通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 『中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)』 第6回「中国語の単語を効果的に覚えるコツ」 | main | 中国語翻訳コース特別セミナーレポート「プロ翻訳者に求められる訳文とは?翻訳の方向性の見定め方」 >>
英語翻訳コース特別セミナーレポート「正確な読解力がプロへの近道!」

英語翻訳者養成コースの2016年春のイベントは、成田あゆみ先生の特別セミナー「正確な読解力はプロへの近道」からスタートしました!

今回のセミナーは、前半が成田先生による講演、後半に読解演習を行う二部構成。開演時には会場もほぼ満席に。



プロの読解力について
「訳して稼ぐ」プロ翻訳者は、細かいところまで文章を読んでいます。このことを授業で話すと、生徒さんは驚きますが、自分からしてみればそれは当然のことなのです。すべての単語には役割があり、その役割を「言語化」して伝えることができるのがプロだと思っています。

ISSインスティテュートには、英語が得意な方がたくさんいらっしゃいますが、「訳して稼ぐ」には、根拠を持って英文がわかっていなければならないのです。翻訳者としてではないけれども、勤務先で翻訳の仕事を任されている方は、フリーの翻訳者に比べて、書き手や読み手との共通認識が存在するため、読解力の不足を補うことができますが、フリーランスの翻訳者は、上のような共通認識や自分の経験や知識といった付随的な要素を活用できないため、純粋な英語力だけで勝負しているわけです。

難しいことですが、プロとしてお金を稼ぐのなら、純粋な英語力だけで読む方に切り替えた方が良いと私は思います。


「和訳/英訳に役立つ英文読解ゼミ」クラスについて
このクラスのもととなったのは、翻訳コースの講師の仕事とずっと並行してやってきた予備校での構文読解の授業なのですが、これまで、ISSインスティテュートでの「翻訳」の授業と予備校での「構文」の授業に接点はないと考えていました。

長年、翻訳コースで授業をする中で、文法のやり直しが必要と感じられた生徒さんに明確な回答ができていなかったのですが、ふと、予備校での構文の授業のことを思いついたのです。

このクラスは、構文を理解するための簡単な秘訣を教えるのではなく、根本的な理解を促すことを目標としています。根拠をもって英文を理解できるようになりたい方にぜひ受講していただきたいです。


そして読解演習
実際にクラス雰囲気を少しだけ体験していただこうと、先生に課題を2問ご用意いただき、参加された皆さんに、授業と同じように訳出をお願いしました。短い文でしたが、ポイント満載で、先生にじっくりと「言語化(=解説)」していただきました。

続く質疑応答のパートでは、お仕事では構文の「言語化」が、すさまじい速さで「自動化」されているという先生の回答に、皆さんが驚きとともに納得され、同時に、読解力の重要性を強く感じて会場を後にされました。


------------------------------------------------------------------------

 

人気クラス「英文読解ゼミ」の魅力をご紹介!

授業の取り組み方や復習の方法、受講効果をアップさせるポイントをお知らせします。

 

 にじ【12月開講】集中コース 
 和訳/英訳に役立つ英文読解ゼミ 特別解説編
 [東京校] 1/14(日) 10:30〜12:30(全1回
 [インターネット] 1/15〜 2/14 スマートフォン、タブレット端末対応

------------------------------------------------------------------------

 四葉のクローバー【12月開講】集中コース 
 和訳/英訳に役立つ英文読解ゼミ シリーズ3
 [東京校] 1/21・28・2/4(日)10:30〜15:30(休憩1時間・全3回
 [インターネット] 1/22〜 3/4 スマートフォン、タブレット端末対応

 集中コースは入学金・レベルチェックテストは不要です。
 受講特典あり!クラスの詳細、お申込みはこちらから:
 https://www.issnet.co.jp/courses/e_t_concentration.html#feature3

 

------------------------------------------------------------------------

| イベントアルバム | 12:00 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

リンク

モバイル
qrcode