通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< ISSインスティテュート創立50周年記念「ISS講師からの応援メッセージ」 第25回: 藤岡みどり先生(英語通訳者養成コース) | main | 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 101回 「木」に関連する英語表現 >>
授業体験レポート:2017秋【中国語編】第1回 「昔は物を思はざりけり」

 

スクールブログで人気の連載、レギュラーコースの授業ルポ。この秋、13シーズンめを迎えます!

2017年秋期では、英語通訳クラスと中国語翻訳クラスから、それぞれレポートしていただきます。今学期の終わりまで、どうぞお付き合いください!

ISSの教室では実際にどのような授業が行われているのでしょうか?

毎週金曜更新、英語・中国語を交互にお届けします。それでは、中国語の授業ルポ第1回をお楽しみください。

----------------------------------------------------------------------------

 

皆さま、こんにちは。今学期、中国語翻訳者養成コース本科2についてご紹介させていただくことになりました、受講生のQと申します。

 

2017年春学期に本科1に入学したものの、日中翻訳も中日翻訳も学んだことがなく、授業についていけるのか、当初は本当に不安でした。

 

幸い、分かりやすい授業と、優秀なクラスメイトの皆さんのバラエティに富んだ訳例に触れたおかげで、独りで学ぶよりずっと効果的に表現の引き出しを増やすことができたと思います。

 

----------------

 

という訳で、満を持して秋学期に臨んだ……はずだったのですが、何と第1回目から仕事の関係で大幅に遅刻してしまい、教室に着いたらすでに授業が半分終わっていました(汗)。

 

ありがたいことに翻訳コースにはインターネットクラスが併設されていて、授業の動画が翌日には専用ページにアップされます。通学クラスでも利用できるので、復習を兼ねて視聴してみました。

 

第1回目日本語ネイティブの先生ご担当の中日翻訳の授業で、前半は本科2のテーマ、「仕事としての翻訳とは?」を中心としたお話でした。本科1までは中国語が正しく読み取れればよかったのですが、本科2では仕事だと思って課題をする。つまり、辞書の訳語を写すのではなく、発注者の求めている翻訳文を作成しなければならないのです。

 

仕事の「前」「中」「後」の仕事という、プロとして稼働するための準備やアフターケアなどの具体的なお話もとても参考になりました。ちなみに皆さま、仕事としての翻訳で一番大切なことは何か、ご存じでしょうか。

 

先生によれば、答えは納期

 

納期を守るためには自分の翻訳スピードを把握する必要があります。授業後半では実際に課題文(今回はパーティーでの挨拶)に取り組みましたが、パッと見て30分でどこまで訳せるか把握するのがすでに一苦労でした。

 

他クラスでも挨拶文は練習すると思いますが、翻訳コースの本科2らしい訳文とはどんなものか、次回の授業が楽しみです。

 

----------------

 

次の週は日中翻訳の授業で、担当は中国語ネイティブの先生です。先生のご著書を読むと、いかにも賢そうな生徒さんとのやりとりで構成されていて、こんな高度な質問に即答できる生徒さんはスゴイなぁと思った記憶がありますが……まさか自分が生徒になる日が来ようとは。

 

超ビビッて教室に入ると、予想通り先生はピンポンのコーチよろしく質問を繰り出してきます。しかも今期の本科2は、通学生が中国語ネイティブ1人、日本語ネイティブ2人という少人数クラス。よけきれません!

 

初回は、短文の穴埋めをする「だけ」にもかかわらず、折り返しの休憩時間ですでにヘトヘトでした。

 

本科2ともなれば先生の解説を拝聴するのではなく、事象に当てはまる語を的確に選び、なぜその語を選ぶか自分で説明できなければ、“劣等勤労者”(って何?と先生に聞かれて咄嗟に訳が出てきませんでしたが、「負け組のガリ勉」くらいの意味でしょうか)の仲間入りです。

 

勤劳”ですらない私の差し当たっての目標は、授業中に「あ〜」「う〜」以外の発言をすることです。って中国語で何て言うんでしょうか。つい考えてしまう秋の夕暮れです……。

 

| 授業ルポ | 09:00 |

☆好評連載中!
『柴原先生のワンランクアップの英語表現』
banner_shibahara.jpg

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

リンク

モバイル
qrcode