通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 中国語通訳コース特別セミナーレポート「通訳者に学ぶ日本語デリバリーの方法」 | main | 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 106回 乗り物関連の語を使った英語表現 >>
中国語ビジネスコミュニケーションコース特別セミナーレポート「仕事でも使える中国語口語学習法」

 

3月17日、多くの方にご参加いただき「仕事でも使える中国語口語学習法」というテーマでセミナーを開催しました。

 

講師は中国語ビジネスコミュニケーションレベル2担当の張意意先生です。
具体的なアドバイスがたくさんありましたが、今回はその一部をご紹介いたします。

 

------------------------------------------------------------------

 

まず最初に、中国語でのコミュニケーションでは、相手の言っていることを理解する必要があるため、中国語の方言の違い、発音の違いについて説明がありました。

 

丸中国人の話し方の特徴について把握する

 

今はネットの動画で色々な地方の発音を聞くことができるので、台湾の国語(標準語)は福建人の話し方に近いことや、東北地方の方言は二人転(東北地方の伝統芸能)を聞くと特徴が分かります。標準語との違いには規則性があるので、それを把握し、区別がつかない時は必ず確認するようにすれば心配ありません。


例えば標準語の「王(wang)さん」を上海人が発話すると「黄(huang)さん」に聞こえるので、「黄色の黄さんですか、横線三本に縦一本の王さんですか?」と確認します。

 

中国語の方言のリスニングは外国人にとって大変ですが、規則性を知り、自分で聞き取ったことが不明瞭であれば、恥ずかしがらずに必ず確認すれば、安心ということが分かりました。中国人同士でも確認が必要ならば、外国人にとっては必須といってよいですね。

 

丸言葉を学ぶということは、真似することでもあるので、音声教材を聞くだけでは不十分

 

中国語を話す時の口の形、どの筋肉を使っているのか、息の吐き方、吸い方など、顔を見て細かく観察することも必要です。


例えば、動画を見ながら自分の好きなタレントや、女優さん、俳優さんの真似をしてみます。この時はやや大げさに真似てみるとよいでしょう。


お手本を真似して勉強することは初級段階と言っていいので、さらに上級をめざすのであれば、次は自分の言葉で話せるように練習していくようにします。自分自身に合った発音、スピード、表現ができるようにすることが大事です。教材は、中国語って素晴らしいな、だから自分は中国語が好きなんだ、と思えるような素材を使えば、学習にも積極的に取り組め、かつ長く続けることができます。

 

覚えた言葉やフレーズは、実際にどんどん使ってみることが大事です。学校で学ぶメリットは、その言葉がどの場面で使えるのか、事前に教室で試したり、先生に確認ができたりすることです。

 

リスニング練習であれば、音声教材があればできますが、発話の練習は動画を活用する、ということは新鮮でした。まずはお手本になりきって、そっくりに話せるようになることをめざしてみましょう。自分に合った教材(素材)の選択も大事ですね。

 

丸文章の朗読が口語上達の秘訣

 

毎日少しずつでよいので、文章を朗読する練習を続けましょう。朗読することはアウトプットの練習になります。上手に話せるようになりたければ、沢山発話することです。朗読練習を通じ、中国語の四声、リズム、区切り方を身につけるとともに、中国人のロジックも理解できるようになります。


練習は毎日続けることを習慣づけ、結果を出すことを急がずに、着実にレベルアップすることをめざしましょう。

 

外国語学習に限らず、どのようなことでも同じかもしれませんが、結局は長く続けられる練習を積み重ねていくことが上達の秘訣ということが分かりました。

 

------------------------------------


参加者の皆さまからは次のような声が寄せられました。


・学習の要点を分かりやすく、楽しく教えていただいてありがとうございました。
・口語の学習は最近滞っていたのですが、有意義なお話を聞くことができ、改めて頑張ろうと思いました。
・とても興味深いお話しでした。今後のためになると感じました。
・先生のお人柄が伝わってきてよかったです。


-----------------------------------

 

お忙しいところ参加された皆さま、ありがとうございました。

アイ・エス・エス・インスティテュートは今後も皆さまのお役に立つセミナーを企画してまいります。次回をお楽しみに!

 

------------------------------------------------------------------

 

四葉のクローバー2018年[春期]4月開講コースの詳細情報・お申込みはこちら

・中国語ビジネスコミュニケーションコースの詳細はこちら
・レベルチェックテストのお申込みはこちら

・無料体験レッスン 3/31(土)15:00-16:30 お申込みはこちら

 

------------------------------------------------------------------

 

| イベントアルバム | 09:00 |

☆好評連載中!
『柴原先生のワンランクアップの英語表現』
banner_shibahara.jpg

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

リンク

モバイル
qrcode