通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 【6月開講】集中コース[英語] 「おもてなし通訳ガイドに挑戦!」クラスのご紹介 | main | 授業体験レポート:2019春【中国語編】第3回 「日本語を鍛える」 >>
授業体験レポート:2019春【中国語編】第2回 「成長痛」

ISSスクールブログで人気の授業体験レポートは、この春16シーズン目を迎えています。2019年春期では、英語翻訳クラスと中国語通訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!今回は中国語通訳者養成コース基礎科2クラスのIさんのレポートをお届けします。

-------------------------------------------------------------------

 

・第3回 日中
本日から日中(日本語から中国語への訳出)の授業です!
日中の通訳は苦手だから不安だな…と思っていたのですが、先生が登場後間もなくおっしゃったのは

「今回と次回は中国語のシャドウイング、リピーティングや言い換え(パラフレーズ)などの訓練のみ!訳出はしません!」

そして授業の進行もすべて中国語…。


日本語母語の私にとってオール中国語で授業を受講できることはもはやそれだけで勉強です。先生のお話やクラスメイトの質問を聞きつつ「こんな言い回しあるんだ」「こんな成語あるんだ」とインプットの嵐のような2時間半でした。

 

分からない単語を日本語(や中国語)で話すと、先生が「今の○○(日本語)は中国語でなんと言うか皆さん分かりますか?」と何気ない会話の中から早速教材として全員に提起し、分からなかった人は新しい知識としてインプットでき、答えられた人はアウトプットの強化ができました。普段の生活の中でも「この日本語は中国語でなんていうんだろう?」と常に疑問の意識をもって生活しなければ…と再認識しました。

 

冒頭で日中の通訳が苦手と書きましたが、私が日中通訳に苦手意識をもっている原因は「中国語の語彙力、表現のバリエーションが不足している」ことにあります。先生にもこの悩みを伝えたところ「いきなり通訳をするのではなく、中国語の朗読やシャドウイング、リプロダクションを繰り返し行い基礎を固めなさい。通訳は建築と同じで基礎が重要です」との返答を下さいました。


・第4回 日中
前回使用した原稿を基に、サマライズを行いました。サマライズとはいわゆる要約のことです。論点を把握し、おおよそ原稿読みにかかる半分の時間でまとめるという通訳訓練です。

 

このサマライズが、とてつもなく難しいです…。母語ならそこまで問題はないのですが、中国語の原稿を見て中国語でまとめるのが、現在のレベルの私には語彙力の点から難しく、非常に困難なものでした。結局言葉に詰まってしまいパニックになり発表をパスしてしまったのですが、私以外の日本語母語の方はあきらめることなく最後まで自分の言葉でサマライズをされており、あきらめてしまった自分が恥ずかしく勉強不足にうちひしがれました。基礎1からの授業を振り返っても、ここまで自分の力不足を痛感したのは初めてでした。

 

しかし、先生も仰っていましたが、語学学習は「他人と比べるのではなく、過去の自分自身と比べることが大事」です。それにここであきらめたら試合は終了してしまいます。きっとこの苦しさは自分が成長するための成長痛なのだと思いなおし、授業でできなかったところが次回にはできるように復習と自主トレを他の人の2倍頑張りたいと思います。

 

 

| 授業体験レポート | 09:15 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

リンク

モバイル
qrcode