通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 【日本語力を鍛えるために】 第13回 「てにをは辞典」 | main | ISS派遣サイトでの通訳コラム/翻訳コラム [2013年]第五回を掲載 >>
『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 47回 cardを使った表現

アイ・エス・エス・インスティテュート 英語通訳者養成コース講師 柴原早苗

card(カード)の語源はラテン語のcharta(薬包紙)から来ています。それが古英語carte(書くための紙)に発展し、現在のcardになりました。病院で使う「カルテ」はドイツ語のKarteで、やはり同じく「カード」という意味から来ています。こうしてみると、ヨーロッパ語圏というのは類似性が見られますよね。

1. His calling card for why he thinks he should be president is his business experience.(なぜ彼が自分こそ大統領になるべきかと唱えているか。それは彼自身がビジネス経験を有しているという業績があるからだ。)

これはオバマ大統領が共和党の大統領候補・ロムニー氏を痛烈に批判した際の発言です。「ビジネス経験だけで大統領職は務まらない」というメッセージが背後にあります。calling cardは「名刺」ですが、「本人を特徴づける痕跡」という意味もあります。上記例文ではあえて「業績」と意訳しました。

2.A change in team seems to be in the cards.(チームに変化があるようだ。)

be in the cardsは「物事が起こりそうである」という意味です。アメリカではinを使いますが、イギリス英語はbe on the cardsとなります。「カードの中にある」→「可能性がある」という雰囲気を含むのでしょうね。

3.I play the democrat card to keep my power.(私は権力を保持するために自分が民主主義者であることを切り札にします。)

play the … cardは「〜を切り札に使う」です。通常、政治上の駆け引きで使われるフレーズです。cardは「カード」という意味ですが、日本語でも「切り札」と似たような単語がありますよね。

4.We will be alright because we hold all the cards.(私たちは万全の手を打っているから大丈夫でしょう。)

hold all the cardsは「すべてのカードを持つ」という意味です。トランプのゲームで全カードを持っている状況を指します。一方、上記英文は交渉場面などで使われる表現で、「万全の手を打つ」「非常に強い立場にある」という意味です。

今回はcardを用いた表現をご紹介しました。なお、「トランプ」はplaying card、「トランプを切る」はshuffle the cardsです。英語でtrumpというと、「一番強い札」を意味する「切り札」のことになります。ちなみにアメリカの不動産王Donald Trump(ドナルド・トランプ)氏の祖先はもともとドイツ系で、trumpには「ドラム」という意味があったそうです。人名も色々と調べてみると、意外な発見がありますよね。
 


柴原 早苗
立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科兼任講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSE にて修士号取得。ロンドンのBBC ワールド勤務を経て現在はCNNj、CBS イブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。NHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。ESAC 英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。

 

| 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 | 09:03 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

リンク

モバイル
qrcode