通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< ISS人材サービスサイトでの通訳コラム/翻訳コラム [2017年]第4回を掲載 | main | ISSインスティテュート創立50周年記念「ISS講師からの応援メッセージ」 第12回: 柴原智幸先生(英語通訳者養成コース) >>
「NIPPON 〜到来した平成の開国〜」 第16回 NIPPON 「ランゲージワンの人財」

 

読者の皆様、お久しぶりです。
ランゲージワン株式会社で多言語コンタクトセンターの企画営業をしている高橋恵介です。

ここ数ヶ月、連載のお休みをいただいていましたが、新年度が始まるにあたり、昨年度一年間を振り返りつつ、最近のランゲージワンの活動をご紹介したいと思います。

------------------------------------------------------------------------

 

【ランゲージワンの人財】
世の中、人材を「人財」と表現することを見かけるようになって久しくなります。ランゲージワン(LG1)が進めている多言語コンタクトセンター事業は、まさに「人財」によって躍動しています。今回は、その「人財」の一人を通して昨年度のLG1の動きを紹介したいと思います。


2016年度、LG1では、5月にセサル・カブレホスさんが、運用部(通訳コールセンター)から営業部に異動しました。


セサルさんはペルー出身で、11歳で日本に来て、通訳の仕事を25年以上経験しており、これまで営業は未経験でしたが、日本語が流暢で、コミュニケーション能力が高く、LG1の電話通訳サービスの普及拡大を、外国人ならではの視点で強力に推し進めています。

 

【外国人向け法律相談】
例えば、外国人の法律相談の窓口である法テラス(日本司法支援センター)の多言語サービスの広報活動。彼は、営業部に移るとすぐ、ブラジル総領事館、ペルー総領事館、チリ大使館、ウルグアイ大使館、ベトナム大使館、フィリピン大使館などの総領事や大使館幹部の方とのアポイントメントを次々と取り付け、法テラスの担当職員と共に訪問し、同センターが提供するサービスについて説明するとともに利用の案内を進めてきました。その様子は法テラスのWEBサイトにも掲載されています。これらの広報活動により、大使館や総領事館の館員は法テラスの提供する多言語サービスについて理解を深めるとともに、法テラスの多言語サービスの利用者が目に見えて増加しています。

 

この法テラスにおける業務が評価されて、2017年度、法務省人権擁護局、東京三弁護士会から業務の委託を受けることになりました。(後述の通り)

 

【119番電話通訳の展開】
現在LG1では全国50所以上の消防局に電話通訳を提供しています。セサルさんは、2012年にさいたま市消防局で、全国に先駆けて始まった119番電話通訳サービスの立ち上げを担当して以来、「日本では119番通報すると救急車が6分程度で到着して、救急救命活動をしてくれる、しかも無料。これはペルーでは考えられないサービスだ」と感激し、全国の消防で利用してもらえるようにと活動してきました。その甲斐あって、2017年4月からは、総務省消防庁が地方交付税の措置をして、全国の消防で119番電話通訳サービスを利用できるようになりました。あの頃私たちが描いていたビジョンが今、実現しつつあるのです。


【電話医療通訳】
また、彼は小学生の時から、ペルー人コミュニティーの中で、通訳者として数多く病院での同行通訳を経験してきました。少年セサル君が妊婦さんに同行してドクターとの間の通訳をするなんてこともあったそうです。


この経験を生かして、彼は医療通訳担当として、多言語コールセンター内で電話医療通訳研修を進めてきました。LG1が提供している国立国際医療研究センターにおける電話医療通訳サービスが高い評価を受けている背景にはセサルさんの熱い想いと経験があるのです。


先日厚生労働省医政局を訪問した際、医師資格を持つ専門職の方が、セサルさんの知見を評価し、新年度医療通訳育成カリキュラムの更新に関わって欲しいと仰っていました。わかる人にはわかるのです。


電話医療通訳分野については、2017年度に厚労省で予算措置されたことにより、電話医療通訳者育成や医療機関における医療通訳導入が促進されるようになりました。LG1にとっても電話医療通訳は来年度の最重要分野となっています。最近、東京都福祉保健局から、都内全医療機関を対象とした「医療機関向け救急通訳サービス」を受託しました。


【新年度の新規業務】
LG1では、2017年度の公共系の新規業務として、「厚生労働省ハローワーク多言語コンタクトセンター(3月6日から開始)」、「総務省外国人住民基本台帳コールセンター」、「法務省人権擁護局外国語人権相談ホットライン」、「東京三弁護士会多言語予約受付センター」、「東京都消費生活総合センター多言語通訳」等の業務が始まります。


外国人としての視点と問題意識を持つセサルさんは、一昨年度までは通訳オペレーターとしてその能力を発揮していましたが、昨年度以降は「戦略的」スーパー営業マンとして、活躍していますし、さらに大活躍することでしょう!


「人財」揃いのLG1の躍進に乞うご期待。

 

------------------------------------------------------------------


 

| NIPPON 〜到来した平成の開国〜 | 09:26 |

☆好評連載中!
『柴原先生のワンランクアップの英語表現』
banner_shibahara.jpg

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

リンク

モバイル
qrcode