通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 授業体験レポート:2017秋【英語編】第6回 「メモ取りとひらめき」 | main | 通信講座「翻訳入門」クラス(英語翻訳者養成コース)のご紹介 >>
『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 104回 食材をandで結んだ英語フレーズ

アイ・エス・エス・インスティテュート 英語通訳者養成コース講師 柴原早苗
 

昨年の終わりごろ、偶然ケーブルテレビでイギリスの料理番組を見つけました。BBCなどで放送されたもので、2か国語放送や字幕付きで放映されています。著名シェフのJamie OliverNigel Slaterなどが出ており、おいしそうなレシピが毎回紹介されます。

 

私はもともと料理が得手ではないのですが、この番組を機にフードプロセッサーまで新調し、以来楽しく料理ができるようになりました。

 

ちなみにどの番組でもパルメザンチーズをすりおろして振りかけている光景をよく見かけます。イギリス料理の特徴なのでしょうか。これを機にcheeseを使った英語表現を調べたところ、chalk and cheeseという語が出てきました。

 

今回は食材をandで結んだ表現のご紹介です。

 


1.   as different as chalk and cheese  外見は似ているものの中味は全く違う

 

Although both of them look similar, they are as different as chalk and cheese. (二人とも外見は似ているけれど、中身は全く違います。)

 

as different as chalk and cheeseは「外見は似ているものの中身は全く違う」という様子を表す表現です。確かにチョークとチーズはいずれも固形で白や黄色い色ですが、全然違いますよね。このフレーズは主にイギリスで使われる表現とされています。

 

ちなみにchalk(チョーク)の数え方はa piece of chalk(1本のチョーク)、two pieces of chalk(2本のチョーク)です。洋裁で布地に印をつけるチョークを日本語で「チャコ」と言いますが、これも元はchalkから来たものです。

 


2.   oil and vinegar  水と油

 

I just cannot get along with her. We are like oil and vinegar. (とにかく彼女とは合わないんです。水と油のようなものです。)

 

「水と油のように」は英語でlike oil and vinegarまたはlike oil and waterと言います。日本語ではあくまでも「水」と「油」ですが、英語では「酢」を使うのが興味深いですよね。前回ご紹介した「犬猿の仲(cat and dog)」と似た意味のフレーズです。

 

なお、oilを使った他の表現にpour oil on troubled watersがあります。これは「穏便に論争をおさめる」という意味です。一方、1970年にサイモン&ガーファンクルが発表したヒット曲、「明日に架ける橋」の原題名はBridge Over Troubled Waterです。

 


3.   meat and drink    何よりの楽しみ、大好きなもの 

 

Going out for a long walk is meat and drink to me. (長い散歩に出かけることは私にとって何よりの楽しみです。)

 

日本語には「三度の飯より好き」という言葉がありますが、これを英語ではmeat and drinkと言います。上記の例文はGoing out for a long walk is my meat and drink.と言うことも可能です。

 

ところでmeatは「肉」ですが、食用でない場合はfleshと言います。他にmeatを使った興味深い表現ではmeat and potatoes(物事の核心)、meaty(記事などが充実した)、the meat of the argument(議論の重要な点)などが挙げられます。

 


4.    peaches and cream    満足状況

 

We are all ready for the tournament Everything is peaches and cream. (私たちは全員、トーナメントに向けて準備万端です。全て満足できる状況ですよ。)

 

「万事オーライ」を英語ではpeaches and creamと言います。桃とクリームという組み合わせが面白いですよね。なお、peachを英英辞典で引くと具体的な説明があります。たとえばとある学習者向け英英辞典には“a round fruit with soft red and yellow skin,  yellow flesh and a large rough seed inside”とありました。ここでも果肉を表す際、先ほどご紹介したfleshが出ていますね。「粗い種」という部分から桃が連想できます。なお、漢字の「桃」は木へんに「兆」ですが、「兆」は「割れる」という意味があるそうです。二つにきれいに割れることを表しています。

 

ところでcreamにも脂肪分の割合がいろいろとありますが、イギリスに暮らしていた頃、スーパーでcreme fraicheという商品をよく見かけました。これは高脂肪の生クリームです。他にもクリームに乳酸菌を加えて発酵させたsour cream(サワークリーム)も料理でよく使われていました。スコーンに付けて食べる濃厚なクリームはclotted creamです。

 

今月は食材をandで結んだ英語フレーズをご紹介しました。冒頭でご紹介したレシピ番組は動画サイトでも見られます。イギリスのシェフたちの作り方を見ていると、日本のようにきっちりと材料を量ると言うよりも、むしろ豪快に調理するのが売りのようです。たとえばJamie Oliverなど、レモンを絞る際、二つに割ったらそのまま手でぎゅーっと握り絞っているのですね。こうした自由な方法を知ると、気楽に料理ができそうです。

 

 

柴原 早苗
放送通訳者、獨協大学非常勤講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSE にて修士号取得。ロンドンのBBC ワールド勤務を経て現在はCNNj、CBS イブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。NHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。ESAC 英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。

 

| 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 | 10:00 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

リンク

モバイル
qrcode