通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 講師紹介: 貝塚峰子先生(英語通訳者養成コース) | main | 「翻訳・通訳のトビラ」 第2回:修了生インタビュー >>
『中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)』 第24回 「ビジネス中国語の口語ァ 宗ヽ擇靴澆覆ら、身につけましょう」

 

ネイティブがよく使う自然な中国語表現を毎月テーマ毎にご紹介する「中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)」。中国語ビジネスコミュニケーションコースご担当の張意意先生が執筆します。

すぐに使えるフレーズがたくさん詰まっていますので、みなさまのお役に立つこと間違いなしです。

 今回は、「ビジネス中国語の口語 ― 楽しみながら、身につけましょう」です。

どうぞお楽しみください。

-------------------------------------------------------------------

 

ビジネス中国語はビジネスの場面で使われる中国語です。つまり基礎中国語に更に磨きをかけ、正式な言い方や、中国式思考を身につけ、そして自分がかかわるビジネス分野の専門用語を熟知することによって、「如鱼得水(水に入った魚のように)」、自由自在にコミュニケーションを取ることです。

 

言葉は語彙と文型からなっているので、どれだけ単語と文型を覚えているかが勝負ですが、実際どのようにして覚えるのかは外国語を勉強する人であれば、誰でも悩むことがあるでしょう。

 

子曰:“知之者不如好之者,好之者不如乐之者。” (知るより好き、好きより楽しむことだと孔子は言う。)

 

興味を持つことで探求したくなる、好きで上手になる、楽しむことで長く続けられると言えるかもしれません。中国語を上手に話すためには、絵画、音楽、自然を楽しむのと同じように、言葉の感動、訴え、喜び、悲しみ、エネルギーを体で感じ、頭で理解するだけではなく、自分の思考の一部として育てていくことも大事です。

 

いろいろな角度から中国語の美しさ、楽しさを探って、自分にとって一番の感動を見出せば、覚える苦労も、楽しくなるに違いありません。

 

中国語は母音が多く、響きがよくて、抑揚もあり、変化に富んだリズミカルな言葉です。

 

唐詩宋詞のような古代の唄や文章はもちろんの事、現代文の記述文や論文でも短く、簡潔で、「上口(読みやすい)」な文がよい文とされています。紙面が限られているので、たくさんの例文を挙げることはできませんが、次のような小学校の教科書にも出てくる名文は、中国人のだれでも読んだことがあります。みなさんも共感できるか、一緒に読んでみてはいかがでしょうか。ネットではプロの朗読も楽しめます。

 

《题西林壁》 【宋】苏轼
横看成岭侧成峰, 远近高低各不同。 不识庐山真面目, 只缘身在此山中。
(山々は姿も、高さもそれぞれ違って見える。廬山の本当の姿を知らないのは、この山にいるからだ)

 

また、中国語には歴史を感じる奥深い言葉が数えきれないほどあります。ストーリーを楽しみながら、歴史物語が由来の四字熟語を覚えるのもいいでしょう。その中には、日本人にも馴染み深いものがたくさんあります。

 

三顾茅庐(三顧の礼:三国時代、劉備が諸葛孔明に自分の軍師になってもらう話)

 

望梅止渴(梅林を見て喉の渇きを止める:同じく三国時代の魏国の曹操にまつわる話)
などなど。

 

さらに、孔子、孟子、老子などの思想家の哲学も味わい深いものです。

 

このように、中国語を哲学、政治、歴史、文学、ないし自然科学など広く多分野にわたって楽しむことができるので、ご自分にあうジャンルがきっとあると思います。

 

蓄積が多ければ多いほど選択肢も多くなりますので、比べながら「分寸(度合)」や「格調(品格)」を吟味し、瞬時に自分の思いにぴったりした表現を選んだり、相手の考えを理解し、気持ちを掴めるよう、細かい違いとニュアンスを察知したりして、交流を深めることがビジネス中国語の目標とも言えますね。


次回からは5回に分けて、中国人のユーモアをご紹介したいと思いますので、ご期待ください。

 

 

マル今月の中国語新語

「手办」フィギュア。人物・動物・キャラクターなどの形をうつした人形の事を指す。

 

■例文:

我的爱好是收集手办(趣味はフィギュアの収集です。)

 

-------------------------------------------------------------------

張 意意
ビジネスコンサルタント。中国北京外国語学院卒業。証券会社を経て、現在、コンサルティング会社経営。現役通訳者、翻訳者としても活躍中。アイ・エス・エス・インスティテュートでは「ビジネスコミュニケーションコース」を担当。企業や業界のニーズを把握し、中日間のコミュニケーションを円滑に進めるために、受講生に最新の動向を紹介しながら、指導を行っている。

-------------------------------------------------------------------

丸中国語ビジネスコミュニケーションコース丸


 四葉のクローバーコース案内動画はこちら
 ※張意意先生からのメッセージもありますので、ぜひご覧ください!

 

-------------------------------------------------------------------

 

| 「中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)」 | 14:09 |

☆好評連載中!
『柴原先生のワンランクアップの英語表現』
banner_shibahara.jpg

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

リンク

モバイル
qrcode