通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< [英語翻訳] OJT体験レポート | main | 英語翻訳コース特別セミナーレポート「正確な読解力がプロへの近道!」 >>
『中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)』 第6回「中国語の単語を効果的に覚えるコツ」

ネイティブがよく使う自然な中国語表現を毎月テーマ毎にご紹介する「中国語表現コラム〜更上一層(更に上へと)」。中国語ビジネスコミュニケーションコースご担当の張意意先生が執筆します。すぐに使えるフレーズがたくさん詰まっていますので、みなさまのお役に立つこと間違いなしです。今回は、「中国語の単語を効果的に覚えるコツ」についてです。どうぞお楽しみください。
-------------------------------------------------------------------

家を建てることに例えたら、語彙はレンガにあたるもので、大きな家を造りたければ、それ相応の量のレンガが必要となります。語彙の量が少ないことで、話したいことが口に出せなかったり、説明が思ったこととかけ離れたりして、困ったことはありませんか。そこで、中国語の特徴に合わせ、中国語の単語を覚える方法についていくつか一緒に考えていきたいと思います。

まず始めに、単語は独立した存在ではなく、文となって初めて表現したい内容やイメージが表れます。文を繰り返し、熟読、暗記することによって、どのような光景が見えるのか、その単語の良悪、軽重、明暗を掴むことが第一歩です。

つまり、単語は文に、文は文章にあるので、文章を熟読、理解しなければ、正確に意味を把握することができません。特に「同义词、近义词(意味の同じ、近い単語)」を覚えるには、文がないと機械的に覚えても結局適切に使えないので、文を丁寧に読んで覚えることが最も大事なことです。また、「反义词(反対語)」も一緒に覚えれば、より効率よく、単語を把握できるでしょう。まさに、「一举两得(一石二鳥)」と言えます。

日本語と中国語はともに漢字が使われ、ラッキーと思われるかもしれませんが、全く同じ意味の場合もあれば、かなり違う場合もありますので、より注意を払わなければなりません。

例えば:
「十分」と「充分」
为了保证健康,必须保持充分的睡眠。(健康のためには十分な睡眠をとる必要があります)」
我十分感谢你对我们的支持和理解。(ご指示とご理解に非常に感謝しております。)」

「人間」と「人類」
让爱情充满人间。(愛に満ちた世の中を作りましょう)」
人类社会在不断地向前发展。(人間社会は常に進歩している)」

「要求」と「需求」
市场要求我们提供更加物美价廉的产品。(常に安くていいものを提供するよう、マーケットに求められている)」
市场尚未饱和需求将会继续。(マーケットは飽和状態にはなっていないので、引き続きニーズがある)

以上のような漢字が同じでも、使い方が違う単語については、たくさんの例文を集め、分類し、比べながら覚えるのが有効です。

次に、中国語はリズミカルな言語なので、そのリズムに乗れば、より早く、楽しく覚えるでしょう。また、構文上の特長として「対仗」の書き方があり、前半の名詞対後半の名詞、動詞対動詞、対となっているので、合理的な記憶に役立つと思います。

例えば、
淅淅潇潇,飘飘荡荡。淅淅潇潇飞落叶,飘飘荡荡卷浮云(風が落ち葉を吹き飛ばし、浮き雲が漂って揺れ動く。)」
淅淅潇潇,飘飘荡荡」4文字ずつ、綺麗に揃え、繰り返しをし、リズムを踏んでいます。そして「淅淅潇潇」は「落叶」を飛ばす風の音、「飘飘荡荡」は「浮云」を漂わせる様子、間に「」と「」の二つの動詞で落ち葉と浮雲の動きを生き生きと表現されています。

このようにリズムと構文の特長を把握し、構造の対比や、動詞、名詞、形容詞それぞれの品詞の役割を識別しながら、感性と理性の両方から単語を覚えれば、覚えた単語も確実に使うことが出来るでしょう。しかも単語を覚えること自身も、積み木やパズルのようなゲーム感覚が味わえます。

最後に、「幽花摆锦,野草铺蓝。(隠れた花が綺麗に咲き、野草が一面青い)」のように、花が草の前に書かれるのが一般的で、「内外」、「上下」、「男女老少」、「時空」、「前後」、「花草」「風雲」のように習慣として先と後の順序が決まっています。このようなルールを判ったうえで中国語を覚えることも大事でしょう。

勿論、時間をかけて繰り返すこと、関連性とつけて、実践すること、など。苦労することも必要ですが、イマジネーションを駆使し、中国語の美しいところ、リズミカルなところ、合理的なところを楽しみながら、効率よく覚えてみてはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------
張 意意
証券会社、コンサルティング会社で通訳・翻訳者として活動するとともに、アイ・エス・エス・インスティテュートで「ビジネスコミュニケーションコース」を担当。企業や業界のニーズを把握し、中日間のコミュニケーションを円滑に進めるために、受講生に最新の動向を紹介しながら、指導を行っている。
-------------------------------------------------------------------

丸中国語ビジネスコミュニケーションコース丸
 コース案内動画はこちら
 ※張意意先生からのメッセージもありますので、ぜひご覧ください!
-------------------------------------------------------------------
 

| 「中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)」 | 10:00 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

リンク

モバイル
qrcode