通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 <バックナンバー> | main | 授業体験レポート:2019春【英語編】第3回 「数えられない名詞は、数えられるようにする」 >>
2019サマーおすすめ:[中国語] 「日⇔中通訳基本訓練」クラスのご紹介

サマー.png

 

四葉のクローバー​​短期コース【2019サマー】
「日⇔中通訳基本訓練」
[東京校] 7/27・8/3・10・24(土)17:15〜19:15(全4回)

※8/17は休講

-------------------------------------------------------------------


通訳経験の無い方、通訳訓練が初めての方に最適のクラスです。全4回の授業で日⇒中訳中⇒日訳を50%ずつバランスよく訓練します。単語レベルの訳出、練習した単語が含まれる短文の訳出、短文の内容が含まれる長文の訳出と無理なくレベルアップが図れます。シャドウイング、リピーティング、パラフレーズなど、通訳の基本訓練を行うことにより、しっかりとした訳出力を身につけることができます。

シャドウイング:ネイティブの語感をそっくり真似ることにより身につける。
リピーティング:原文と全く同じように再現することにより、短期記憶力を養成する。
パラフレーズ:意味を変えずに別の言い方で表現することにより、表現パターンを豊富にする。

教材は実際の通訳場面 で必ず出会う「式辞挨拶」を使用します。

日本語母語者と中国語母語者が一緒に訓練を受けることができるのも、アイ・エス・エス・インスティテュートの特徴です。中国語母語者の日⇒中訳、日本語母語者の中⇒日訳はお互い大変参考になります。訳出パターンは千差万別ですので、多くの訳例を聞くこと自体がよい勉強になります。

受講後は、最初は聞き取れていたものの、分からない単語が出てきたために、全ての内容を忘れてしまったり、大体の内容は分かったけれども、最後まで訳出ができず、途中で止まってしまうということはなくなります。

日本語と中国語が話せる人から、日本語と中国語の通訳ができる人になることをめざします。(訓練を通して)少なくとも、通訳とはどのような作業なのか、ということを意識することができます。

担当は近藤はる香先生(中⇒日訳)、顧蘭亭先生(日⇒中訳)です。お二人とも現役通訳者でアイ・エス・エス・インスティテュート中国語通訳者養成コース基礎科1担当です。

2019年[秋期]10月レギュラーコースから本格的に通訳訓練を始めることを考えられている方にも是非おすすめです。

 

-------------------------------------------------------------------

四葉のクローバー​​短期コース【2019サマー】
「日⇔中通訳基本訓練」
[東京校] 7/27・8/3・10・24(土)17:15〜19:15(全4回)

※8/17は休講


短期コース【2019サマー】では、入学金・レベルチェックテストは不要です。
受講特典あり!
クラスの詳細、お申し込みはこちらから:
https://www.issnet.co.jp/courses/c_i_short.html#feature2

-------------------------------------------------------------------

<関連記事>
クラスを担当する先生の講師紹介ページもご参考にどうぞ。

丸講師紹介:顧蘭亭先生

丸講師紹介:近藤はる香先生

-------------------------------------------------------------------

 

| 【中国語通訳コース】 | 10:00 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

リンク

モバイル
qrcode