通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< ISSインスティテュート創立50周年記念「ISS講師からの応援メッセージ」 第30回: 榊原奈津子先生(英語通訳者養成コース) | main | 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 104回 食材をandで結んだ英語フレーズ >>
授業体験レポート:2017秋【英語編】第6回 「メモ取りとひらめき」

 

スクールブログで人気の連載、レギュラーコースの授業ルポ。この秋、13シーズンめを迎えました!

2017年秋期では、英語通訳クラスと中国語翻訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!

ISSの教室では実際にどのような授業が行われているのでしょうか?

毎週金曜更新、英語・中国語を交互にお届けします。それでは、英語の授業ルポ第6回をお楽しみください。

----------------------------------------------------------------------------

 

新年明けましておめでとうございます。
10月に始まった秋学期ですが、年が明けるともうカウントダウンが始まった雰囲気です。
学期終了まで残り2か月、健康管理に気を付けながら乗り切ります!

 

丸第11回目 英日授業 

 

いつものように単語テスト、復習教材の訳出録音、初見教材の順で進みました。お正月気分もどこへやら、一気に現実の世界に引き戻されました(笑)。

 

冒頭で講師から、リスニングとメモ取りに関して有益なアドバイスがありました。本科3のレベルからもう一段リスニング力を高めるため、メモの取り方について発想の転換が必要とのことでした。これまでのように、メモばかりに集中し目に依存していては、まず日本語の語順に変換してから理解するという方法になりがちだそうです。昨今は社会全体の英語のレベルも上がってきており、リスニングの要求度も高くなってきているようです。メモを取らない!くらいの自覚をもって、英語をそのまま理解するリスニング力をつけていく必要があるとのことでした。

 

今回の初見教材は「マレーシア カントリーレポート」です。マレーシアについての基本的な国情報が出てくるのですが、数字も盛りだくさんです。国土面積、人口、宗教、GDP、主要産物、日本との2国間関係の歴史などが出てきました。数字のコツは本科2で丁寧に教えてもらったのですが、しばらくやらないとすぐに数字が聞き取れなくなることを痛感しました。

 

事前準備のためマレーシアの国情報を調べてみたのですが、とても魅力的な国で、子どもがもう少し大きくなったらぜひ家族旅行で訪れてみたいと思いました。通訳学校で得られることは通訳技能だけでなく、自分ではなかなか掘り下げて学ぶことがない分野の教材を扱うことで知的好奇心が刺激され、世界が広がることも大きな利点です。

 


丸第12回目 日英授業

 

日英でもカントリーレポートが初見教材でしたが、こちらは南米のチリ共和国。実は全然馴染みのない国で、最近スーパーなどでもよく見かける、安くて美味しいと評判のワインくらいしか知りません。

 

講師から事前準備の項目を詳細に伝えられていたので、手始めに外務省やJETROのホームページで基本情報を入手しました。ガイドブックを購入したクラスメイトもいて、皆それぞれ工夫して地理、歴史、政治、貿易などの情報収集をしていました。あ、チリワインをしっかり試した方もいました(笑)。

 

講師から提示された目標は、「日本語を聞きながら訳語をひらめかせる!」。つまり、一区切りまで聞いてから訳を考えるのでなく、聞いている時にすでに訳を思い浮かべるということです。これは、まだ同時通訳訓練を受けていない本科3にとってはなかなか難しいですが、反応を早くすることは越えなくてはいけないハードルだと思います。

 

これまで、日英、英日両方の授業で言われてきたことですが、何よりも「表層的な言葉の切り貼りでなく、話し手が何を伝えたいのかを確実に訳す」ことが大前提です。その上で、反応を早めるということになると・・・ 癖垢ながら)ふむふむ、そうだよね、なるほど(話し手の気持ちを汲み取る)◆癖垢ながら)瞬時に訳を思い浮かべる、という二つのことを同時にやるということですね。できない私からするとまさに神業。道はかなり長そうですが、この2つの課題を自宅学習方法でも工夫してみようと思います。

 

それでは、また次回お会いしましょう!

 

        

| 授業ルポ | 10:00 |

☆好評連載中!
『柴原先生のワンランクアップの英語表現』
banner_shibahara.jpg

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

リンク

モバイル
qrcode