通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 授業体験レポート:2016春【中国語編】第6回 「折り返し点に突入」 | main | 授業体験レポート:2016春【英語編】第5回 「後半戦突入!中間フィードバックをいただいて」 >>
「NIPPON 〜到来した平成の開国〜」 第13回 NIPPON 「2年目のランゲージワン」

読者の皆さん、こんにちは。

ランゲージワン株式会社で多言語コンタクトセンターの企画営業をしている高橋恵介です。

 日本における言語のバリアフリーを目指して、この分野で活動すること約25年。日本に住む外国人の悲喜こもごもを見てまいりました。

 連載第13回目の今回は、「2年目のランゲージワン」についてお話ししてみたいと思います。

------------------------------------------------------------------------

 

先日、東京ビッグサイトで開催された「インバウンドジャパン2016」に行ってきました。連日の大盛況で、日本における観光立国政策の勢いが年を追うごとに増している様子が会場に溢れていました。セミナーで発表されていた各地のDMO(Destination Management/Marketing Organization)の報告には目を見張るものがありました。特に「食の都庄内」を掲げて、山形県庄内地域で八面六臂の活躍をしているイタリアンレストラン「アルケッチャーノ」の奥田政行オーナーシェフの発表には、大感激しました。ご興味のある方は是非こちらのURLをチェックしてください。http://www.alchecciano.com/ 


さて、このコラムの読者の皆さんも日本を訪れる外国人数の増加を、生活の中で実感として感じておられるのではないでしょうか。


電車で同じ車両に外国人がいる風景はもはや日常。明治神宮は平日でも外国人観光客が溢れています。みなさんの周りに、Airbnb(エアービーアンドビー)などの民泊で、外国人に部屋を貸している知り合いがいるかもしれませんね。


2020年のオリンピックイヤーには、インバウンド4000万人を目標とする政府の発表がありましたが、ランゲージワンは、まさにそのビッグチャンスを捉えて昨年4月に設立され、今年2年目を迎えました。


設立2年目の上期最大のトピックスは、日本ATM社との資本提携です。クレジットカードを入れれば、現地通貨が出てくるATMは、ワールドワイドなサービスですが、日本ATM社は、全国のATM機に設置されている受話器を取れば、外国語での問合せに対応出来るサービスを昨年から始めており、その通訳をランゲージワンが受託しています。これが縁で、この度の資本提携の運びとなりました。この分野は、これから拡大が期待されています。


また、4月に発生した熊本地震の際、ランゲージワンは被災外国人向けに無料通訳コールセンターの提供を開始しました。このような非常時の対応のためには、常時の体制が万全でなければなりません。私たちは、消防119番通訳サービスを4年前から提供しています(※第一アドシステム時代から開始)。現在では、NECネッツエスアイと連携して、日本の全消防本部の5%以上から通訳業務を委託されており、その数は年を追うごとに増えています。


近年は、技能実習生などの外国人就労者も増えてきており、労働相談法律相談などのニーズも出てきています。日本司法支援センター(法テラス)の無料相談窓口の外国語対応は、今年で3年目の受託です。日本で法的救済を必要としている外国人には、なくてはならないサービスとなっています。


ランゲージワンの通訳スタッフは、現在約70名。私たちは、日本人が当たり前に受けているサービスを、外国人でも「当たり前」に受けられるよう、外国人住民・旅行者が、その体験によって、日本に住み続けたい、また日本に来たいと感じるようと、24時間365日3交代制シフトで日夜、誇りを持って通訳業務に励んでいます。


昨今の外国人増加の動きについて、多くのメディアで「平成の開国」と表現していますが、その「開国」を支えているランゲージワンの今後の活躍に乞うご期待。

(つづく)

 

| NIPPON 〜到来した平成の開国〜 | 09:00 |

☆好評連載中!
『柴原先生のワンランクアップの英語表現』
banner_shibahara.jpg

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

リンク

モバイル
qrcode