通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< ISSインスティテュート創立50周年記念「ISS講師からの応援メッセージ」 第22回: 豊田実紗先生(英語翻訳者養成コース) | main | 英語翻訳コース特別セミナーレポート「プロ翻訳者になるための勉強法」 >>
中国語通訳コース特別セミナーレポート「短期記憶力増強法〜リプロダクション」

 

9月9日、多くの方にご参加いただき「短期記憶力増強法〜リプロダクション」というテーマでセミナーを開催しました。
講師は現役通訳者で、中国語通訳者養成コース通訳科1クラス担当でもある徳久圭先生です。


以下はセミナーの概要です。


------------------------------------------------------------------

 

まず最初に、「リプロダクションとはどのような訓練なのか」という説明から始まりました。

 

● 逐次通訳の基礎訓練として、短期記憶保持能力を身につけるために行われる。
● 音声を聞き、そのまま同じ内容を同じ言語で繰り返して発話する。この時メモはとらない。
● 最初は単語レベルに短く区切って行い、徐々に長さを伸ばしていく。
● 外国語のリプロダクションは難しいので、スクリプトがある場合は練習の前に読んでおいて、話の内容を理解してから取り掛かるとやりやすい。

 

聞いた音を正確に再現するリプロダクションの効用として次の項目が挙げられました。

 

● リプロダクションは日中両言語の語学力向上に効果のある訓練でもある。
● 語彙力、文法力がつく
● 集中力、分析力、予測力がつく
● 様々な教材を使うことによって、一般知識、専門知識、雑学も身につく

 

これらを踏まえ、実際に参加者の皆さんにリプロダクションを体験していただきました。
教材は東京ディズニーランドに関する中国語の説明です。
全員ヘッドセットを付け、最初は音声を2秒程度に短く切って流し、練習していきます。
開園年月日、延べ来場人数などの数字も出てきます。
徐々に区切る間隔が長くなり、5-6秒になってくると全て記憶しきれない人も出てきますが、だんだん慣れてくることにより、またペースを取り戻し発話できる人が増えてきました。
4分弱で1回目の練習が終わりました。

 

 

17秋中通セミナー(徳久先生).jpg


 

今度はルームスピーカーから教材の音声を区切りながら流して、内容を確認しつつ2度目の練習を行います。
2回目なので、みなさんも慣れてきた感じでリプロダクションされていました。
「聞いた音をイメージとして記憶してそれを思い浮かべながら再現する」という、先生からのアドバイスがありました。


「ディズニーランドでは大部分の時間を移動や列に並ぶことに費やす」という一文がありました。ディズニーランドのアトラクションは常に混んでいるという雑学が必要なことと、そのイメージを頭に思い浮かべれば、確かに記憶しやすいとも思いました。

 

最後に練習をスムーズに行うための、便利なアプリケーションの紹介がありました。
[audacity][LinguaMate]で、どちらも音声を少し戻って聞いたり、繰り返し聞いたりする機能がついています。
リプロダクションの他、リスニング練習にも使える便利な語学用アプリケーションです。
ご興味のある方は検索してみてください。

 

------------------------------------------------------------------

 

セミナーにご参加いただき、ありがとうございました。
次回もご期待ください!

 

------------------------------------------------------------------

 

四葉のクローバー2017年[秋期]10月開講コースの詳細情報・お申込みはこちら

・中国語通訳者養成コースの詳細はこちら
・無料体験レッスンの日程・お申込みはこちら
・レベルチェックテストのお申込みはこちら

 

------------------------------------------------------------------

 

| イベントアルバム | 13:16 |

☆好評連載中!
『柴原先生のワンランクアップの英語表現』
banner_shibahara.jpg

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

リンク

モバイル
qrcode