通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 『中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)』 第30回 「ビジネス中国語の口語 ― 中国人が話す標準語を知ること」 | main | 授業体験レポート:2017秋【英語編】第9回 「秋学期終了!その先へ」 >>
英語翻訳コース特別セミナーレポート「『翻訳チェッカー』に求められる資質とは - 分野別解説編 - 」

 

アイ・エス・エス・インスティテュートでは、総合翻訳科、ビジネス英訳科、専門別翻訳科の各コースで「実務に近い、仕事につながる」クラスを開講しています。


4月コースの開講を前に、英語翻訳者養成コースの特別セミナー「翻訳チェッカーに求められる資質とは - 分野別解説編 -」を開催しました。

 

今回のセミナーでは、前半、ISSインスティテュートのグループ会社、株式会社翻訳センター金融・法務営業部で品質管理業務に携わる渡辺亜美から、「翻訳チェッカー」に求められる資質を「スキル」「対応」の2つの側面からお伝えしました。後半は、短期コース「翻訳チェッカートレーニングクラス」担当講師の豊田実紗先生に、業務の説明と、実例を挙げて作業内容を具体的にご紹介いただきました。


------------------------------------------------------------------


丸「翻訳チェッカー」に求められる資質とは

まずは、渡辺から「翻訳チェッカー」の業務、役割についてお知らせし、続いて「翻訳チェッカー」の資質について「スキル」と「対応」の2つの側面からご説明しました。

 

-----

 

「翻訳チェッカー」に求められる資質として、みなさんはどのようなスキルが必要とお考えですか。翻訳者と同じように、「語学力」、「表現力」、「緻密さ・正確性」、「調査力」、「専門性」といろいろ思い浮かびますね。この中で、「翻訳チェッカー」に求められるのは3つ、「語学力」「緻密さ・正確性」「調査力」であると思っています。翻訳チェッカー採用のトライアルでも、この点を重視しています。では、一緒に挙げた「表現力」「専門性」は必要ないのでしょうか。

 

基本的に「専門性」については翻訳者にお任せしており、翻訳者採用のトライアルでも翻訳力と併せて評価のポイントとなっています。また「表現力」については、翻訳者、翻訳チェッカー以外の作業者に依頼することが多いです。高度な表現力が求められる案件については、翻訳やチェックの作業とはプロセスを別にして対応しています。

 

豊田先生の「翻訳チェッカートレーニングクラス」では、上にある翻訳チェッカーに求められるスキルを理解していただき、そのスキルを効率よく習得していただくことを目標としています。

 


丸柔軟な対応が安定した受注につながる

 

前半の「スキル面」に続いて、「対応面」について講演が続きます。

 

-----

 

ISSインスティテュートの修了生で、現在、私たちが頼りにしている翻訳チェッカーさんを例に、「対応面」についてお話しします。

 

このチェッカーさんは、フルタイムで会社勤務をされているので、お電話をしてもすぐにお話しすることができないのですが、お問い合わせのメールをお送りしておくと、お昼休み、そして終業後に確認をして必ずご連絡をくださいます。コーディネーターも時間の余裕があまりない状況でお問い合わせをするので、きちんとご返事をいただけるのは大変ありがたいのです。前半でお話しした「スキル」とともに、こうした「対応」もお仕事を依頼する際のポイントになります。

 

通常とは異なる作業プロセスや納期でお仕事をしていただくことも多々あります。こんな時も、コーディネータ、そしてその先にあるお客様のニーズを理解して柔軟に対応していただけると、その方の信頼も高まります。

 

さらに、翻訳チェッカーのお仕事を経験され翻訳者となられた方は、作業開始から納品までの過程をご存知なので、各作業に配慮した対応をしてくださいます。翻訳会社にとって、大変ありがたいことです。

 

 

 

丸「基礎的なチェック事項」をもれなく確認する


後半は、豊田実紗先生にチェッカー業務の実務をご説明いただきました。翻訳の質を左右する基礎的なチェック事項とは何か?豊田先生はいくつか例を挙げて説明してくださいました。

 

-----

 

訳抜け、スペルミス、数字の転記の誤り、単位の間違い、下線や斜体などスタイルの変更もれなど確認すべきところはたくさんあります。限られた時間(=納期)の中で、最善のやり方を考え、対応しています。

 

そして、「あくまでも翻訳者の翻訳が正しい」という前提で作業します。「修正しすぎないこと」この言葉をいつも考えながら、必要最小限の修正のみにとどめ、作業をしています。


豊田先生が、いろいろな例を挙げてわかりやすくお話しくださったので、みなさん、翻訳チェッカーのお仕事を、より深く理解されたようでした。
 

 

 

セミナーの最後に、豊田先生担当の短期コース「訳文品質アップの新アプローチ 翻訳チェッカートレーニング」クラスのご案内をいたしました。こちらのクラスは、ISSインスティテュートと翻訳センターが共同でカリキュラムを開発し、今回ご紹介しましたチェックのルールに基づいた内容となっております。今回、チェッカー業務にご興味を持たれた方におすすめのクラスです。

 

 

これからも、グループのメリットを活かして、いろいろな視点から翻訳に関する情報発信を続けていきます。

 

------------------------------------------------------------------

 

四葉のクローバー2018年[春期]4月開講コースの詳細情報・お申込みはこちら

・英語翻訳者養成コースの詳細はこちら
・無料体験レッスンの日程・お申込みはこちら
・レベルチェックテストのお申込みはこちら

 

------------------------------------------------------------------

 

四葉のクローバー 豊田実紗先生ご担当 短期コース2018ウィンター
 (株)翻訳センター/ISSインスティテュート共催
  「訳文品質アップの新アプローチ 翻訳チェッカートレーニング」

  [東京校B] 4/7・14(土)15:00〜17:00(全2回)

 

    [インターネット] 4/8〜 4/24 スマートフォン、タブレット端末対応

   ※インターネットクラスの授業動画は通学クラスの方もご視聴いただけます。
      復習や欠席された際の補講用としてご利用ください。


 短期コース2018ウィンターでは、入学金・レベルチェックテストは不要です。
 受講特典あり!クラスの詳細、お申込みはこちらから:
 https://www.issnet.co.jp/courses/e_t_short.html#feature12
 

 

------------------------------------------------------------------

 

| イベントアルバム | 12:00 |

☆好評連載中!
『柴原先生のワンランクアップの英語表現』
banner_shibahara.jpg

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

リンク

モバイル
qrcode