通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 授業体験レポート:2011秋【中国語編】第1回 すごいクラスに来てしまった…! | main | ISS派遣サイトでの翻訳コラムの第三十四回/通訳コラムの第十一回 >>
授業体験レポート:2011秋【英語編】第1回 「よりリアルな世界へ」

ISSでは実際にどのような授業が行われているのでしょうか?2011年[秋期]10月レギュラーコースの授業の模様をレポートします。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!それでは、英語通訳者養成コース 基礎2クラスのMさん、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------

 

今回から英語クラスの様子をレポートします(M)です。よろしくお願いします。

英→日と日→英、2回の授業が終了しました。前期は基礎機∈4は基礎競ラスに在籍しています。今回は、基礎気抜霑鱈兇念曚覆襪抜兇犬燭海をお伝えします。
 

英日、日英ともに強く感じたのは、「より仕事の現場を意識させられる場面が多い」ことです。基礎気任蓮屬箸砲く訳すのに夢中だった」のが、基礎兇任蓮「より聞き手を意識して訳す(=メッセージをわかりやすく伝える)」ことが求められます。話し手の立場やその場にふさわしい訳語の選択はもちろんのこと、訳し始めるタイミング、スピード、声のトーンなどなどが、実際の現場で起こりうる例を挙げて指摘されます。通訳者というのは、実にいろいろなことを考え通訳業務を行っているのだな〜と実感します。あちらを立てればこちらが立たず・・・ということも多々あり、頭の中でジャグリング状態です。


個人的には、語彙力の問題が特にネックになっています。前回の英日の授業では、例えば「the permanent members of the United Nations Security Council→国連安保理常任理事国」というのがとっさに出てこない場面がありました。さまざまなことを同時に考えなければいけない通訳に、「え〜、国連安全保障理事会…あれ? 国連安保理常任理事国…」などのように時間とエネルギーを使う余裕はありません。冗長語も禁物です。そのため、知っている(つもり)ではなく、とっさに正しくアウトプットできるレベルにまで語彙力を高めることがとても重要です。


定訳がない場合は、訳語の選択がカギになります。繰り返し強調されていたのは、大きく2つの側面があるからです。一つは、話し手や場面、聞き手にふさわしい言葉を使うことで通訳の質を上げる。もう一つは、「ことば数の省エネ化」をすることで、通訳の質を上げるとともに、同時通訳に備える。逐次通訳では、話し手と同じくらいの長さで訳しても「長い」と思われてしまうことがあるようです。また、同時通訳では、長いことばそのものが致命傷になります。例えば、”slow population growth and an increasingly aging society”を「少子高齢化」とすれば、すっきり表現することができます。


「聞き返したら、単に繰り返して欲しいだけなのにさらに説明が加わってとんでもないことになってしまった」など、実際に通訳現場で起こった(笑えるような笑えないような)エピソードを織り交ぜながらの授業展開は、時に楽しく、時に厳しい、より実践的な訓練の場になっています。授業の流れについては、次回レポートいたします。

 

 

> 授業体験レポート:2011秋【英語編】第2回 通訳訓練はこうして行われる(1)

 

| 授業体験レポート | 10:24 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

リンク

モバイル
qrcode