通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 私の一週間”勉強”スケジュール Case.6 ようさん(中国語通訳・通訳科2) | main | ISS人材サービスサイトでの通訳コラム/翻訳コラム [2019年]第5回を掲載 >>
授業体験レポート:2019春【英語編】第1回 「『〜によると』の『〜』は主語になる」

ISSスクールブログで人気の授業体験レポートは、この秋で16シーズン目を迎えています。2019年春期では、英語翻訳クラスと中国語通訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!それでは、英語翻訳者養成コース ビジネス英訳科・基礎科クラスのMIさん、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------

 

今回、「ビジネス英訳・基礎科」の授業体験レポートを担当しますMIです。よろしくお願いします。

 

私は会社員なのですが、数年後にせまる定年退職後に、(仕事の場所を選ばない)翻訳をなんとか仕事としてできないかと考え、2年前に翻訳の勉強を始めました。しかし、平日の夜に定時に仕事を終えて通学するのはほぼ不可能で、しかも週末は北海道の実家で親の介護をしなければならない状況です。そこで、いつでもどこでも何回でも勉強できるインターネットクラスを選びました。

 

第1回目
授業は、事前に提出していたクラス全員の課題に対して、先生が1つ1つ丁寧に添削してくださる形式で進みます。自分の訳文が真っ赤に添削されて戻されるのはショックですが、他の受講生の訳文からも教えられることが多くあります。初回の課題は、メタボリックシンドロームに関する雑誌や新聞記事の翻訳です。

 

課題文に、「〜の調査によると・・・」というフレーズがありましたが、英語に訳す場合には、According toではなく「〜」の部分を主語に持っていくと、英語らしい文章になるとアドバイスいただきました。無理に日本語どおりに訳そうとして最後に自滅してしまうことが多かったので、非常に貴重なアドバイスでした。

 

内容がメタボリックシンドロームに関するものなので、「心筋梗塞」などの難しい日本語を和英辞書で必死に調べたのですが、そのような専門用語は一般大衆が読む健康雑誌や新聞では不適切と指摘されました。どう発音するのかも分からない専門用語ではなく、たとえば、heart attackのように、その文章に合った適切な単語の選択が重要であることを教えていただきました。

 

初回の授業から、情報盛りだくさんで多くの気づきがありました。

 

第2回目
この日の課題は、金融用語説明文(グローサリー)の英語訳です。

 

今回は、条件節の訳し方についてのアドバイスがありました。条件節「〜の場合には、〜」の条件部分を主語に持ってくると、英語にしやすいということです。さらに、条件節が2つ続く場合「〜の場合、・・・すれば、・・・」には、一番大きな条件を条件節として、2つ目の条件を主語に英文を作成すると英語らしい文章になることが多いと教えていただきました。


前回の、「〜によると」同様、日本語から英語にする場合、単に順番に訳していくのではなく、文章構造を変換することで、より英語らしい英語になるテクニックは、本当に目からウロコです。

 

日本語の中で何気なく使われる言葉も、意味を考えて訳すことが重要と教えてくださいました。たとえば、「比較的」という言葉。多くの場合、何かと比較しているのではなく、単に「少し」とか「ちょっと」という意味で使われる場合が多いので、その場合は、somewhatやreasonablyなどを使うべきということでした。

 

授業の最後に、名詞の単数、複数、冠詞の不定冠詞、定冠詞がどのような場面でどのように使われているかの参考資料をいただきました。宿題ではありませんが、10連休中にゆっくり読んで勉強します。

 

 

| 授業体験レポート | 09:25 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

リンク

モバイル
qrcode