通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 中国語通訳コース特別セミナーレポート「短期記憶力増強法〜リプロダクション」 | main | 英語翻訳コース特別セミナーレポート「新たなニーズへの対応が、お仕事への近道!映像字幕翻訳者をめざす!」 >>
英語翻訳コース特別セミナーレポート「プロ翻訳者になるための勉強法」

 

9月7日(木)、東京校にて特別セミナー「プロ翻訳者になるための勉強法」を開催しました。
講師は、社内通翻訳者として活躍されている西山耕司先生です。英語翻訳者養成コース「総合翻訳科・本科」および「ビジネス英訳科・本科」クラスで日⇒英訳の授業を担当されています。

 

西山先生が通訳・翻訳の道を目指された経緯のご紹介に始まり、翻訳者になるために必要なスキルとその勉強方法、モチベーション維持の秘訣についてお話しいただきました。


さらに、通訳・翻訳両方の訓練を行う相乗効果についてのお話もありました。スピードが求められる通訳訓練は翻訳のスピードアップに役立ち、緻密さ・正確さが求められる翻訳訓練は通訳の訳出スキルアップにつながるそうです。通訳・翻訳の両方を経験された西山先生ならではのアドバイスだと思います。

 

 

17秋英翻セミナー?.JPG

 

 

丸翻訳者に必要なスキルとその勉強法


ボキャブラリービルディング
単語集やフレーズ集など、暗記したい参考書の全体を7つのパートに分け、月曜から日曜まで1パートずつ取り組み、1週間かけて1冊全体を読み通す。
● 毎日わからなかった単語・フレーズにチェック「✔」をつける。2週目以降も同じように繰り返し、覚えられない、または忘れてしまった場合は「✔✔✔」とチェックを増やす。
● どうしても覚えられない単語・フレーズだけをポストイットやノートに書き出し、オリジナルの単語帳をつくり、それを常に持ち歩いて、電車の中や信号待ちなどの隙間時間に見る。

 

多読
 新聞や雑誌、小説、何でもいいので英語の文章をたくさん読んで、覚えた語彙を記憶に定着させる。自分の好きなジャンルで、面白くて楽しく読める本を見つける。
 ボキャブラリーが増えることで読むことが苦じゃなくなり、多読が楽しくなる、良い循環に入る。
 新聞記事を使って毎日サイトトランスレーション(※)をするのもおすすめ。特に、英字新聞の経済・時事欄はビジネス英語の自然な表現を学ぶのに最適。
※サイトトランスレーション(Sight Translation):原稿の文章を、一文最後まで読んでから訳すのではなく、文章を速読しながら意味のかたまり毎に短く切って、頭から訳していく訓練です。

 

英文法
 英文法書「マーフィーのケンブリッジ英文法-中級編」は英語初心者から上級者まで幅広くおすすめ。この本の例文を、リテンション(※)を使って書き起こすトレーニングが効果的。
 一字一句書き写すのではなく、例文を一瞬パッと見てすぐに隠して、記憶を頼りに例文を書き起こす。
 元の例文と見比べて、どこが間違っているかチェック。冠詞が抜けていたり、単数形や複数形のミスがあったり、自分の文法の弱点に気づくことができる。
 この方法で1冊丸ごと例文を書き起こすと、文法とリテンションが強化できる。
 その他、英文法の理解の助けとして、マーク・ピーターセン日本人の英語シリーズもおすすめ。前置詞と冠詞の理解が深まる。
※リテンション:短期記憶保持能力。見た・聞いた情報を短期的に記憶することです。

 

人に教える
 人に教えることによって、基本に立ち返ることができ、自分の理解が深まる。自分のお子さんや親戚、あるいは同僚など、英語を教える機会があったら積極的に活用すべき。

 

 

丸モチベーションの保ち方


「実力はずっと右肩上がりに伸びるものではありません。どれだけ頑張っても全然成果が感じられない伸び悩みの時期があります。そうしたときに諦めて脱落してしまう方が多いのですが、絶対に諦めてはいけません。ある日突然、ブレークスルーを必ず経験するからです。そうすると一気にボンと実力が上がります。しかし、また伸び悩みの時期に入ります。そのサイクルの繰り返しです。そういうものだと理解して、伸び悩む時期に、ブレークスルーを信じて続けることが大事です。」

 

丸スクールに通うメリット


「スクールは、独学で高めたスキルを先生とクラスメイトの前でお披露目する場です。プロからフィードバックを受けて、自分の学習法の方向性を確認し、微調整をしていくことができます。自身の強化すべきポイントがわかるので、効率よくスキルアップできます。」

 

 

17秋英翻セミナー?.JPG

 


丸頑張る皆様へ励ましのメッセージ


最後に、西山先生から皆様への熱いメッセージをいただきました。

 

「点と点がつながる日を信じて、一生懸命勉強してください。何を最優先すべきか自分に問いかけ、それ以外は全部二の次にして打ち込んでください。応援しています。」

 

今回のセミナーでは、具体的な英語の勉強法をご紹介いただいたので、ぜひ参考にしていただければと思います。西山先生のお話にもありましたが、「やることがわかったら、後は量をこなすだけ」です。頑張ってください。

 

アイ・エス・エス・インスティテュートでは、今後もモチベーションアップにつながるようなセミナーを企画し、情報発信いたします。

 

------------------------------------------------------------------

 

四葉のクローバー2017年[秋期]10月開講コースの詳細情報・お申込みはこちら

・英語翻訳者養成コースの詳細はこちら
・無料体験レッスンの日程・お申込みはこちら
・レベルチェックテストのお申込みはこちら

 

------------------------------------------------------------------

 

| イベントアルバム | 13:26 |

☆好評連載中!
『柴原先生のワンランクアップの英語表現』
banner_shibahara.jpg

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

リンク

モバイル
qrcode