通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< ISS派遣サイトでのプロ通訳者・翻訳者コラム[2016年]第8回を掲載 | main | 授業体験レポート:2016春【中国語編】第7回 「語学力をレベルアップさせるには?」 >>
『中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)』 第11回 「『ビジネス中国語』ここが違います」

ネイティブがよく使う自然な中国語表現を毎月テーマ毎にご紹介する「中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)」。中国語ビジネスコミュニケーションコースご担当の張意意先生が執筆します。すぐに使えるフレーズがたくさん詰まっていますので、みなさまのお役に立つこと間違いなしです。今回は、「『ビジネス中国語』ここが違います」です。どうぞお楽しみください。
-------------------------------------------------------------------

 

日常生活を送るために使う中国語は日常中国語、ビジネスで使う中国語はビジネス中国語、ともに同じ中国語であることには間違いありません。ですが、異なるシーンで使う際には、言い回し、フレーズ、スタイル、表現形式、トーンが違ってきます。

 

簡単に言えば、それぞれのシーンに合った語彙や文型を組み合わせ、的確に対応することから、日常中国語とビジネス中国語に分類されているので、はっきりした学習目的を持てば、より効果が得られ、上達が早いでしょう。

 

同じ挨拶でも、日常の場合は、

 

吃了吗?(食べましたか。)」

今天天气不错。(いいお天気ですね。)」

 

と軽く交わすのに対し、ビジネスの場合は、

 

最近在忙些什么?(最近、どんなことでお忙しいですか。)」

项目进展得怎么样?(仕事はうまく行っていますか。)」

你觉得最近的股市怎么样?(近頃のマーケットをどのように見ていますか。)」

 

などと挨拶と同時に情報交換や関係を築く意図が持たれる場合があります。

 

効率、利益を求めるのはビジネスの基本なので、簡潔、明確、分かりやすく、はっきりとした意思表示が必要であると同時に、共通の利益、つまりウィンウィンの関係に至るために、真心を込めた意思表示で信頼関係を築き、円滑なコミュニケーションをとることも大事です。

 

きちんとした書き言葉を使い、企画書、報告書を書くこと、基本的なビジネス用語でプレゼンテーション資料を作成し、堂々と発表すること、同義語や類語を使い分け、相手の話のニュアンスをより正確に把握し、自分の意志を正確に伝えること。日常中国語と違った角度から、聴く、話す、読む、書く、の中国語能力を磨くことがビジネス中国語のアプローチです。

 

虽然我们不能完全赞同,但您的建议很好。(全面的には賛同できません。が、ご提案は素晴らしいものです。)」

您的建议很好。我个人完全赞成。但还需要总公司的研究批准。(ご提案は素晴らしいです。個人的には賛成です。しかし、本社の検討と許可が必要です。)」

您的建议很好,我们基本上同意,只是在一些细节上,还有一些需要商榷的地方。(ご提案は素晴らしいと思います。基本的には賛成ですが、細かいところについて、更に詰める必要があると思います。)」

 

このように、具体的なシチュエーションに応じ、イエス、ノーのワンパターンでなく、違う側面から複数の言い方で状況説明ができるのも、ビジネス中国語に必要不可欠なスキルです。

 

更に、日本語の考え方を用いて機械的に中国語に置き換えるだけではコミュニケーションに役立つどころか、かえって支障になる場合もあります。中国語で円滑なコミュニケーションを図るには、卓球の連続ラリーのように、相手とディスカッションを続けたり、話の流れをリードできるように、話題を転換したりすることも重要です。そのために、中国語の構文をしっかりと身に付け、そのロジックを理解し、発言力を磨かなければなりません。

 

もちろん、社内と社外、上司と部下、初対面と常連、同じ意見を持つ相手、違う意見を持つ相手に対し、違うレベルの言葉使いで自分の意見をはっきり表明したり、話に「成语、歇后语(熟語や俗語)」などを交えて、話の雰囲気までをコントロールできれば、なおよいでしょう。

 

語学は知識ではなく、能力なので、自ら文章を書き、発言する練習と実践を繰り返すことで上達していくしか道はありません。

ぜひ、教室で一緒に学んでいきましょう。

 

マル今月の中国語新語
「海淘(ハイタォ)」海外で買い物すること。
■例文:

不仅个人海淘盛行,最近中国企业也在世界各地海淘(個人の海外ショッピングが流行っているだけでなく、昨今、中国企業も世界各地で買収を行っています。)

 

-------------------------------------------------------------------
張 意意
証券会社、コンサルティング会社で通訳・翻訳者として活動するとともに、アイ・エス・エス・インスティテュートで「ビジネスコミュニケーションコース」を担当。企業や業界のニーズを把握し、中日間のコミュニケーションを円滑に進めるために、受講生に最新の動向を紹介しながら、指導を行っている。
-------------------------------------------------------------------
丸中国語ビジネスコミュニケーションコース丸


 コース案内動画はこちら
 ※張意意先生からのメッセージもありますので、ぜひご覧ください!

-------------------------------------------------------------------

 

| 「中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)」 | 09:00 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

リンク

モバイル
qrcode