通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 授業体験レポート:2016秋【中国語編】第7回 「反省点を次の課題へ生かそう」 | main | ISSインスティテュート創立50周年記念「ISS講師からの応援メッセージ」第8回:顧蘭亭先生(中国語通訳者養成コース) >>
ISSライブラリー 〜講師が贈る今月の一冊〜 第10回 : 峰尾香里先生(英語通訳)

library.png


先生方のおすすめする本が集まったISSライブラリー
プロの通訳者・翻訳者として活躍されているISS講師に、「人生のターニングポイントとなった本」「通訳者・翻訳者として必要な知識を身につけるために一度は読んでほしい本」「癒しや気分転換になる本」「通訳・翻訳・語学力強化のために役立つ参考書」等を、エピソードを交えてご紹介いただきます。
-------------------------------------------------------------------
今月の一冊は、英語通訳者養成コース講師、峰尾香里先生ご紹介の「20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義」(ティナ・シーリグ著、CCCメディアハウス、2010年)です。

-------------------------------------------------------------------

 

“「不可能に思えること」に挑戦するうえで、いちばん邪魔になるのは、周りから「できるわけがない」と端から決めてかかられることです。” (第3章 「ビキニを着るか、さもなくば死か」より)

 

“周りから”を”自分自身で”に置き換えるとしっくりくる人も多いのではないでしょうか?
「自分にはできるわけがない。」と決めつけて、成長のチャンスをみすみす逃してしまった!
誰もが一度や二度は経験することと思います。

 

著者のティナ・シーリグ氏はスタンフォード大学医学部で神経科学の博士号を取得。その後同大学の工学部に属するSTVP (スタンフォード・テクノロジー・ベンチャーズ・プログラム) の責任者として、科学者や技術者に企業家精神とイノベーションを教えています。 そして自らの役目を、”企業家精神を発揮するために必要なツールを授けること”、としています。

 

神経科学を専門とする著者が、なぜ畑違いとも言える企業家精神を教えているのか?
本を手にして著者の略歴を読み、まず疑問に思いました。

 

本著を読み進めていくと、「T字型の人材」というキー・ワードが目に留まります。
著者が指導するSTVPが目指しているのは、「T字型の人材」、つまり”専門分野で深い知識を持ち、同時に企業家精神に関する幅広い知識をもって異分野の人とも積極的に連携して、アイデアを実現できる人”の育成とあります。

 

確かにどんなに素晴らしいアイデアであっても、実現できなければ単なるアイデアで終わってしまいます。チームづくり、交渉、意思決定に至るプロセスを通じて、異分野の人も巻き込みながら、一つ一つ問題を解決していく術を知っていれば、実現の可能性は格段に上がるでしょう。

 

この本に書かれている言葉の一つ一つがなぜこんなにも胸に響いてくるのか、説得力があるのか。彼女自身が垣根を越えて異分野にも果敢に挑戦し、失敗からも学び、世界は可能性に満ちている、と身をもって教えてくれているからにほかなりません。

 

ところで、本書の私にとっての一番の魅力は、豊富な事例です。著者が出した数々の課題をスタンフォード大学の学生たちが独創的な方法で解決していきます。また科学者、企業家、学者など様々な道を歩んできた人々の失敗も包み隠さず語られています。

 

一般的な啓発本を購入した際は、関心のある事例だけを読んで、なかなか読了とはいかなかったのですが、本書に関しては全ての頁を一気に読み上げました。

 

そしてこの本に大いに触発されて、大学院で経営学を学ぶ機会を得ることになりました。グループワークやチームプロジェクトで教授の出す難題にメンバーと共にわくわくしながらチャレンジしたことは良い思い出です。そこでは失敗もしましたが、本書を読んでいたおかげで、経験を積むことで問題は解決できるという気概を持ち続けることができました。

 

最後に、この本のタイトルですが、巻末に、”20歳を迎えるご子息ジョシュ君への誕生日プレゼント”とあります。出版される4年前に、16歳のジョシュ君に向けて、社会に出た時に知っていればよかったと思うことをリストにすることを思いついたそうです。

ジョシュ君は今26歳でしょうか?どんな大人に成長しているのかとても楽しみです。

 

-------------------------------------------------------------------

峰尾 香里(みねお かおり)

フリーランス会議通訳者。University of Massachusetts Lowell MBA取得。

旅行会社、厚労省の外郭団体での勤務を経て、英語通訳者として稼動開始。金融、IT、製薬の3分野で社内通翻訳者として勤務後、現在は経営戦略、国際会計基準、財務関連を中心に様々な分野で通訳者として活躍中。

-------------------------------------------------------------------

 

| ISSライブラリー 〜講師が贈る今月の一冊〜 | 09:00 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

リンク

モバイル
qrcode