通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< [東京校]3月27日、[横浜校]3月28日開催 春の特別セミナー「通訳・翻訳キャリアアップセミナー 〜派遣のお仕事活用術〜」 | main | 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 第3回:やんわりと断る >>
『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 第2回: 訃報が届いたら?

アイ・エス・エス・インスティテュート 英語通訳者養成コース講師 柴原早苗


 日本ではお盆やお彼岸に亡き人をしのびます。一方、アメリカやイギリスをはじめとするキリスト教圏では、晩秋になるとHalloween(ハロウィン)のお祭りがおこなわれます。

 ハロウィンはもともと「万聖節の前夜祭」であり、いにしえの時代にはこの日に死者の魂や霊が家族を訪ねると言われてきました。これに端を発して、今ではカボチャをくりぬいた中にろうそくをともし、子どもたちは仮装してお菓子をもらい歩くという行事になっています。

 さて、今回は「お悔やみ」に関する話題です。

 みなさんは、訃報が届いたらどのようになさいますか?相手の方が日本人であれば、弔電を打ったり、お香典を用意したり、お通夜や葬儀に出席したり、ということをされるでしょう。

 しかし海外の場合、日本とはかなり異なります。たとえばイギリスの場合、封筒に現金を入れて葬儀の際、受付係へ渡すといったことはまずありません。むしろ英語圏では、一にも二にもお悔やみカード(condolences cardまたはsympathy card)をお送りするのが礼儀とされています。

 海外の文具店に行くと、いろいろな種類のお悔やみカードが並んでおり、通常はそのカードにサインをして送付します。日本でも最近はお悔やみカードが少しずつお目見えするようになりましたが、もしカードが手元にない場合は、控え目なデザインあるいは無地のカードに次のような文章を添えてください。

1.  I was deeply saddened to hear about the death of your mother. You are in my thoughts and prayers.
(お母さまの訃報に接し、深い悲しみを覚えております。あなたのことを思い、お祈り申し上げます。)

 日本語では「死」という言葉そのものをお悔やみ文で使うことははばかられます。しかし、英語ではこのように直接言及しても、特に問題はありません。hear aboutは「〜について聞く」という意味ですが、hear ofでも同じ意味になります。

2.  I am sorry to hear that your mother passed away last week. Please note that we are here for you.
(先週、お母さまがお亡くなりになったとの由、お悔やみ申し上げます。私たちはあなたのことを思っております。)

  「死=death」の代わりにpass away(亡くなる)という婉曲表現が使われています。「あなたのことを考えていますよ」という一言が添えられています。

3.  Your mother will always be in our hearts and memories. With sympathy, (差出人の名前).
(お母さまのことはいつも私たちの心と思い出の中にあります。お悔やみの気持ちをこめて。)

  お悔やみ文の場合、結びの句でYours sincerely(敬具)は使いません。その代わりにWith sympathyと結ぶのが一般的です。親しい間柄であれば、“From your friend, (差出人の名前)”でも良いでしょう。

4.  Please accept my sincerest condolences on the loss of your mother.
(お母さまの訃報に接し、心からお悔やみ申し上げます。)

  Please accept my condolencesで「お悔やみ申し上げる」という意味になります。ここでは形容詞sincere(心からの)の最上級であるsincerestを用いています。

  相手の方が悲しんでいるとき、どのようなメッセージをお送りすればよいのか、日本人にとっては難しいかもしれません。しかし、大事なのは、なるべく早く弔電やメッセージカードをお送りすることです。「自分は筆不精だから」「お悔やみカードが手元にないし・・」と言っている間に、どんどん時間がたってしまいます。できれば日頃からカード、便せん、封筒や切手などをそろえておきましょう。柄も落ち着いたものからお祝い用の華やかなものまで常にストックしておけば、慶弔いずれの際も慌てずにすみます。

  なお、欧米では故人をしのぶため、ご本人が生前に支援していたチャリティー団体に寄付をするということも頻繁に行われています。ご遺族にお花や現金をお送りする代わりに、チャリティー団体を支援するというものです。最近の団体はクレジットカードでも献金を受け付けていますので、そのような形で故人の遺志を継ぐのもひとつの方法といえそうです。

 

柴原 早苗
立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科兼任講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSE にて修士号取得。ロンドンのBBC ワールド勤務を経て現在はCNNj、CBS イブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。NHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。ESAC 英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。

 

| 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 | 10:00 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

リンク

モバイル
qrcode