通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 授業体験レポート:2017秋【中国語編】第4回 「基本だよ、ワトソン君!」 | main | 2018ウインターおすすめ: [英語] 「通訳力に効く!数字の表現攻略法」クラスのご紹介 >>
2018ウィンターおすすめ: [中国語]「中国語組み立てテクニック」クラスのご紹介

------------------------------------------------------------------------

 四葉のクローバー 短期コース2018ウィンター

 「中国語組み立てテクニック」
 [東京校] 3/10・17・24・31(土)10:30〜 12:30

 [インターネット] 3/11〜4/10 スマートフォン、タブレット端末対応

------------------------------------------------------------------------

 

中国語ネイティブの中国語は、日本語ネイティブの中国語と比べると、使っている単語はほぼ同じなのに、順番が違っていたり、もっとすっきりとした表現になっていると感じませんか。

 

それは、日本語ネイティブの中国語は、日本語の表現に引っ張られたやや不自然な中国語になっていたり、日本語ではいわずもがなの単語が中国語表現の際には必要なのに、それが省略されてしまっているからです。

 

例えば
日本語:肉を冷蔵庫に入れておかないと悪くなる。
中国語:肉不放进冰箱(  )容易(  )。

 

(  )の中を埋めてみてください。

 

「悪くなる」は、どの程度なのかによって、(  )に入る単語が変わります。

 

肉不放进冰箱(保存)容易(变质)。

 

日本語では冷蔵庫に入れること自体が保存なので、あえて「保存」を入れる発想が浮かばないですね。

 

本講座では上記のような穴埋め問題を大量にこなし、解説を聞くことで、ネイティブが自然に感じる、中国語の組み立て方を身につけることができます。

高尚な語彙や四字熟語を知っている必要はありません。これまで覚えてきた単語の並び方を組み替える、意識してこなかった語句を補うことで、最適な中国語表現が可能になります。また、類義語についても場面にあった使い分け方法を覚えることで、より繊細な表現を身につけることができます。


中国語訳に今一つ自信が持てない方に是非おすすめです。中国語の組み立て方、表現力強化にフォーカスした授業なので、効率的にレベルアップすることができます。

------------------------------------------------------------------------


 四葉のクローバー 短期コース2018ウィンター
   「中国語組み立てテクニック」
 [東京校] 3/10・17・24・31(土)10:30〜 12:30

 [インターネット] 3/11〜4/10 スマートフォン、タブレット端末対応

 ※インターネットクラスの授業動画は通学クラスの方もご視聴いただけます。
    復習や欠席された際の補講用としてご利用ください。


 短期コース2018ウィンターは、入学金・レベルチェックテストは不要です。
 受講特典あり!
クラスの詳細、お申込みはこちらから:
 https://www.issnet.co.jp/courses/c_t_short.html#feature7

------------------------------------------------------------------------

<関連記事>
クラスを担当する王浩智先生の関連情報もご参考にどうぞ!

丸ISSスクールブログ:
  「講師インタビュー」:王浩智先生

------------------------------------------------------------------------

 

| 【中国語翻訳コース】 | 00:00 |

☆好評連載中!
『柴原先生のワンランクアップの英語表現』
banner_shibahara.jpg

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

リンク

モバイル
qrcode