通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 『中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)』 第46回 「日本語から取り入れた中国語の単語」 | main | ISS人材サービスサイトでの通訳コラム/翻訳コラム [2019年]第7回を掲載 >>
授業体験レポート:2019春【英語編】第4回 「リストに重複の単語があれば、くくる」

ISSスクールブログで人気の授業体験レポートは、この秋で16シーズン目を迎えています。2019年春期では、英語翻訳クラスと中国語通訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!今回は、英語翻訳者養成コース ビジネス英訳科・基礎科クラスのMIさんのレポートをお届けします。

-------------------------------------------------------------------

 

第7回目
今回の課題は、メーカーが顧客に対して作成する「製品保証書」です。先生からは、「英文契約書に準じたスタイルで訳してください」とさらっと言われましたが、そもそも英文契約書についてもあまり良く分かっておらず、非常に厳しい課題になりました。これって基礎科ですよね・・・。

 

初めての英文契約書に直面し困惑する受講生に対して、先生は参考図書として『英文契約書の基礎知識』(ジャパンタイムズ)という書籍を紹介して下さいました。少し前に発行された書籍のようなので、書店にはなく、かろうじてアマゾンにあったので注文しました。これを読んで勉強します。

 

英文契約書には、“お決まりのパターン”や“お約束事”が多くあり、これらを覚えることで、契約書文章の7〜8割はカバーでき、本当に翻訳しなければならないのは残りの2〜3割であり、ここが勝負どころということのようです。

 

最初に、契約書特有の単語について説明がありました。shall(〜するものとする)やmay(〜できる)、hereinafter(以下)、hereunder(本契約書に基づき)、hereof(これに関連して)、witnesseth(〜を証する)などです。また、通常の日英翻訳では省略されることが多い「等(など)」は必ず意味を残すこと、「以下」「以上」についても、数字を含むのか含まないのかを厳密に訳すなど、約束事についても説明いただきました。

 

さらに、normal wear and tear(通常摩耗)、act of God(天変地異)、including, but not limited to(〜を含むが、これに限らない)などの表現は、いろいろ使えそうです。

 

日本語で、「〜の場合、・・・・は×××する」のような構文は、「〜の場合」の「〜」を目的語とみなし、「・・・は、〜を×××する」のように英訳すると、読みやすい文章にすることができると、テクニックを教えてもらいました。

 

第8回目
英文契約書にさんざん悩まされた次の課題は、まさかの「秘密情報保持誓約書」でした。先生からは、「同様の表現をネットで検索し、使用しても良い」と言われていましたが・・・。撃沈です。

 

今回の授業では、“リスト(箇条書き)で、同じ単語が毎回使われるときは、くくる”、というテクニックを教えていただきました。例えば・・・

 

「〜以下を使用しないことを約束します。
1.・・・の情報、
2.×××の情報、
3.〇〇〇の情報。」

 

というような箇条書きで毎回重複する「情報」という言葉を、「以下のような情報を使用しないことを約束します。」のように、最初にくくってしまうと、わかりやすく、同じ単語が何回も出ない英文らしくなるということでした。これって、数学でいうと、2a+2b+2c=2(a+b+c)ですよね。

 

実は、これと全く逆のことを、数年前に短期コース『和訳/英訳に役立つ英文読解ゼミ 』クラスで学んだことがあったのです。 “分配法則”というネーミングもそうですが、「英語ってなんて数学的なのだろう」と思ったことを思い出しました。

 

※分配法則とは、
simple and fast waysは、simple way and fast wayの意味。つまり、(simple+fast) ways。

 

4月に始まったクラスも今回が8回目。気が付けば折り返しです。先生からは「中間フィードバック」なる成績表が送られてきて、前半部分全体の講評をいただきました。厳しいながらも暖かい励ましをいただき、これを信じて(?)さらに精進しようと決意を新たにしました。

 

| 授業体験レポート | 09:19 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

リンク

モバイル
qrcode