通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< [横浜校]12月22日(月)開催 英語通訳コース学習相談会 | main | 『ザ・通訳道』:徳久圭先生 (3) >>
【受講生の皆さんからの声】英語翻訳者養成コース:東京校

アイ・エス・エス・インスティテュート東京校の英語翻訳者養成コース「総合翻訳 基礎科」クラスをご受講いただいた鈴木素子さんにお話を伺いました。(※下記内容は、2008年4月コース受講当時のものです。)


・アイ・エス・エス・インスティテュートを選ばれたのはどのような理由からですか?
将来翻訳か通訳を仕事にすることを目的に学校選びをしましたので、一番重視したのは、そこで勉強したことが後々どれだけ仕事につながるかということでした。口コミサイトをチェックし、おおよその見当をつけましたが、思ったより正確な情報を得られたと思います。というのも、仕事面でのバックアップについてはアイ・エス・エス・インスティテュートが最も高評価でしたが、実際に入学してみてそれが確認できたと思うからです。
もう一つ大事だったのは、ともすると怠けてしまう私が継続して勉強できる環境かどうか、ということでした。口コミの評価も高かったのですが、実際に足を運んでみると先生方やスタッフの方々がとても親切で、入学前から親身に相談に乗ってくださったので、ここなら適切なサポートが受けられるのではと思いました。

・今、受講されているクラスでは、特にどのような点が勉強になると感じられますか?
まず、仕事の場ではどうなのか、実際に即して教えていただけること。先生がお仕事で関わられた色々なケースについてうかがえるのがとても興味深く、勉強になります。文の意味だけでなく、書かれた目的や雰囲気もつかんで訳さなくてはいけないこと、ケースバイケースで微妙に異なる訳語の選択など、翻訳の大変さと面白さを教わっています。
また、先生が課題ごとに設定されるテーマ。これが翻訳の重要ポイントを教えてくれ、初めて勉強する私にはどれも新鮮で刺激的です。例えば「出来事の順に訳す」というテーマの際は、それまで関係代名詞の掛かり方に縛られてギクシャクした訳文になっていたのが解消され、とてもスッキリしました。他にも、「品詞の変換」など、知らないと適切な訳文にたどりつくのに、どれだけ遠回りをすることか。自分で勉強しているだけでは解決しないことが、次々に「目からウロコ」状態でわかり、とても励みになります。
次に、勉強の進め方を丁寧に教えていただける点。文法の勉強、構文を正しく掴むことの大切さは、先生が一番強調されることですが、課題を通してつくづく実感しています。訳語の選択、細かい表記上の決まり、専門用語などについて、情報の集め方、蓄積方法を教えていただけることは、基礎科なのに既に仕事のしかたそのものを教えていただいているようで、とてもありがたいです。
そして何よりも、毎回先生やクラスメートの素晴らしい訳に触れて感動できること。これこそが、かけがえのない勉強だと感じています。

・勉強以外でメリットがあったと思われることは、どのようなことですか?
個性豊かなクラスメートから刺激を受けられること。とても綿密に調べものをする人、普段の勉強を工夫している人、びっくりするような斬新な訳をする人などいろいろで、大変刺激的です。毎週の課題で同じ苦労をしている仲間ですから、得意分野について教えてもらったり、勉強のしかたについて情報交換したり、できるだけ役立つ情報を共有しようと心がけています。1タームの授業が15回というのはちょっと短くて残念ですが、今後も続けて受講することで、ネットワークをより強化していけたらと思っています。
もうひとつ、人材派遣に登録すると、勉強の状況をある程度把握した上でお仕事を紹介していただけるのも大きな魅力です。もう少し勉強が軌道に乗ったら、自分の目標に沿った仕事にも挑戦してみたいです。

---------------------------------------------
鈴木さん、ご協力ありがとうございました。
ISSインスティテュート東京校の英語翻訳者養成コースの詳細は下記よりご確認いただけます。
 東京校 英語翻訳者養成コース

---------------------------------------------
アイ・エス・エス・インスティテュートWEBサイトの「受講生の皆さんからの声」のページもぜひあわせてご覧ください。
 受講生の皆さんからの声


| 受講生の皆さんからの声 | 10:16 |

☆好評連載中!
『柴原先生のワンランクアップの英語表現』
banner_shibahara.jpg

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

リンク

モバイル
qrcode