通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 授業体験レポート:2011秋【英語編】第2回 「通訳訓練はこうして行われる(1)」 | main | 授業体験レポート:2011秋【英語編】第3回 「通訳訓練はこうして行われる(2)」 >>
授業体験レポート:2011秋【中国語編】第3回 「授業はどのように進むのか?」

ISSでは実際にどのような授業が行われているのでしょうか?2011年[秋期]10月レギュラーコースの授業の模様をレポートします。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!今回は、中国語コースのNさんのレポートをお届けします。

-------------------------------------------------------------------

 

ただいま受講中の「日本語ネイティブのための中国語力強化クラス」は、「新しい視点から中国語を体系的に学び、通訳・翻訳の授業だけではカバーできない部分を効率よく強化」するクラスということで、翻訳・通訳クラスとはめざすところがやや異なっています。それだけに授業の進め方も想像がしにくのではないかと思います。自分もはじめは「いったいどのようなことをやるんだろう…?」「いきなりものすごくレベルの高いアウトプットを要求されたらど・ど・どうしよう…?」と緊張しました。というわけで、今回は今後このクラスの受講を検討されている方のために授業の進め方についてご紹介します。
 

授業では、まず受講生が交代で中国語を使った小話を発表します。トピックについては発表者にまかせられているため、前週経験した職場での出来事や趣味について、iphone4S予約についての顛末など、身近なお話が多いです。自分のようにブランクが長かった人間にとってはここですでにハードルが高く、初回で自分の順番が回ってきたときに言いたいことが半分も言えずに悔しい思いをしました。なので、2回目以降はトピックを早めに決め、単語の発音・四声などをあらかじめ調べて授業に臨むようにしています。


受講生の話中で用いられた中国語表現をベースに、王先生が類義語や対義語、中国語としてより自然な言い回し、中国人と日本人の感覚の違い、背景にある文化などについて説明を行います。その説明がとてもわかりやすく、また、時に笑える興味深いものだったりするのは以前も書いたとおりです。


しかも、それは先生からの一方的な説明に終わりません。クイズのように「ここの動詞は?」「これは日本語に翻訳すると?」など、ものすごいスピードで質問が繰り出されるため、まったく油断ができないのです(少人数制のため、すぐに質問が回ってきます…!)。使用頻度の低い難解表現をお勉強するのではなく、ここでそう言うのか、あの単語はこういう場合にも使うのかという「これまで獲得した語彙の更なる展開」がメインで、「中国語を使いこなす」ことに主眼が置かれているということがわかります。


その後は中国語の新聞を用いて、最新の表現(中国語はネットなどでものすごい勢いで新語が生まれるので、辞書に載っていない単語も身につけることが必須)外来語の中国語表記(例:沃爾瑪=ウォルマート)、そして中国語らしい言い回しについて学びます。ここでも変わらず繰り出される質問攻撃!さらに中検の問題を解いたり、以前の授業で学んだ表現の復習を行うこともあり、時間を目いっぱい使って全力で受講生の語彙力・表現力を伸ばそうとされる王先生の勢いと熱意を常に感じる授業内容なのでした。

 

 

> 授業体験レポート:2011秋【中国語編】第4回 語感について

 

| 授業体験レポート | 09:49 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

リンク

モバイル
qrcode