通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 【新コーナーのご紹介】講師インタビュー | main | 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 第29回「天候を表す」英語表現 >>
講師インタビュー 第2回:王浩智先生(中国語翻訳)

講師インタビュー第2回目は、中国語翻訳者養成コース顧問の王浩智先生をご紹介します。



Q1.通翻訳者を目指すきっかけは何だったのでしょうか?

特に目指すというほどの強い意識をもっていたわけではありませんでしたが、大学在学中にお世話になった恩師の計らいで、ある本の出版翻訳を引き受けたのがこの道に入ったきっかけでした。
翻訳に興味はあったし、いずれ自分の名前の入ったものが出せたらよいと漠然ながら思い描いていたこともありました。その夢はいとも簡単に実現してしまったのが信じられず、ほとんど実感が湧かないまま、自分の名前が入った本が店頭に並べられた日を迎えた、という感じです。
今になって思えば、なんで私の所に白羽の矢が立ったのか、不明のままでした。この仕事を通して味わった知的興奮が忘れられず、この道をずっと突き進んできたことだけは確かです。もちろん、年収ほどの印税に味をしめたのもどこか原動力の一部になっているに違いありません!


Q2.プロになるための勉強はどのように積み重ねられましたか?

教室での勉強、という意味なら、大学の最後の2年間、それも週一回2時間程度でした。翻訳の授業といっても、語学強化の一環として三年生からカリキュラムに組み込まれたもので、ほとんど訳読の域を出ない置き換えごっこでした。そういう意味では、独学に近いと言えるかもしれません。自慢ではなく、専門スクールどころか、参考書もろくに手に入らない時代だったため、基本的に手探り状態の中、自ら考え、悩みながら覚えていくしかありませんでした。
その点、環境に恵まれた今の学習者は羨ましい限りです。しかし、その反面、自ら学び、考え、自分なりの答えを出すというプロセスはともすれば疎かにされるように感じます。専門家や経験者の意見に耳を傾けるのも、また第一線で活躍されている方の学習法を手本にするのも有益でしょう。しかし、技法というのは知識を暗記して「やってみた」だけでは自分のものにはならない、そのことも念頭に置いていただきたい。


Q3.どのようなステップを経てプロになられましたか?

普通、プロデビューと言えば、実力をつけ、実績を重ね、信頼を得ることでついに・・・、というのが一般に辿るコースですが、先程話したように、私の場合、まだ十分準備も予想もしていない時にいきなり大きな仕事に抜擢された方なので、幸か不幸か、地道にステップを踏む苦労の経験といったものはなく、苦労の連続はむしろその後のほうですけど・・・


Q4.王先生の授業は非常にユニークで独創的ですが、教えることの原点となった出来事がございましたらご紹介ください。

 受講生たちがそのような印象を持ってくださったのならば、おそらくあまのじゃくで飽きっぽい性格と無関係ではありません。特に定説やメソッドと言われるものに眉唾をつけたくなるところはあります。
 ただ、日ごろ講義をする上で、結論だけの感覚的な教え方ではなく、受講生たちの思考に沿って一人ひとりの可能性を引き出すよう心がけてはいます。それもこれまで教示を受けた先生たちに少しでも近づこうとしたのが原点だったように思います。

 

------------------------------------------------------------------
 

王浩智先生の著書
「中国語翻訳作法―文の理解から訳出のプロセスまで」
日本語から学ぶ中国語・中国語から学ぶ日本語」

 

-------------------------------------------------------------------

 

丸王浩智先生が担当される集中コースのご案内丸

四葉のクローバー【12月開講】集中コース 
  「日⇔中翻訳基本訓練」
  [東京校] 12/9・16・1/6・13・20・27(土)11:00〜13:00(全6回)

      [インターネット] 12/10〜2/6 ※スマートフォン、タブレット端末対応

 

  日⇒中翻訳トライアル合格テクニック
  [東京校] 12/9・16・1/6・13・20・27(土)13:15〜15:15(全6回)
  [インターネット] 12/10〜2/6 スマートフォン、タブレット端末対応

 

 集中コースは入学金・レベルチェックテストは不要です。
 受講特典あり!クラスの詳細、お申込みはこちらから:
 https://www.issnet.co.jp/courses/c_t_concentration.html#class_list

 

------------------------------------------------------------------------

 

| 講師インタビュー | 15:00 |

☆好評連載中!
『柴原先生のワンランクアップの英語表現』
banner_shibahara.jpg

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

リンク

モバイル
qrcode