通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 英語翻訳コース特別セミナーレポート「翻訳訓練を始める前に、やっておいてほしいこと」 | main | ISSライブラリー 〜講師が贈る今月の一冊〜 第34回:佐久間公美子先生(英語翻訳) >>
『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 118回 tall/short/big/smallを使った英語表現

アイ・エス・エス・インスティテュート 英語通訳者養成コース講師 柴原早苗
 

英語学習に関するセミナーを実施した際、質疑応答でよく受ける質問があります。それは「どれぐらいの量の勉強をしたらよいですか?」というものです。「ここまで学習すれば通訳者になれる」「これだけ学べば検定試験のスコアを伸ばせる」という先入観が、どうやら学習者の間にはあるようなのですね。確かに私自身、デビュー前もそのように思っていました。けれども、むしろ大変なのは現場に出てからです。毎日が受験勉強のような感じで集中してひたすら学び続けます。未知の分野であれば基本書から読み、わからない英単語があればその都度辞書を引きます。通訳業というのはその繰り返しなのですね。

 

今回ご紹介するフレーズは、いずれも中学校で学ぶ形容詞を用いたものです。私自身、放送通訳現場でこれらが出てきた際、いずれも意味が分からず訳語に詰まったという苦い経験があります。だからこそ頑張って学ぼうと逆に思えるのです。では早速見てみましょう。

 

1 tall order (無理難題)

 

It’s a tall order.  We can’t increase the sales in just a month. (それは無理難題です。たった1か月で売り上げを伸ばすことはできません。)

 

「難しい注文、無理難題」を英語でtall orderと言い、通常は不定冠詞のaを付けて使います。「tall(背が高い)+order(注文)」が文字通りの意味ですが、もともとtallには「大量の、大きなサイズの」との語義があります。tall order自体はアメリカで生まれた口語表現で、19世紀から使われているようです。

 

ちなみに私はこのようにフレーズに遭遇すると、反対語を使った表現はあるかと気になります。早速調べたところ、short order(アメリカ英語で「すぐできる料理」)なる語を辞書で見つけました!

 


2 short-handed (人手不足の)

 

Since we are short-handed, I will ask my boss if we can hire another employee. (人手不足なので、もう一人人材を雇えるかどうか上司に聞いてみます。)

 

「人手が足りない」を英語でshort-handedと言います。語源は「手がほとんどない」から来ており、18世紀末に誕生した表現です。名詞はshort-handednessです。なお、アイスホッケーの世界では「数の面で劣勢な状況」を表します。

 

shorthandには「速記」という意味もありますよね。ではlonghandはあるのでしょうか?実はあります。「タイプ打ちや速記ではない普通の手書き」という意味です。「速記」は他にもstenographと言います。stenoは「狭い」という意味で、「狭めて書く」というのが語源です。

 


3 big mouth (おしゃべりな人)

 

When I was a child, my mum always told me not to be a big mouth. (子どもの頃、母にはおしゃべりな人になるなといつも言われていました)。

 

big mouthは物理的に人の口が大きい様子を指すほか、「おしゃべりな人」という意味もあります。分別なくベラベラしゃべる人のことを表す表現です。口の軽い人、ほら吹きなど、日本語にも色々とありますよね。複数形はbigmouthsです。「おしゃべりの」という形容詞はbig-mouthedです。

 

ちなみにsmallmouth bassは「コクチバス」という魚で、オオクチバス同様、日本では通称「ブラックバス」と呼ばれています。オオクチバスは上あごの後ろの端が目の端より後ろ、コクチバスは目の端より前にあります。

 


4 small fortune (かなりの金額、大金)

 

Actually, that dress cost me small fortune.  (実はあのドレス、結構高かったのよ。)

 

「大金、かなりの金額」を英語ではsmall fortuneと言います。「小さな富」と文字通りの意味がなぜ「大金」なのでしょうか?英語の世界ではこのようにあえて反語的な表現を用いることがあるのですね。

 

ところでfortuneには他にも興味深い表現があります。たとえばsoldier of fortune(冒険家)、wheel of fortune(ルーレット盤)、bonne fortune(男が自慢したくなるような女性からの贈り物)などです。一方、Fortune 500 はアメリカの経済誌Fortuneが毎年掲載する売り上げ規模上位500社のことです。

 


いかがでしたか?今月は簡単な形容詞を用いた表現を見てみました。私にとって未知の表現を集めることは、スタンプラリーのような感じです。みなさんも楽しみながら学び続けてくださいね。

 

 

柴原 早苗
放送通訳者。獨協大学非常勤講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。ESAC英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。「放送通訳者・柴原早苗のブログ」http://sanaeshibahara.blog.so-net.ne.jp/

 

-------------------------------------------------------------------

 

四葉のクローバー​柴原早苗先生担当の【6月開講】集中コース


「おもてなし通訳ガイドに挑戦!」

[東京校B] 7/ 9 (火)10:30〜16:30(休憩1時間・全1回)

 

集中コースは入学金・レベルチェックテストは不要です。
受講特典あり!クラスの詳細、お申し込みはこちらから:
https://www.issnet.co.jp/courses/e_i_concentration.html#feature1

 

-------------------------------------------------------------------

 

| 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 | 10:58 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

リンク

モバイル
qrcode