通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 授業体験レポート:2017秋【中国語編】第5回 「イヤな予感がする・・・!」 | main | 『中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)』 第28回 「ビジネス中国語に欠かせないユーモアぁ 宗/佑魍擇靴泙擦襪燭瓩慮渋絅僖侫ーマンス―コント」 >>
『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 103回 イヌに関連した英語フレーズ

アイ・エス・エス・インスティテュート 英語通訳者養成コース講師 柴原早苗
 

大学1年生の時、先輩からこう言われました。「高校時代ってあっという間だったでしょ?でも大学1年生より2年生、という具合でどんどん早くなるからね。」確かにその通りでした。年齢を重ねるにつれて毎日が瞬く間に過ぎていくのです。気が付けば2017年も終わり、「はて、今年の干支は何だったかしら?」と思う間もなく2018年到来です。

 

今年は戌年ですので、今回はイヌにちなんだ表現を見ていきましょう。

 

 

1.  Why keep a dog and bark yourself?  人にやらせるべきことまで、なぜ自分でやってしまうの?

 

Why keep a dog and bark yourself? Since you are now the team leader, let others do the task.  (人にやらせるべきことまで、なぜ自分でやってしまうの?チームリーダーなのだから、他の人に課題をやらせたら良いのに。)

 

日本人は完璧主義(perfectionist)だとよく言われます。幼いころから何事も「きちんとやる」ということが美徳とされてきたからなのでしょう。とても貴重な価値観ではある反面、何もかも自分で頑張ろうとしてしまい、燃え尽きてしまうことがあります。人にお願いできることは勇気を持って割り振るのも大事なのでしょうね。この例文に出てくるWhy keep a dog and bark yourself?はまさにそのような状況を表しています。

この表現の語源は、「番犬を飼っているのに吠えるようにしつけず、人間である自分が吠えてしまう」という様子を意味します。

 

ところで「吠える」と言えば、日本語には「ワンワン」と「キャンキャン」がありますよね。英語で「犬がキャンキャンと鳴いていた」はThe dog was yelping.です。yelpは人間でも動物でも使え、「高音」で鳴いたり吠えたりする時に用いる表現です。

 


2.     like a dog with a bone  どうしてもやめようとしない

 

My mum was really cross and she kept on telling me off. She was like a dog with a bone. (母は本当に怒っていて、ずっと私を叱っていました。どうしてもやめようとしなかったんです。)


「どうしてもやめようとしない」はlike a dog with a boneと言います。くわえた骨を離さない犬がこの単語からは思い浮かびますよね。上記以外にも「根気強い」という意味があります。You are like a dog with a bone. は「君は根気強い」です。

ところでdog chewという商品があることを今回の執筆で初めて知りました。「犬用おやつ」のことだったのですね。骨と似たような硬さがあり、犬が長いことなめたりかじったりできるタイプだそうです。

 


3.     The tail is wagging the dog  主客転倒している

 

They used to be a small company but now, they are ruling the industry.  The tail is wagging the dog. (小さな会社だったのが今や業界を支配していますよ。主客転倒していますね。)

 

「立場が逆転している」という様子を表す際に使えるのが上記のフレーズです。「犬が尻尾を振っているのではなく、尻尾が犬を振らせている」という文字通りの様子を想像すると、つい可笑しくなってしまいます。

ちなみにtailは「尻尾」以外に「後部、尾部、後ろ」などの意味もあります。日本語では「目尻」と言いますが、英語ではtail of one’s eyeです。一方、「目頭」は英語の場合、inner corner of one’s eye。一言で表さず、説明的になっていますよね。

 


4.      cat and dog  犬猿の仲

 

When we were children, my brother and I fought like cat and dog. (子どもの頃、弟と私は犬猿の仲のごとく、喧嘩しましたね。)

 

日本語で仲が悪い際に登場するのは「イヌ」と「サル」ですが、英語の場合は「イヌ」と「ネコ」です。ちなみにIt’s raining cats and dogs.は「土砂降り」という意味になります。最近の動画サイトを見てみると、イヌとネコが仲睦まじくしている光景もアップされていますが、もともと両者は仲が悪いという習性があったようです。

 

ところで「宿題忘れました」という子どもの言い訳表現にThe dog ate my homework.があります。「ウチのわんちゃんが宿題のプリントを食べちゃったんです。だからできませんでした」と、子どもなりの健気な(?)言い訳なのですね。このフレーズが誕生したのは20世紀初めごろのようです。

 

今回はイヌに関連した表現を見てきました。最後に植物の話題を。「ハナミズキの実」はdogberry、キョウチクトウ科の「バシクルモン」はdogbaneと言うそうです。画像検索をかけると美しい写真がヒットします。

 

 

柴原 早苗
放送通訳者、獨協大学非常勤講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSE にて修士号取得。ロンドンのBBC ワールド勤務を経て現在はCNNj、CBS イブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。NHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。ESAC 英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。

 

| 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 | 10:00 |

☆好評連載中!
『柴原先生のワンランクアップの英語表現』
banner_shibahara.jpg

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

リンク

モバイル
qrcode