通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 授業体験レポート:2019秋【英語編】第3回 「記憶に残すテクニック」 | main | 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 127回 「始まり」にちなんだ英語表現 >>
授業体験レポート:2019秋【中国語編】第5回 「優等生にはなれなくても、授業は楽しい。ミスも楽しい。」

ISSスクールブログで人気の授業体験レポートは、この秋で17シーズン目を迎えています。2019年秋期では、英語通訳クラスと中国語翻訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!今回は中国語翻訳者養成コース基礎科1クラスの香蕉皮さんのレポートをお届けします。

-------------------------------------------------------------------

 

皆さん、ごきげんいかがですか。(普段使い慣れない日本語代表)
拙い文面にもかかわらず、ご覧になってくださる方々、ありがとうございます。
なかなか思うように進歩しない自分がもどかしい一方で、授業の楽しみが少しずつ変化してきたように思います。
今回は少し、短めの構成になっていますが、よろしければお付き合いください〜!

 

【九回目】
日本語ネイティブの講師による和訳課題の振り返り等
我ながら、これが…錬金術か…?!と目を疑うような珍解答を続々と生み出しております。外国語から母国語に訳す方が割とすんなりいくケースが多いそうですが、自分の場合は徐々に母国語を自由に駆使する事ができなくなっている気がします(笑)。

 

・一体何を調べていたのか
知識不足を自覚しているがゆえに、調べ物を始めると止まらなくなるのですが、途中で間違いに気づけず、完全にお門違いな訳をしてしまう事が多いです。LandRover(社名)とFreelander(商品名)を混同していたり、GNSS(中国独自の衛生測位システム)とGPS(アメリカ運営の衛生測位システム)を混同していたり。
もはや中国語の間違いですらないという酷い有様ですが、こうした自分の癖を更に自覚する事も大切だな…と次に活かす事を考えてます…。(無理矢理ポジティヴ)

 

・謎の喜び
「國輪國造」(中国船は中国の造船所で建造する事)という単語で、自分はなぜか「輪」を「輸」と記述しており(繁体字から簡体字へ変換した時のミス?)、やってしまったなーと思っていたら、なんともう一人同じ解答のクラスメートさんが!インターネット受講の方なので、反応を伺えないのが残念ですが、勝手に妙な仲間意識を抱いておりました。それにしても、また新たな間違いパターンを発見してしまい、落ち込むどころか楽しくなってきちゃいますね。い、いえ、やけくそじゃないですよ!

 

“ ”「」がある理由
この日、先生から教わった瞬間に一番悔しい思いをしたのは、“ ”「」の考察についてです。
”炒魷魚”を深く考えずに「リストラ」と訳した私は、高評価を得ていたクラスメートの答えを見ても、なぜ高評価なのか気付けませんでした。彼女の答えは「クビ切り」。既に長いこと使い古されてきた単語が、なぜわざわざ“ ”で囲ってあるのか?と考え、あえて見慣れない言葉に置き換えてみる。リストラと訳すのであれば「」は外すのがベター。…という解説を耳にした時、思わず、ああああ──────!!!と声を上げて壁にもたれましたね。ショックのあまり。違和感はあったのに、なぜそれをスルーして訳してしまったんだ…と。現場からは以上です。

 

先生がおっしゃるには、採点時に問題文の中でどこを間違えたら減点するか、重要ポイントを決めていたそうです。もしかして問題を解く時も、採点側の気持ちを想像しながら解くようにすれば、大事故を防げるのでは…?!
昔、学生時代の優等生が「先生の気持ちを察すれば勉強は簡単」みたいに言っていたのは、こういう事なのかも知れないな…と、今さらになって思うのでありました。

 


【十回目】
中国語ネイティブの講師による中訳課題の振り返り等
心なしか、いつもより多めに「その調子!」「とても良いですよ!」と、先生の嬉しそうな声を聞けたような気がします。課題自体も、動画を見て文字起こしをするという、今までとは違う方法で取り組むものもあり、新鮮でとても楽しめました!

 

・「お酒をお届けするまで」
今回のテーマは、日本酒の紹介にまつわるものでした。「お届けする」の重点は何かと言うと、「運ぶ」「移動させる」ではなく、「商品になるまでの製造過程」なのですが、こういった些細なところでも未だに悩んでしまう自分がいます…。うっかり、独自解釈で誤った訳になってしまうのでは…と、なかなか先に進めなかったりします。が、最近は不思議なもので、悩む時間も無駄にはならないんだ、と前向きに考えられるようになってきました。寛大な心で見守ってくださる先生方のお陰だと思います。

 

・新たな目標
プライベートでも仲の良いクラスメートが、前回と今回の日中訳で特に「パーフェクト!先生に近づいてきましたよ!」と称賛されていて、なぜか自分まで嬉しくなってしまいました。これまでの人生、あまり誰かを目標にするといった考え方をせず過ごしてきたのですが、初めて自分もそこにたどり着きたい!褒められたい!と強く思い始めています。協力して問題を解き合うような事はしませんが(プライド?)、普段から言語交換を気軽にできる仲間に出会えた事はラッキーです!授業中、中国語が下手な自分の代弁をしてくれる時もあり、助かります(笑)。

 

・お米の「張り込み」
張り込みと聞くと、探偵や記者が待ち伏せしているイメージですが、精米工場での張り込みとは、タンクや釜にお米を投入する事だそうです。どうやって訳すのが正解なのかなと思っていたら、「放進去(放り込む)」といった普段よく使う動詞でOKだったようです(笑)。

 

たまに、クラスメートが調べた日本語を私に確認し、全く使ったことのない表現と知ると「この中日辞書ダメだわ」と言って笑っています。語学学習者あるあるですね。反面、現代のネット検索なら専門用語や新語も一発でわかるじゃん!という楽観視をするのも危険です。油断すると楽観死します(経験者は語る)。
先生方がいつも異口同音おっしゃっている、「ネイティヴの人が100%正解とは限らない」を救命胴衣にして、荒れ狂う誤字脱字の海を今後も漂わなければなりません。か、過酷…。

 


【印象総まとめ】
自分では、まだあまり自覚できていませんが、クラスメートたちの回答を見ると、回を追うごとに翻訳のクオリティーが上がってきているのがわかり、ライバル心を抱く隙もなく感動してしまいます
ほとんど先生に直されていない、完璧に近い訳文を読んでいると、「さすがだなぁ」と惚れ惚れし、どこか自分も励まされるような気持ちになります
対人関係で失敗してきているので、当初インターネット受講にするか迷いもありましたが、先生方の温かいお言葉を直にいただいたり、語学のマニアックな話で深夜まで語り合える友人ができた事は本当に救いです。結果的に来校する事にして良かった!と思います

 

なんだか感情論ばかりになってしまい申し訳ありませんが(いつも?)
今回の授業レポートはちょっぴりおセンチにお送りしてみました。
良いお年をお迎えください!
| 授業体験レポート | 09:06 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

リンク

モバイル
qrcode