通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 中国語通訳コース特別セミナーレポート「1時間で理解できる〜現役通訳者が語る通訳業務〜」 | main | ISS派遣サイトでの通訳コラム/翻訳コラム [2013年]第十回を掲載 >>
『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 52回 lineを使った表現

アイ・エス・エス・インスティテュート 英語通訳者養成コース講師 柴原早苗

line(線)は元々「リンネルの糸」という意味から生まれた単語です。今月はlineを用いた表現をご紹介します。

1. His actions are in line with his policies.(彼の行動は彼の方針に合致しています。)

in line with …は「〜と合致して、〜と一致して」という意味です。また、「〜に沿って」という意味もあります。たとえば in line with market principles であれば「市場原理に沿って」です。
上記例文に似た表現で「言行一致」という言葉があります。これは英語で match one’s words with action と言います。一方、He is a man of deeds, not of words.(彼は不言実行の男です)という表現もあります。

2. Along the same lines, we are also pleased that the sales figure went up.(同様に、私たちもまた売上数値が上がったことに喜んでいます。)

along the same lines は「同様に」という意味です。なお、think along the same lines は「同じように考える」です。
「同様に」は英語でもたくさん言い回しがあります。よく使われているものであれば、alsosimilarly がありますが、その一方で by the same tokenin a similar fashionditto など、少しひねった感じのフレーズもあります。日ごろから色々なパターンを使うことで、バリエーションを持てるようになると表現力もアップします。

3. He was in the line of fire ever since he argued with his boss.(上司と口論して以来、彼は非難されていました。)

in the line of fire は「攻撃されて、非難されて」という意味です。もともとは戦場で銃弾が飛び交う様子を表す表現です。
ちなみに「非難する」は他にも blameaccuse があります。accuse は怠慢や不正行為などの理由で非難するというニュアンスです。一方、blame は何かの事実に基づいて非難するという意味で、accuse よりは意味が弱くなります。また、condemn には「人や言動を非難する」という意味が込められています。
学習者向け英和辞典にはこうした類語も紹介されています。ぜひ日ごろから辞書をどんどん活用してみてください。

4. There is a fine line between life and death.(生と死は紙一重です)。

fine line は「微妙な差、紙一重の違い」という意味です。「紙一重」は他にもいくつか表現があり、たとえば「紙一重で勝つ」は narrow victory、「紙一重の試合」は close match です。
なお、日本語で「紙一重」は「1枚の紙の薄さほどのわずかな違い」という意味から生まれた単語です。日本語では「紙」ですが、英語では「線」というのも面白いですよね。

ところで line の派生語は linear です。「リニアモーターカー」は和製英語で、英語では car を使わずに linear motor train と言います。日本では長年リニアモーターカーの開発が続いてきましたが、JR東海は2025年までに導入を具体的に検討しているそうです。楽しみですね。

 


柴原 早苗
立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科兼任講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSE にて修士号取得。ロンドンのBBC ワールド勤務を経て現在はCNNj、CBS イブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。NHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。ESAC 英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。

 

 

 

| 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 | 11:53 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

リンク

モバイル
qrcode