通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 授業体験レポート:2019春【英語編】第3回 「数えられない名詞は、数えられるようにする」 | main | 『中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)』 <バックナンバー> >>
授業体験レポート:2019春【中国語編】第5回 「中間試験その1」

ISSスクールブログで人気の授業体験レポートは、この春16シーズン目を迎えています。2019年春期では、英語翻訳クラスと中国語通訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!今回は中国語通訳者養成コース基礎科2クラスのIさんのレポートをお届けします。

-------------------------------------------------------------------


・第9回 逐次通訳訓練

今回は事前準備ありの中日逐次通訳訓練を行いました。
事前準備は先生より、引きこもりに関する活動についてのニュース記事がメールにて与えられ、各々記事を頼りに予習を行うというものでした。

 

私の実践した事前準備は
 ニュース記事を読む
 引きこもりについてその呼称や背景について中国のウェブサイトで調べ分からない単語をキャッチアップする

ことに注力しました。

 

△涼羚颪離ΕД屮汽ぅ箸把瓦戮襦△箸いΔ里牢霑達吋ラスで先生に教えていただいた重要なポイントで、日本のウェブサイトの中国語は適切に翻訳されていないこともあり訳出が不自然になるリスクがあるため極力中国のウェブサイトで直接中国語を使って調べたほうがよいとのことでした。

 

また、今回の授業においても先生から事前準備のポイントとして、ポイントとなる単語(今回であれば「引きこもり」)は必ず3通りくらいは対訳を調べておくようにと教えていただきました。対になる単語の訳は一つではなく複数あることが多く、一つの対訳しか調べていないと話者が違う単語を使ったとき全く対応できなくなってしまうからだそうです。(ちなみに引きこもりは中国語で隐蔽族,茧(繭)居族,蛰居族…等で表せます。)

 

逐次訓練はノートテイキングをしながら一人一区切りずつ訳していきました。
私はノートテイキングにおいてひたすら横に書いてしまうという悪い癖がありました。本来は意味の塊ごとに段落分けをして訳しやすくするのですが、普段ノートを取るときの癖でひたすら横に書いてしまい、いざ訳出!とノートを見ると「意味の切れ目はどこだっけ?」となっていました。なので前回の授業終了後からこの一週間は配布された教材を聞きながらひたすらノートテイキングの練習に取り組みました。その成果なのか、今回の授業ではノートを見て意味の切れ目で詰まることがなくなりました

 

・第10回 中日中間試験

今回は中日通訳の中間試験を行いました。内容は、時事単語の説明と第9回で使用した引きこもりに関する音源を聞きながらの逐次通訳です。


逐次通訳の方は復習が主体となるため、一週間ひたすら音源を聞きながら、ノートテイキングをし、音声を吹き込みながらトレーニングを行いました。

 

ノートテイキングのやりこみの成果も少しあり、逐次通訳はこれまでで1番満足のできるパフォーマンスができたのではないかと感じています!

 

もう一つの時事単語の問題はほとんど分からず解答を書くことができませんでした…。

 

台湾、香港、中国のそれぞれのニュースから出題されていましたが、私はこれまでNHKの中国語ニュースのみを見ていたため出題された単語が分からなかったのかなと、感じました。NHKニュースは日本の媒体なので日本が絡むニュースか世界規模での重大ニュースを主に取り扱っています。しかし、日本が絡むニュースのみに偏った情報収集をしてしまい、台湾や香港、中国に特化したニュース(選挙やその国の社会問題等)がおざなりになっていました…反省。

 

次回は日中の中間テストです!私は日本語から中国語への訳出に苦手意識があるので、しっかり予習してテストに挑みたいと思います!

 

 

| 授業体験レポート | 09:16 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

リンク

モバイル
qrcode