通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 講師インタビュー:王 浩智先生(中国語翻訳) | main | 講師からの応援メッセージ:第1回 秦燕先生(中国語翻訳者養成コース) >>
『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 第29回「天候を表す」英語表現

アイ・エス・エス・インスティテュート 英語通訳者養成コース講師 柴原早苗

今回はお天気関連の表現です。

1.There was a furious storm in northern Japan.(北日本では荒れ狂う風が吹きました。)

この例文で使われているfuriousは「(風・海・嵐などが)荒れ狂う」という意味です。上記ではfuriousの代わりに、a violent stormと言い換えることもできます。
なお、furiousは「ひどく立腹した、怒り狂った」という意味でも使われます。怒り心頭のときなどHe was furious.(彼は激怒していた)とbe動詞の後にそのまま続けることも可能です。

2.Sunny as well as patchy rain are forecast for tomorrow.(明日の天候は晴れ、所々で雨となるでしょう。)

patchyは「つぎはぎの、まだらの」という形容詞です。パッチワークのpatchから来た単語です。このpatchyの後にrain, cloud, fogなどを付けて気象状況を表すことができます。
「所々でにわか雨」はisolated shower、「所々で曇り」はpartly cloudy skiesなどとも表現できます。なお、英語で「快晴」はclearfineのほか、イギリス英語ではqueen’s weatherと表されることもあります。これは19世紀にイギリスのビクトリア女王が公の場所に姿を現すたびに、お天気に恵まれていたとの由来から来ています。

3.Winds gusting up to 50 kilometer per hour caused a serious traffic delay.(時速50キロメートルの強風により、深刻な交通の遅れが生じています。)

gustは「突風」という名詞ですが、「風が急に吹く」という動詞でも使われます。日本では通常、風速はメートルで表されますが、英語圏ではキロやマイルが使われることが多いようです。「風速(メートル)X3.6=時速(キロメートル)」という計算式がありますので、上記の時速50キロメートルの風は、風速でおよそ14メートルということになります。
 なお、同じ熱帯性低気圧でもtyphoon(台風)は北太平洋で、hurricane(ハリケーン)はメキシコ湾や北大西洋で、そしてcyclone(サイクロン)はインド洋で発生します。

4.We have had a mixture of heavy rain and sunny spells.(激しい雨と晴れ間がまじりあう天気が続きました。)

spellは「天候などの一続きの期間」を表します。ほかにもspellには「語をつづる」「呪文」などの意味がありますが、いずれも13世紀以前からある意味です。一方、天候で使われるspellは16世紀終わりに出現した単語です。こちらは「病気などの発作」という意味でも使われており、a spell of coughingは「せきの発作」を表しています。

天候関連の英語表現は、知っているようでなかなか耳にするチャンスがありません。ケーブルテレビなどで放映されている海外のニュースチャンネルには気象情報のコーナーもありますので、そうした番組を通じて生のお天気ニュースに触れるのも良いでしょう。


柴原 早苗
立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科兼任講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSE にて修士号取得。ロンドンのBBC ワールド勤務を経て現在はCNNj、CBS イブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。NHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。ESAC 英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。

 

| 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 | 14:29 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

リンク

モバイル
qrcode