通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 授業体験レポート:2018秋【英語編】第2回 「コンディションを整える」 | main | 講師紹介:津村建一郎先生(英語翻訳者養成コース) >>
授業体験レポート:2018秋【中国語編】第3回 「翻訳技術を学ぶということ」

ISSスクールブログで人気の授業体験レポートは、この秋で15シーズン目を迎えています。2018年秋期では、英語通訳クラスと中国語翻訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!今回は中国語翻訳者養成コース研究科1のAさんのレポートをお届けします。

-------------------------------------------------------------------

 

5回目の授業になります。

今回は中日訳に重点をおいた授業でした。毎回出されるテーマや文章の内容・種類は様々ですが、訳出の際それぞれに気を付けるポイントが潜んでいます。そこに気付き、用途に合わせた訳出ができるようになるための技術を学んでいます。(とはいえ、今回も散々な出来栄えでしたが…)

 

今回は「省く」ことに重点を置いた授業でした。翻訳は文字を訳す事ではなく、意味を訳す事だと基礎科の頃から何度も言われてきました。訳出の際、自然な文章にするためには言葉を「足す」こともあれば「省く」こともあります。今回はこの省略について体系的に学ぶことができたと思います。

 

原文の何に注目して訳出するのか。先生からは添削を通してアドバイスをいただきました。まず、その文章の用途に気付くことで、不用な言葉が何なのかに気付き、省略が可能になります。私はこの「用途」をはき違えて理解してしまっていたため、全く違った訳文になっていました。また、(今回は中日訳でしたので)中国語の文章の特徴であるくどさは省略が可能なポイントとなる場合が多いのですが、その詳細についても学ぶことができました。逆に日中訳の際は文字が抜けたスカスカな訳文になることが多いのだとか…。次回の課題ですが日中訳中心のものですので、これはもしや「足す」事が必要なパターンなのではないかと密かに考えています。

 

先生に指摘されることをどうして課題訳文の提出の際に気付けないのだろうと悔しく思っていると、先生は今期初めの授業内容について触れました。この最初の授業はこれまでにない一風変わった内容で、「既に出版されていたり掲載された訳文とその原文を読み、訂正させる」というものでした。私はその際に「〜はくどいので省略した方がよい」と訂正していたではありませんか!他人の文章では気付けるのに、自分の訳出ではつい原文につられてしまい、文字を訳した直訳調になってしまいます。訳文訂正という形での授業が今回の授業と自然にリンクされ、原文に引きずられない訳出技術を学ぶための工夫を感じ、先生の徹底した授業の進め方をありがたく思っています。

 

6回目の授業になります。

今回の授業も中日訳、日中訳の両方がありました。文章自体は長くありませんが癖のあるものでしたので課題提出の際は少し時間がかかりました。中日訳はたった数行の箇条書きのような文章でしたが、それをどのようにして自然な日本語に訳出しまとめるのかという点に悩みました。課題が出された際に、「中国語は時系列で書く特徴があるので、そのまま訳出すると不自然な日本語になる」とあらかじめアドバイスをいただきました。今回の学習のポイントはこの処理の仕方になります。

 

これまでにも何度か中国語、日本語それぞれの特徴や癖からくる注意点を学んできましたが、今回は時系列に並べられた文章をいかに自然な日本語にまとめるのか、そのポイントを学びました。こうした翻訳技術を知っていると訳出の際に助けになると先生はおっしゃいます。ただやみくもに訳し、良い・悪いの評価をいただくものではなく、言語ごとの特徴を把握したうえでポイントを掴み訳出に結びつける、これがやはり学校で授業を受け技術を学ぶ醍醐味だと感じております。

 

今回の日中訳はオーケストラ演奏の評価という音楽の分野に関係するものでした。評価という形式上、どうしても形容詞の表現力が求められ、語彙の少ない私には大変難しく感じられました。こういう時には、中国語ネイティブのクラスメイトの訳出や処理の仕方は大変参考になります。翻訳者養成コースでは、課題原文・講師訳例・受講生全員の添削済み訳文が授業の教材となります。ISSで初めて授業を受ける際には、全員の課題(訳文)がテキストになる事を恥ずかしく思う気持ちもありましたが、今では皆さんの訳出や考え方を参考にさせていただき、これこそ集団で授業を受ける利点だと感謝しています。授業中も先生がクラスメイトに質問する形で授業を進めることも多く、この点も考え方を学ぶ助けとなりました

 

| 授業体験レポート | 09:13 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

リンク

モバイル
qrcode