通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 117回 orでつないだ英語表現 | main | 『中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)』 第42回 「喜怒哀楽の表現 − その2”怒”」 >>
ISSライブラリー 〜講師が贈る今月の一冊〜 第33回:栗原恭子先生(英語通訳)

library.png

先生方のおすすめする本が集まったISSライブラリー
プロの通訳者・翻訳者として活躍されているISS講師に、「人生のターニングポイントとなった本」「通訳者・翻訳者として必要な知識を身につけるために一度は読んでほしい本」「癒しや気分転換になる本」「通訳・翻訳・語学力強化のために役立つ参考書」等を、エピソードを交えてご紹介いただきます。
-------------------------------------------------------------------

今月の一冊は、英語通訳者養成コース講師、栗原恭子先生ご紹介のWhat on Earth Happened?Professor Christopher Lloyd (著)Bloomsbury Publishing PLC, 2012年)です。

-------------------------------------------------------------------

 

英語通訳者養成コース本科3クラスを担当させていただくようになり、かれこれ10年が経とうとしています。私自身ISSの受講生でしたので、時が経つのは早いなと思うと共に、クラスの中で変わったなと感じることもたくさんあります。しかし通訳になるための勉強という点では変わらない部分もたくさんあり、今生徒さんが感じていることを、昔自分自身も同じように感じていたことも少なくありません。その中でも、最近考えさせられることが、いったい「専門用語」とは何だろう?というものです。

 

クラスの生徒さんから、特に科学分野の教材をやった後に、「この分野はあまり興味がなくて、専門用語が分からなくて全然訳せませんでした」という声がよく聞かれます。そのたびに果たしてそこに出てきているのは本当に「専門用語」と呼べるものなんだろうかと考えてしまいます。どこからが専門用語か、それは一般常識ではないのか、その境界は人それぞれだし、そう簡単な問題ではないのかもしれません。原文が英語である場合と日本語である場合とで感じ方は当然違ってくるはずです。

 

今回ご紹介したい本は、Christopher Lloyd著「What on Earth Happened?: The Complete Story of the Planet, Life and People from the Big Bang to the Present Day」という本で、こちらの原書は英語、また翻訳本として「137億年の歴史 宇宙がはじまってから今日までの全歴史」の2冊です。 これらの本は、文字通りビッグバンから現在に至るまで、地球レベルでその137億年の歴史を42のテーマで書かれたものです。先史時代であれば地学や生物学の話が中心になりますし、有史時代となれば世界の歴史を俯瞰しています。筆者は自分のお子さんのためにこの本を書き下ろしたということで、全体的に語り口調で大変読みやすくなっていますが、ある書評によると、まさに「専門用語」がたくさん出てくるため、辞書は手放せないとあります 。

 

さて実際中身を少し見ていくと、Corals, Jellyfish, Ammonites・・・このあたりですと、辞書なしに行けそうです。Trilobites, Sea scorpions・・・さて少し不安になってくるでしょうか?さらにHallucigenia, Opabinia, Lancelets・・・とくるとそれこそ専門家でない限り、確かにすらすらとは読み進めにくいかもしれません。

 

しかし、これは子供のために書かれた本です。英語圏の子供であれば、別の図鑑を見たりすることはあるかもしれませんが、この本を読んでいく過程でこれらの用語を覚えていくことでしょう。ですから、果たしてこれらを「専門用語」と言ってよいものかどうか…。

 

この答えを出すことは今回の目的ではないので、ここまでにしておこうと思いますが(実際に通訳の仕事に入ると「専門用語」とは何かは痛いほど分かることになります…)、もしかしたら、この本の内容はすべて、「一般常識」になってしまうかもしれません。


そして恐ろしいことに、日本の学校教育そして、ビジネスにおける英語学習では、この科学、そして歴史に関する英語はかなり抜けているのが現状です。興味のある方はぜひとも、原書、翻訳本の両方を読まれることをお勧めします。テーマごとに英語、日本語それぞれで読んでみても良いかもしれません。英語の基礎力強化、一般常識の強化になることと思います。私自身、仕事で急に関係のない歴史の話になりとても慌てた覚えがあり、それ以来歴史の本を英語で意識的に読むようにしています 。

 

 

-------------------------------------------------------------------

栗原恭子(くりはら きょうこ)

聖心女子大学英語英文科卒業、日本IBMにて営業系SEとして勤務。IBM在職中に英国留学、その後ISSに入学し、通訳科1(現「プロ通訳養成科2」)在籍中より、通訳の仕事を開始。IT関連の仕事を中心に通訳・翻訳業務に携わる。現在ISSインスティテュート本科3および1を担当。

-------------------------------------------------------------------

 

評価:
Professor Christopher Lloyd
Bloomsbury Publishing PLC
¥ 1,760
(2012-09-01)

| ISSライブラリー 〜講師が贈る今月の一冊〜 | 09:00 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

リンク

モバイル
qrcode