通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 授業体験レポート:2012春【英語編】第5回 「言葉の統一(2)」 | main | ISS派遣サイトでの通訳コラム/翻訳コラムの第七回 >>
『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 第37回「旗」を使った英語表現

アイ・エス・エス・インスティテュート 英語通訳者養成コース講師 柴原早苗

今回はflag (旗)を使った表現をご紹介しましょう。

1.The manager has red-flagged the repair work to be done immediately.(マネージャーは修復作業を即時にやるよう、注意を促しました。)

red-flagは動詞としてここでは使われており、「注意を促す、警告する」という意味になっています。直訳すれば「赤い旗を振る」で、この表現が生まれたのは19世紀後半でした。同様にraise a red flag(警告を促す、待ったをかける)という使い方もできます。
 日本語では「降参する」という意味で「白旗を掲げる」と言いますが、これは英語でもwave a white flagとなります。

2.Even though her plan was not accepted, she wants to keep the flag flying.(計画が受け入れられなかったものの、彼女は降参したくないようです。)

keep the flag flyingは「戦いを継続する、降参しない」という意味です。戦いにおいてとにかく旗を掲げ続けることが、「降参しない」という意思表示になるからです。ちなみにイギリス英語では「その旗が代表する国あるいはグループの意見を述べる」という意味もあります。
日本語では「旗を掲げる」と言いますが、この場合英語ではraise/fly/put up a flagとなります。「旗を振る」はwave a flagです。

3.In the end, she convinced him so he lowered his flag.(最終的に彼女は彼を納得させたので、彼は降参しました。)

lower one’s flagは「(議論などで)降参する」という意味です。直訳すると「旗を降ろす」ということになります。何とか粘っていたものの、相手に降伏するため、旗を降ろすという状況から来ています。one’s の代わりにtheを使うことも可能です。他にも動詞lowerstrikehaul downといった表現で言い換えることもできます。

4.Since he was busy, he showed the flag at the party and left after 30 minutes.(彼は忙しかったので、パーティーに少しだけ顔を出し、30分後に退席しました。)

show the flagは「(会合などに)ちょっと顔を出す」という意味があります。直訳すると「自分(自国)の旗を見せる」です。他にも「主張を明らかにする」「要求を突き付ける」という意味があり、文脈全体から解釈することがポイントとなります。
なお、ビジネスの場面などで外国人が来社の際、会議室に相手国の卓上旗を掲げるというケースがあります。たとえばイギリス国旗のように上下が決まっている旗もありますので、上下や左右など、よく確認することが大切です。


柴原 早苗
立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科兼任講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSE にて修士号取得。ロンドンのBBC ワールド勤務を経て現在はCNNj、CBS イブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。NHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。ESAC 英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。

 

| 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 | 08:45 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

リンク

モバイル
qrcode