通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 英語通訳コース特別セミナーレポート 「柴原早苗先生が語る!通訳者になるための勉強法」 | main | 授業体験レポートふりかえり:2018年[秋期] レギュラーコース >>
中国語通訳コース特別セミナーレポート「通訳者に学ぶ日本語発声法」

ISSインスティテュート東京校では、3月9日、多くの方にご参加いただき「通訳者に学ぶ日本語発声法」というテーマでセミナーを開催しました。講師は、現役通訳者で中国語通訳者養成コース通訳科1クラス担当の徳久圭先生です。当日は様々なお話がありましたが、その一部をご紹介いたします。

-------------------------------------------------------------------

 

まず、発声トレーニングの前に「通訳者の仕事とはどのようなものか」 について確認しました。

 

・通訳者とは言葉に関するサービス業で、ホスピタリティが求められる。
・通訳者は話者の発話を聞いて内容を理解し、それを他言語を変換するが、クライアント(聴衆)が分かるのはデリバリー(音声表現)部分のみなので、この部分で通訳の良し悪しを判断される。
・デリバリーの質が通訳の出来栄えを左右する。デリバリーが悪いと、訳出内容がどれほど素晴らしくても評価されない。
・通訳者の仕事は訳し続ける(話し続ける)ことなので、声がかれたりしてはいけない。

 

以上を踏まえ、日本語の音声訓練に入っていきます。

 

1)腹式呼吸
・口や鼻から呼吸する時に肺の下にある横隔膜を下げて肺を大きくして息を吸い込む呼吸法。

・息をたくさん吸って吐くことができるため、息のコントロールの幅が広がり、色々な息の使い方がしやすい。

・腹式呼吸と他の呼吸方式を比べると、明らかに腹式呼吸の方が伝わり方、聞こえ方が違う。

 

息を吸った時におなかが膨らみ、吐くとおなかが引っ込むように呼吸するそうです。実際にやってみると、確かに空気がたくさん吸える気がします。この後の訓練の基本になるので、ここは大事ですね。

 

2)声の響き・張り

 

先生が現場で他の通訳者の声を聞いていると、人によっては声が生き生きしていない時があるそうです。その雰囲気はクライアントさんに伝わるので、ここも気をつけたいところですね。聞いていてよく内容が伝わり、安心感を与える話し方を心がけたいです。

 

3)ハミングとロングトーン
●ハミング(音を鼻の頭に響かせる)
・ハミングの「ん〜」から口を徐々に開けて「あ」の発音をしてみる。

・口、喉をあくびする時の形にして「あ」の音を出してみる。
・上を向いてあくびをする形のまま、正面に顔を倒したまま発音する。

 

これは喉にストレスをかけず、なるべく楽に声を出す練習です。逐次通訳の場合、単純計算で人の2倍話すわけで、喉への負担は相当なものです。通訳者の声がかれてしまうと非常に聞きにくくなるので、長時間話しても一定のトーンを維持し続けることがとても重要ですね。

 

●ロングトーン
・上記のストレスのない喉で「あー」と長い時間出す練習。

・息を沢山吸って長く吐き出せると、声をコントロールしやすくなる。

・話し方のバリエーションを増やすことができる。

 

参加者全員で挑戦してみましたが、先生は30秒以上発声が続いていました。かなりの長さです!

 

その後、日本語の50音の発音や鼻濁音の練習をし、最後にナレーション訓練を行いました。

 

15秒くらいのコマーシャルに自分でナレーションをつける練習です。プリントのセリフを見ながら、介護用品、スポーツ用品、食品について、それぞれどのようなイメージが求められているのか、自分で考えふさわしいナレーションをつけてみます。この練習は通訳の現場に合わせた話し方を考えるのに役立つとのことでした。BGMつきの先生のお手本はかなりメリハリが効いていて、普段から「通訳にも芝居っ気が必要です」とおっしゃる通りの名演でした。

 

参加者の皆さんからは次のような声が寄せられました。
・「ハミング」と「声の張り」については大変勉強になりました。
・通訳者にとって必要なものは語学力だけではないと感じました。
・とても実用的で、内容もよかったです。
・長い時間話さなければならないことがあるので、とても参考になりました。

 

セミナーにご参加いただいた皆様、ありがとうございました。次回もぜひご期待ください!

 

 

-------------------------------------------------------------

 

四葉のクローバー2019年[春期]4月開講コースの詳細情報・お申し込みはこちら

・中国語通訳者養成コースの詳細はこちら
・無料体験レッスンの日程・お申し込みはこちら
・レベルチェックテストのお申し込みはこちら

 

-------------------------------------------------------------

 

| イベントアルバム | 17:18 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

リンク

モバイル
qrcode