通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 『天の火』 | main | 授業体験レポート:2011秋【英語編】第1回 「よりリアルな世界へ」 >>
授業体験レポート:2011秋【中国語編】第1回 すごいクラスに来てしまった…!

ISSでは実際にどのような授業が行われているのでしょうか?2011年[秋期]10月レギュラーコースの授業の模様をレポートします。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!それでは、中国語コースのNさん、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------


今回から中国語クラスの様子をレポートします(N)です。よろしくお願いします。
 

中国語を真剣に勉強したのは遠い昔、中日大辞典もまだ第2版で、新華字典もカラーではなかった時代でした。ただ、それから使う機会がまったくなく、「錆びつくにもほどがあるだろう!」という状態に。再度学習を始めなくてはと思いつつも、どこから始めればよいのかすらわからずにいました。


ただ、何もしないでいるとそのまま錆びて朽ちていく一方です。まずは、レベルチェックテストが不要なクラスに半年通って学習を再開してから、その後について考えてみようと思い、選んだのが「日本語ネイティブのための中国語力強化」クラスでした。
 

開講当日までに中国語の電子辞書を購入し(中日大辞典第3版が入っています!)、「ついていけるのかな?」という若干の不安とともに、どきどきしながら初めての授業に臨んだところ…そこには「なんじゃこら」と叫び出したい世界が広がっていました。
 

いや、初回授業ということで受講生が中国語で自己紹介をするところから始まるのは大昔受けたことのある中国語の授業とあまり変わりません(おそらくどこの学校でも初回授業の冒頭は似た感じなのではないでしょうか)。が、そこからの展開が違いました。王先生が自己紹介で用いられた言葉を展開させ、これでもかとばかりに類義語・対義語を紹介していきます。そのスピーディかつ鋭い説明、そして繰り出す語彙の豊かさに思わず夢中になりました。
 

自己紹介の後には、最近目にすることが多い中国語の新語について、日本人と中国人の思考法の違い、表現の癖などをベースとした説明がありました。日本語では動作の開始部分だけを表現したり、内容をずばり指さない表現を使ったりすることが多いけれども、中国語では動作の完了までを言うなど、翻訳・通訳時に役立つ興味深い例が多く、中国語ばかりではなく、日本語の表現についても考えさせられました(例:日本語の「立ち読み」。意味の中心は「立って」読むことではなく、「買わないで」読むこと)。
 

そうです、さきほどの「なんじゃこら」とは、授業内容があまりに面白く、「語学の授業はこういうもの」というイメージを覆すものだったために思わず発してしまった言葉だったのでした。2時間があっという間というのは久しぶりに感じる感覚で、授業開始前に感じていた「ついていけるのかな?」という不安はすでに吹き飛んでしまい、「次回の授業はどんな内容なのだろう?」とひたすらわくわくした気持ちで家路についたのでした。
 

 

> 授業体験レポート:2011秋【中国語編】第2回 中国語を学びながら日本語について考える

 

| 授業体験レポート | 14:21 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

リンク

モバイル
qrcode