通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< [横浜校]3月7日(土)開催 春の特別セミナー「在宅翻訳の仕事〜学習法から仕事獲得まで〜」 | main | [東京校]3月25日開催 春の特別セミナー「株主価値とIRの意義〜IR優良通訳の要件〜」 >>
『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 第1回: がんばってください!

アイ・エス・エス・インスティテュート 英語通訳者養成コース講師 柴原早苗


 「がんばる」という言葉。これは日本にいると頻繁にお目にかかります。たとえば受験を控えた人に「試験がんばってね」と言うこともあれば、新規プロジェクトの成功を願うときに「がんばってください」と言うかもしれません。あるいは「営業成績アップのためにがんばっています」と表現することもあります。私自身、英日通訳者としてこれまで外国企業と日本企業のお手伝いをしてきましたが、クライアント同士が別れ際に「お互いがんばりましょう!」と励まし合って解散する光景に何度も遭遇したことがあります。この「がんばる」という表現は日本語の場合、非常に便利です。しかし英語の場合、TPOに基づいて使い分けが必要なので、ぜひ覚えておきましょう。

 ところで読者のみなさんは英語表現を調べる際、まずは和英辞典を引くことと思います。しかし、和英辞典はたいてい最大公約数的な使用法のみに基づいた訳語が記してあります。つまり、状況に応じて表現を使い分けるには、英和辞典や英英辞典で引き直すことが必要なのです。「忙しいビジネスパーソンにとって、辞書をあれこれ引くのは大変!」と思われるかもしれません。しかし誤った表現で誤解を生むよりは、ほんのひと手間をかけるだけでコミュニケーションがスムーズに図れるようになるのです。ぜひ身近に複数の辞書をおいて、引く習慣をつけるようにしましょう。

 それでは実際に「がんばる」を使った表現をいくつかご紹介します。

1.  I wish you all the best in your new project.
   (新規プロジェクト、がんばってください。)

 ここで使われるwish you all the best in your 〜は決まり文句なので、そのまま覚えてください。一方、hopeもwishと同様、「願う、望む」という意味ですが、hopeを使うのであれば、I hope that you will be successful in your project.のように、that節でつなげます。

2.  Good luck on/with your interview tomorrow.
   (明日の面接、がんばってください。)

 たとえば就職面接を控えた相手を励ます際、上記のような例文が使えます。しかし、luckは「幸運」という意味ではあるものの、「めぐり合わせ、縁起」のような偶然性も含まれています。面接においては、本人の努力も大事ですが、会社側の希望と合わず、有能であっても採用されないというケースもありうるのです。この例文の場合、「めぐり合わせと運が良い方向に作用して、面接に合格するといいですね」というニュアンスが含まれています。なお、この場合、Good luck onでもGood luck withでも同じ意味となります。

3.  We are working hard to rectify the matter.
   (私どもは状況改善に向けて努力しております。)

 「頑張る」には「努力する」という意味も含まれています。ここで使われている動詞workは、「一定のことを達成するために、忍耐強く継続的に努力を続ける」という意味です。苦情があったときなど、覚えておくと便利な表現です。

4.  Keep up the good work!
   (その調子!がんばって!)

 この文は、何かを継続していくことを相手に奨励する際に使えます。ただし、どちらかというと親しい間柄で使った方が良いでしょう。たとえば生徒を指導するときや、上司が部下を励ますときなどに使います。

 ところでクラシックコンサートで指揮者やソリストが舞台へ上がる際、舞台袖ではどのような言葉がかけられるかご存じですか?答えは"Toi, toi, toi!"(トイ、トイ、トイ)です。これはもともとドイツ語ですが、「公演がうまくいきますように」という意味が込められており、音楽界では万国共通のフレーズとして知られています。また、演劇舞台の初日などでは"Break a leg!"という表現も使われます。これは"Good luck"と言ってしまうとかえって悪い運を引き寄せてしまうとの迷信から、あえて良くない状況を述べるのだそうです。

 ということで、みなさんも日々の業務の合間にぜひ英語表現をたくさん身につけてください。Wishing you all the best in your study and keep up the good work!
 

 

柴原 早苗
立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科兼任講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSE にて修士号取得。ロンドンのBBC ワールド勤務を経て現在はCNNj、CBS イブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。NHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。ESAC 英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。

 

| 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 | 15:34 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

リンク

モバイル
qrcode