通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 <バックナンバー> | main | 授業体験レポート:2019春【英語編】第3回 「数えられない名詞は、数えられるようにする」 >>
2019サマーおすすめ:[英語] 「訳文品質アップの新アプローチ 翻訳チェッカートレーニング」クラスのご紹介

サマー.png

 

四葉のクローバー​​短期コース【2019サマー】

「訳文品質アップの新アプローチ 翻訳チェッカートレーニング」

[東京校A] 8/23・30(金)19:00〜21:00(全2回)

[インターネット] 8/24〜9/9 ※スマートフォン、タブレット端末対応

 

[東京校B] 9/21・28(土)15:00〜17:00(全2回)
[インターネット] 9/22〜10/8 ※スマートフォン、タブレット端末対応

-------------------------------------------------------------------


「翻訳チェッカーの役割」とは
クライアントのニーズが多様化している今、翻訳文の品質の安定と向上に欠かせないのが「翻訳チェッカー」の存在です。ところで、みなさんは「翻訳チェッカー」が翻訳業務のプロセスの中でどんな役割を果たしているかご存知ですか?

「訳抜け」や「表記の揺れ」、「情報の確認」などを行い、作業面で翻訳者をサポートする黒子のようなポジションと思い浮かべる方が多いかもしれませんが、実はさらに深く翻訳業務にかかわっています。

「翻訳チェッカー」として翻訳業界に参入して、これまで数多くの翻訳プロジェクトに携わり、その経験を活かして現在は「翻訳者」としても活躍中の豊田実紗先生から、翻訳の品質向上という重要な責務を担っている「翻訳チェッカー」のお仕事についてご紹介いただくとともに、授業でのチェッカー業務の演習を通じて訳文の品質向上を実感していただきます。

教室での演習は、「翻訳チェッカー」の仕事の流れを理解し、課題を使ってチェッカー業務を体験していただきます。前回開講時の授業では、いろいろな訳文サンプルを先生にご用意いただき、現場に近いシチュエーションで実務に役立つテクニックをご紹介いただきました。今回も授業の中で訳出は行いませんが、訳文を読み、品質を向上させるスキルを養うことで、自分が訳した文を第三者的な視点で読むことができるようになります。この業務体験を通して、全く新しいアプローチでご自身の訳文品質を向上させるテクニックをご理解いただきます。

本クラスの修了生が、活躍中です!
なお、クラス受講後、チェッカーに求められるスキルをお持ちであると評価された方は、チェッカーや翻訳者としての実務経験の有無を問わず、(株)翻訳センターが実施するトライアル受験の権利が付与され、合格者は即戦力として(株)翻訳センターにてチェッカー業務に携わっていただきます。

 


-------------------------------------------------------------------

四葉のクローバー​​短期コース【2019サマー】

「訳文品質アップの新アプローチ 翻訳チェッカートレーニング」

[東京校A] 8/23・30(金)19:00〜21:00(全2回)

[インターネット] 8/24〜9/9 ※スマートフォン、タブレット端末対応

 

[東京校B] 9/21・28(土)15:00〜17:00(全2回)
[インターネット] 9/22〜10/8 ※スマートフォン、タブレット端末対応


※インターネットクラスの授業動画は通学クラスの方もご視聴いただけます。復習や欠席された際の補講用としてご利用ください。

短期コース【2019サマー】では、入学金・レベルチェックテストは不要です。
受講特典あり!
クラスの詳細、お申し込みはこちらから:
https://www.issnet.co.jp/courses/e_t_short.html#feature12
-------------------------------------------------------------------
<関連記事>
クラスを担当する豊田実紗先生の関連情報もご参考にどうぞ。
丸講師紹介 : 豊田実紗先生

------------------------------------------------------------------------

 

| 【英語翻訳コース】 | 10:00 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

リンク

モバイル
qrcode