通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< ISSライブラリー 〜講師が贈る今月の一冊〜 第12回 : 豊田実紗先生(英語翻訳) | main | 講師紹介: 豊田実紗先生(英語翻訳者養成コース) >>
継続受講の方限定セミナー「限られた時間を有効活用し、最大限の効果を出す! 〜今日から実践できるタイムマネジメント〜」


東京校において3月29日(水)、2016秋期レギュラーコースを受講され、2017春期レギュラーコースへ継続受講のお申込みをされた在校生の方を対象に、「限られた時間を有効活用し、最大限の効果を出す!〜今日から実践できるタイムマネジメント〜」と題し、特別セミナーを開催しました。

 

セミナーの講師は、英語通訳者養成コースの柴原早苗先生
柴原先生は、お二人のお子さんを育てながら、プロ通訳者・ISS講師としてのみならず、執筆や講演など数多くのお仕事で活躍され、大変お忙しい毎日を過ごしていらっしゃいますが、そういった中で、どのように時間を捻出し、限られた時間をどう効率的に活用しているのか、ご自身の日々の生活における具体的な事例を挙げてお話いただきました。
 
継続セミナー.jpg

 

今回のセミナーでは事前に参加者の方々から「当日、講師に聞いてみたい質問」をいただいており、その内容を踏まえた構成とし、「タイムマネジメント」のみならず、「モチベーションの維持・向上」「勉強法」などについてもお話いただきました。


事前にいただいた質問内容を基にした今回の講演のポイントは3つ。


1) 精神面の悩みをどう克服するか?
=モチベーションの維持・向上の方法や、やる気が出ない時はどうすれば良いか
2) 学習面での悩みをどう解決するか?
=どのような勉強を、具体的にどのように進めれば良いか
3) 環境面をどう整えるか?
=どのように時間を確保したり、どのようなグッズをそろえたら良いか

 

各項目に関して、先生からは以下のようなアドバイスがありました。

 

1) モチベーションの維持・向上のために、できる事は?


・「そもそも自分は、なぜ通訳・翻訳の勉強をするのか?」⇒「私は〇〇がしたい。だから通訳・翻訳の勉強をしている」という原点に立ち返る
・自分で自分を励ます方法を作っておく
・元気のオーラをもらう(そういう人をみつけておく)
・憧れの人(尊敬する人)を持つ
・実はこれが一番大事で、しっかり睡眠時間を確保すること!

 

2) 自分の「好きな勉強」「嫌いな勉強」は何か?好きな勉強は興味を持ってどんどん進められるが、「嫌いな勉強(分野・作業)」をどうすればよいか?


(ちなみに、柴原先生は「(紙の辞書含め)辞書を引くのが何より好き!」との事です)
・その嫌いな勉強(分野・作業)の不足をカバーして余りあるような他の分野の勉強や作業をしっかり行う
・それ(=自分が不得意・嫌いな分野)が「得意な人」「好きな人」と接して、少しでも苦手意識をなくす
・レベルを下げて勉強する。つまり、スラスラできると自己達成感を得られるので、易しめのものや基礎的なものを題材にして、学習に取り掛かる。
・少しずつ取り組むこと、そして嫌々やらないこと。

 

3) スキマ時間をどう見つけるか?


・信号待ちの時間、レンジで「温め」している時間も活用
・マスクをすれば、電車の中や街中でもシャドウイングが可能
・スキマ時間ではないが、時にはお金を払ってプロに作業を依頼し、その空いた時間で、自分が本来やるべき事(勉強や仕事)をする


ちなみに柴原先生は3年前に(自身のブログを除いて)SNSを止めたそうです。そのおかげで時間を確保できるようになったとの事ですが、現代社会において、ソーシャルメディアとどう向き合うか、それにどれだけの時間をかけるか等、上手く共存する方法を見つけることが大切とも話されていました。

 

最後に、先生ご自身がいつも感じていて、「これだけは伝えたい」という一言(二言)がありました。


「何をどう工夫するかは人それぞれだが、最小限の努力で最大限の効果は絶対得られない!」
「すべてが『学び』になると信じ、日常生活のあらゆるものを自分自身の『学び』につなげていく」

 

セミナー終盤では質疑応答の時間を設けましたが、その際に会場から出た質問と柴原先生の回答を、いくつかご紹介します。

 

--------------

 

Q:英語の勉強をしていてスランプに陥ったことはありましたか?その時、どう克服しましたか?
A:誰かの役に立つ(と実感できる)行為をすること、そして「英語を勉強していて良かった!」と思える瞬間を作る/見つけることで、気持ちを切り替えました。

 

--------------

 

Q:弱点補強のため、いろいろな勉強をしないといけないのですが、なかなか継続して全てできません。どうすれば良いですか?
A:完璧をめざさない事です。

 

--------------

 

Q:(紙の辞書を含め)辞書はどのようなものを選ぶ/購入すべきでしょうか?
A:書店等で、「同じ単語」をいくつか異なる辞書で索引し、見比べて「例文」が多いものを選ぶと良いですね。

 

--------------

 

参加者の皆様からは「具体的なお話が聞けてとても参考になった」「時間管理に関するお話だけでなく、気持ちの切り替え方などの精神面のお話も聞けて良かった」「新学期のスタートを前にモチベーションが上がった」などのコメントと共に、「先生から元気をもらいました!」というお声を多数いただきました。

 

受講生の皆さんがこれからプロをめざす上で、そしてプロになってからも大いに役立つヒントが満載のセミナーだった思います。
ご参加いただいた継続受講生の皆様、ありがとうございました。4月から開講の新学期も、気持ちを新たにご自身の目標に向かって、一歩ずつ着実に学習を進めていただければと思います。

 

 

| イベントアルバム | 09:00 |

☆好評連載中!
『柴原先生のワンランクアップの英語表現』
banner_shibahara.jpg

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

リンク

モバイル
qrcode