通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 <バックナンバー> | main | 授業体験レポート:2019春【英語編】第3回 「数えられない名詞は、数えられるようにする」 >>
2019サマーおすすめ:[英語] 「通訳力に効く!構文力強化」クラスのご紹介

サマー.png

 

四葉のクローバー​​短期コース【2019サマー】

 「通訳力に効く!構文力強化」 

[東京校] 9/28(土)14:00〜17:00(全1回)

-------------------------------------------------------------------

 

通訳訓練を始める前は、「語学力さえあれば、何とかなるのでは」と単純に思っていた方も多いと思います。「ただ言葉を変換するだけではない」ことに、学習者の誰もが気付くと思います。ではみなさんがいわゆる“壁”にぶつかっているとしたら、それはいったい何が原因でしょうか?

 

通訳をするときに、

 

英→日では、

「英語は全て聞き取れたのに、いざ訳出しようとすると口から言葉がでてこない」
日→英では、

「日本語独特の表現に引きずられてしまい、何を伝えようとしているのかがわからない」

「ついいつもと同じ表現をしてしまい、訳出が単調になってしまう」


等、悔しい思いをしたことが多かれ少なかれ、あると思います。

 

これらの症状の原因はずばり“構文力”にあることを、みなさんはお気付きですか?
本クラスでは、こういった課題を解消するために必要な“構文力”を強化していきます。


“構文力”があると、長い英語の文章を聞いたときに、文章ごとの繋がりを瞬時に理解でき、文中に分からない単語が少しあったとしても、全体で何を言おうとしているのかを把握できます。

 

また日→英の場合は、語彙や表現が増え、同じ日本語に対しても何通りかのパターンで文章を組み立てることができるようになります。いつも「同じ英語表現ばかりになってしまう」こともなくなります。

 

主な授業の進め方は以下の通りです。

 

 構文力チェック (どの程度構文力があるか演習前に確認)
 構文のポイントを解説 (講義で理解を深める)
 定着のための演習 英→日 (聴き取るための構文力を強化)
 定着のための演習 日→英(話すための構文力を強化)

 

モチベーションが上がる授業でおなじみの榊原奈津子先生がクラスを担当。講師がプロ通訳者になるまでに行ってきた様々な学習法から、これはおすすめ!といった勉強法をご紹介します。

 

通訳訓練を始めたが伸び悩みを感じている方に、ぜひ今すぐにでもご受講いただきたいクラスです。

 

 

------------------------------------------------------------------- 

四葉のクローバー​​短期コース【2019サマー】

 「通訳力に効く!構文力強化」 

[東京校] 9/28(土)14:00〜17:00(全1回)

 

短期コース【2019サマー】では、入学金・レベルチェックテストは不要です。
受講特典あり!
クラスの詳細、お申し込みはこちらから:

https://www.issnet.co.jp/courses/e_i_short.html#feature18

------------------------------------------------------------------- 

<関連記事>
クラスを担当する榊原先生のブログ掲載情報もご参考にどうぞ。

丸講師紹介: 榊原奈津子先生

-------------------------------------------------------------------

 

| 【英語通訳コース】 | 10:00 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

リンク

モバイル
qrcode