通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 仕事ルポ:望月暢子先生(中国語翻訳) | main | 【日本語力を鍛えるために】 第11回 プロのパフォーマンスに触れる >>
授業体験レポート:2012秋【中国語編】最終回 「実地訓練とまとめ」

ISSスクールブログで大好評の授業体験レポートが、ついに3シーズン目に入ります!2012年秋期では、英語通訳クラスと中国語通訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!今回は、中国語通訳者養成コース 基礎科2クラスのOさんの最終回のレポートをお届けします。

-------------------------------------------------------------------


期末テストも無事終わり、最終回の授業は江戸東京博物館で実際に中国人を案内するという実地訓練がありました。準備の進め方は授業の時と同じで、あらかじめ家で関連情報を調べます。テーマは「江戸時代」。江戸幕府の仕組みや政策、江戸文化について勉強すべく、歴史の教科書を引っ張り出し、頭に叩き込みました。また、事前に一人で江戸東京博物館に行って、展示物の内容などを見てきたりもしました。それでも本番では、やはり教室での授業と違うせいか、今までになく緊張しました。あらかじめ録音された「音声」を訳すのではなく、実際に目の前に、ガイドというスピーカーと、私の中国語訳を聴く中国人のオーディエンスがいるのです。授業では何度となく先生が「オーディエンスはあなたの中国語だけが頼りなんですよ」という話をされていたのですが、こういうことなのだと、身をもって経験しました。

今回の実習では、生徒が1人10分ずつ時間を与えられ、順々に通訳をしていきます。最初は注意事項や博物館のテーマなど、簡単な内容から入って行ったのですが、先に進むにつれてガイドの話も段々と込み入ってきます。時には話が展示物だけでなく、時代劇の話に飛んだり、ガイドご自身の話になったりしていきます。これも教室の授業ではなかったことです。教室での勉強はあくまでも仮想空間なのであって、実際に通訳する時には、こういうアドリブ対応のようなことも起こり得るのだということを勉強することが出来ました。またオーディエンスからの反応を見ることも、現場ならではです。ガイドの説明に対するオーディエンスからの質問と、それに対するガイドの回答。このやり取りを、間に入って通訳するという作業もありました。

最後の授業にこのような実地訓練の機会を与えてもらい、実際に現場で起こり得ることを少しでも体験できたのは、非常に有意義でした。終えてみて反省点はたくさんあるのですが、ガイドの説明を対訳する時に「最後まで言い切ること」を心がけ、四苦八苦しながらも、止まることなく対訳できたことは、自分としては今学期の成果の表れだと感じることができました。

振り返ってみると、この「通訳者養成コース 基礎科2」に通い始めたころは、日→中対訳時に、単語が出てこなくて、そのまま沈黙して終わってしまう、ということが何度もありました。語彙力の問題と、あとは度胸の問題もあったように思います。語彙力はすぐに伸ばすことはできないのですが、それでも毎日欠かさず中国語を耳にすることを心がけていました。度胸の方は、間違えてもいいのでとにかく声に出してみることにしました。これは私にとっては大きな一歩となりました。なぜなら、声に出すことによって、先生が「こういう言い方がありますよ」と、その場にふさわしい表現方法を色々とアドバイスしてくださるようになったのです。

つたない表現でも最後まで言い切る事を心がけるという姿勢は、思わぬところでも成果を出してくれました。年末に「通訳案内士」の面接試験があったのですが、とにかく沈黙しないことを心がけました。おかげさまで先日合格証を受け取ることができました。先生も非常に喜んでくれ、学期の最後にこのように目に見える形で自分の成長を感じ、また先生に報告することができて、非常に実りある学期となりました。もちろん、まだまだ勉強することはたくさんありますが、今の努力が未来の自分を作ることを信じて、一歩一歩進んで行きたいと思います。一学期間ありがとうございました。

 

| 授業体験レポート | 09:30 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

リンク

モバイル
qrcode