通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 講師からの応援メッセージ:第8回 椙田雅美先生(中国語翻訳者養成コース) | main | 授業体験レポート:2012春【中国語編】第2回 中国語翻訳クラスの進め方はこうなっています! >>
通訳学校に通う意味〜先輩からのメッセージ〜
英語通訳者養成コース プロ通訳科3に在籍中の吉田真弓さんより受講生の皆様へ
メッセージをいただきました。社内通訳として働きながら現在も通学を続けている吉田さん。
彼女が感じている「スクールに通うメリット」とはどんなものでしょうか?

======================================
吉田真弓さんのプロフィール
海外在住時に通訳の仕事をスタート、帰国と同時にISSに入学。基礎2からスタート、
ITやバイオ、化学品などの分野で社内通訳をしながら、現在はプロ通訳科3に在籍中です。
======================================

実際の通訳の現場では、自分のパフォーマンスを冷静に見つめる時間も
取れないことが多く、また自分の欠点にもなかなか気づきにくいものです。
今のクラスでは、4名の先生方にご指導いただいておりますが、ISSに通学する
ことが無ければおそらく得られなかったような貴重な気づきを得ることも多く、
スキルアップの良き指針となっています。

社内通訳をしていると、訳す素材はどうしても限定されがちです。ですから、
教材が幅広い分野をカバーしていることも通訳学校に通う利点だと思います。
教材がきっかけとなって、例えば、原発関連の語彙をまとめて身につけたり、
EUの政治に関する理解を深めたりすることができました。また、半導体やクラウド・
コンピューティング、環境関連の技術などは、実際にその分野がご専門の先生方より
通訳者として知っておきたいポイント」を教えていただき、大変役立っています。

授業中に同級生のパフォーマンスに刺激を受けることはもちろんですが、通訳として
経験を積むなかで、同業の友人の大切さを痛感する場面は、他にも多々あります。
派遣先企業の全てが通訳者を使い慣れているわけではなく、通訳業務をご理解
いただけないこともしばしばで、孤独に悩む通訳者は私だけではないと思いますが、
そのようなときには、ISSを通じて得た友人にアドバイスをもらうこともありました。
また、現在のクラスではほとんどの同級生が実際に通訳者として稼動していますので、
情報交換も活発です。そして何よりも、頑張っている同級生の姿を見ると、
私も頑張ろう!という気持ちになります

| 受講生の皆さんからの声 | 11:02 |

☆好評連載中!
『柴原先生のワンランクアップの英語表現』
banner_shibahara.jpg

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

リンク

モバイル
qrcode