段」ですが、英語では ladder(はしご)なのも興味深いですよね。一方、「出世街道」は fast track ですが、元々 fast track は「急行列車用線路」という意味です。

3. I don’t have the courage to try the new recipe.  I don’t want to be a guinea pig.(その新しいレシピに挑戦する勇気はないなあ。モルモットになりたくないからね。)

guinea pig は「テンジクネズミ、モルモット」のことです。日本語の「モルモット」はオランダ語の marmot から来ています。
Guinea は西アフリカにある共和国の名前で、pig は文字通り「ブタ」という意味です。しかし、モルモット自体は南米のペルー原産で、ブタ科でもありません。ただ、体に対して頭が大きく見えることから pig と言われるようになったこと、さらにギニア経由でヨーロッパに持ち込まれたという説があります。いずれにしても名前の由来ははっきりとしていません。
ちなみに明るい青緑色を「ギニアグリーン(Guinea green)」と言います。気になる方はぜひインターネットの画像検索で調べてみてください。

4. He works really hard.  He is indeed an eager beaver.(彼は本当によく働くね。彼はまさに頑張り屋だよ。)

eager beaver は「頑張り屋、張り切り屋」のことです。「仕事に熱心に取り組んで早く出世しようとする人」という意味もあります。beaver は「ビーバー」のことで、日本語では「海狸(かいり・うみだぬき)」と呼ばれます。ただし、海の生き物ではありません。
eager は「熱心な」という形容詞で、eager の er と beaver の er が韻を踏んでいるのも興味深いところです。なお、ビーバー自体、「勤勉な動物」と英語圏では目されています。勤勉を表す生き物は他にも ant(アリ)や bee(ハチ)がありますので、日本語の「働き蟻」「働き蜂」と同じですよね。

 


柴原 早苗
立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科兼任講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSE にて修士号取得。ロンドンのBBC ワールド勤務を経て現在はCNNj、CBS イブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。NHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。ESAC 英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。
 

| 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 | 14:00 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

リンク

モバイル
qrcode