通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 授業体験レポート:2012秋【中国語編】第5回 「予習と復習 どちらもぬかりなく」 | main | 授業体験レポート:2012秋【英語編】第6回 「ノートテイキング」 >>
『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 43回 steamを使った表現

アイ・エス・エス・インスティテュート 英語通訳者養成コース講師 柴原早苗

steamは「蒸気」という意味ですが、名詞だけでなく「湯気を立てる」という動詞としても使われます。今回はsteamを使った4つの言い回しをご紹介します。

1.The timing for when China’s growth model will run out of steam is a big question.  (中国の成長モデルがいつ活力を失うかという点は、大きな問題です。)

run out of steamは「活力を失う、勢いが衰える」という略式表現です。ここ数年、中国経済は成長の一途をたどっていますが、はたしていつその成長が鈍化してしまうかという不安な様子をこの文章は表しています。同様の表現にlose steamがあります。

2.Although I was tired, I tried not to let off steam. (疲れてはいましたが、怒りをあらわにすることは避けました。)

let off steamは「余分な蒸気を逃がす」という意味ですが、転じて「ストレスを解消する、怒りをあらわにする」として使われています。ニュアンスとしては「抑えつけられた感情を発散する」という感じなので、それがひどくなるといわゆる「キレる」に通じると言えるでしょう。let の他にblow, burn, workといった単語も使えます。

3.Mr. Romney’s campaign steamroller is having a big impact on his opponent. (ロムニー氏の強圧的な選挙戦は、対立候補に大きな影響を及ぼしています。)

アメリカでは昨年11月に大統領選挙が行われました。この文章は、共和党の候補者ミット・ロムニー氏に関する文章です。steamrollerは「強力的な力、圧力をかける人」という意味です。もともとsteamrollerは「蒸気ローラー」のことです。

4.Our staff will continue at full steam to plan the forthcoming event.(私どものスタッフは全速力で次のイベントの計画を続けていきます。)

at full steamは「全速力で」という意味です。full steamは「フルパワー」のことで、スロットルが全開にある状態を示しています。どちらかと言うとアメリカで使われる表現です。with as much effort as possibleと言い換えることも可能です。

ところで3番に出てきたsteamrollerなど、何か聞き慣れない単語が出てきた際にはグーグルの「画像検索」機能を使ってみましょう。ウィキペディアなどで解説文を読むよりも、写真で見たほうが一目でイメージがつかめます。



柴原 早苗
立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科兼任講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSE にて修士号取得。ロンドンのBBC ワールド勤務を経て現在はCNNj、CBS イブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。NHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。ESAC 英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。

 

| 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 | 09:15 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

リンク

モバイル
qrcode