通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 授業体験レポート:2015秋【英語編】第8回 「期末試験」 | main | ISS派遣サイトでのプロ通訳者・翻訳者コラム[2016年]第3回を掲載 >>
『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 81回 スポーツ関連の用語を用いた表現
アイ・エス・エス・インスティテュート 英語通訳者養成コース講師 柴原早苗
 



放送通訳の仕事で避けて通れないトピックの一つに「スポーツ」があります。かつてBBCで勤めていたころ難儀したのがクリケット。バットとボールがあるので野球と似ているかと思いきや、ルールは複雑で何日間にもわたり試合が行われる競技です。イギリス発祥のクリケットは旧英連邦に普及しており、ワールドカップ大会もあるほど。今でもCNNではクリケットニュースがときどき出てきます。ルールを何度読んでも理解からほど遠い位置にある私にとっては緊張の瞬間でもあります。

今回はスポーツ用語を使ったフレーズを見ていきましょう。

1.It’s not cricket それはフェアではない

Saying bad things about him behind his back is not good. It’s not cricket. (陰で彼の悪口を言うのは良くないよ。それはフェアじゃない。

It’s not cricket は文字通り訳すと「それはクリケットではない」となります。クリケットというスポーツは「ルールを守ること」が大きな柱となっています。ですので It’s not cricket と言うことで「フェアではない」という状況を表します。特にイギリスで用いられる表現です。

ところでみなさんは英英辞典を普段お使いですか?最近は電子辞書に英和・和英・類語・英英辞典など英語関連の辞書でもたくさん搭載されていますよね。英和辞典で単語を引いたらぜひ英英辞典にジャンプして同じ単語も調べておきましょう。cricket をどう英語で説明するかを読んでみると、実にコンパクトにまとまっているのがわかります。私は自宅で『Oxford Advanced Learner’s Dictionary』という学習者向け英英辞典の紙版を愛用しており、同ページの他の語に寄り道しては楽しんでいます。

ちなみに私は幼少期にイギリスに暮らしていたのですが、自宅のすぐ近くに The Cricketers というパブがありました。クリケットの名を冠したパブがイギリスにはあちこちにあったことを懐かしく思い出します。


2.political football 政争の具

Immigration issues became a political football during the election. (選挙の間、移民問題が政争の具となりました。)

political football は「政争の具」という意味です。サッカーのボールはあちこちに蹴られるということから、このような表現が生まれました。初めて誕生したのは19世紀半ばごろのようで、イギリスの『Essex Standard』という新聞に掲載されたとインターネット版 Oxford Dictionaries では説明しています。

ところでイギリスで football と言えば「サッカー」のことですが、アメリカでは「アメリカン・フットボール」を指します。CNNのニュースではサッカーもアメフトも取り上げられますので、どちらの訳語なのかは映像や文脈で判断することになります。クリケットニュース同様、緊張の場面です。


3.get one’s skates on 急ぐ

I shouldn’t be late for work.  I have to get my skates on! (仕事に遅刻してはいけないわ。急がないと!)

get one’s skates on は「急ぐ」という意味で、主にイギリスではインフォーマルな場面で用いられます。get の代わりに put one’s skates on とも言います。

skate は元々オランダ語の schaats から来ています。オランダ語では「脚の骨」「竹馬」という意味だそうです。かつてスケートの靴の歯はトナカイや鹿などのすねや肋骨の骨で作られたとされています。私は小学校低学年の頃アムステルダムに暮らしていたのですが、冬に近所の運河が凍り、たくさんの人たちが滑っていました。なお、子ども向けのオランダ小説に『銀のスケート』という作品があり、岩波少年文庫から出ています。訳者は石井桃子さんです。


4.racing certainty 確実に起こること

It seems a racing certainty that we will be able to enjoy space travel. (宇宙旅行を楽しめるようになるのはおそらく確実でしょう。)

racing certainty は「確実に起こること」という意味です。ここで使われている racing は自動車レースのことではなく、horse racing、つまり「競馬」のことです。racing certainty には「確実に勝つとされる競馬」という意味もあります。ちなみに競馬の話題でもう一つ。equestrian という単語をご存知ですか?これは「馬の」という形容詞あるいは「騎手」という名詞です。ラテン語の「馬(equus)」から生まれた単語です。

今回はスポーツ関連の表現をご紹介しました。季節はそろそろ春。これを機会に新しいスポーツに挑戦してみるのも楽しいですね。


柴原 早苗
放送通訳者、獨協大学非常勤講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSE にて修士号取得。ロンドンのBBC ワールド勤務を経て現在はCNNj、CBS イブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。NHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。ESAC 英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。
 

| 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 | 12:00 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

リンク

モバイル
qrcode