通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 「通訳翻訳ジャーナル 2013 WINTER」 | main | 授業体験レポート:2012秋【中国語編】第3回 悩める宿題 >>
【日本語力を鍛えるために】 第8回 「多読」
ISSインスティテュートの講師・スタッフが「日本語力を鍛えるためにおすすめする」書籍や雑誌、TV、ラジオ、映画などをご紹介する不定期連載の第8回です。教務スタッフが今回おすすめするのは…

多読

===============================================

【おすすめするポイント】


日本語力を鍛える、とは、日本語の表現の引き出しをたくさん持つことでもあります。
新聞・雑誌・本・Web・TV・ドラマ・映画などの中にはそれこそたくさんの表現が詰まっていますが、当然のことながら、ジャンルや対象によって見せる顔(=表現)は異なります

よって、特定のジャンルや対象にしたものだけに触れるのではなく、ジャンルを問わず、とにかくなんでもたくさん読む、というのが今回のポイントです。

一世紀前の古典小説もよし、最新の女性ファッション誌もよし、硬めの新書も、柔らかいエッセーもよし。

いろいろなものを読みあさり、読み捨て、豊かな表現を貪欲に自分のものとして吸収していきましょう
とにかくインプットを増やすのが肝心です。

===============================================

このシリーズでは「日本語力を鍛えるため」なので日本語の本ということになりますが、英語や中国語でも同様で、やはりその言語の本を多読することはインプットの増加になりますので、お勧めですよ。

これから迎える年末年始やGW、夏休みなど、まとまった時間がある時に意識して「多読」の時間をとってみても良いかもしれません。



<関連記事>
ISS派遣サイトで過去に連載されていた成田あゆみ先生のコラムバックナンバーより、ご紹介します。多読のヒントがたくさんあります。
『実務翻訳のあれこれ』第十一回:読書、してますか? (無料診断テストつき)


| 日本語力を鍛える | 11:28 |

☆好評連載中!
『柴原先生のワンランクアップの英語表現』
banner_shibahara.jpg

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

リンク

モバイル
qrcode