通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 授業体験レポート:2015秋【英語編】第3回 「中間テスト前!」 | main | 『中国語表現コラム〜更上一層楼(更に上へと)』 第3回「中華料理のご注文に困ったことはありませんか」 >>
「NIPPON 〜到来した平成の開国〜」 第6回 NIPPON 医療通訳サービスのブレイクスルー


読者の皆さん、こんにちは。

ランゲージワン株式会社で多言語コンタクトセンターの企画営業をしている高橋恵介(48)です。

日本における言語のバリアフリーを目指して、この分野で活動すること約25年。日本に住む外国人の悲喜こもごもを見てまいりました。

今回は、日本における医療通訳サービスのブレイクスルーについてお話ししてみたいと思います。

------------------------------------------------------------------------

現在、日本の多くの医療機関において、外国人患者の受入環境は、必ずしも充実しているとは言えない状況です。外国語対応が出来ず、日本語でしか対応できない医療機関に外国人患者が来た場合、ただでさえコミュニケーションが取りづらく、場合によっては、医療費が未収となってしまうケースも少なくありません。医療機関が、医療通訳サービス導入するなど、外国人患者の受入環境向上の取り組みに及び腰になってしまうことも、なるほど理解出来ます。

しかし、今年に入ってから、医療通訳サービスの話題が多く聞かれるようになっています。

厚生労働省が、8月に医療通訳拠点病院19病院の選定を発表しました。また、JCI(Joint Commission International)やJMIP(外国人患者受入れ医療機関認証制度)といった病院における認証制度が普及してくる中、言葉のバリアフリーが、医療機関においても注目されてきています。

今秋、国立国際医療研究センターにおいて開催されたシンポジウムにおいては、東京大学附属病院、聖路加国際病院、沖縄徳洲会湘南鎌倉総合病院と国立国際医療研究センターにおける医療通訳の事例が紹介されていました。また、12月19日には聖路加国際病院において、医療機関における訪日外国人の受け入れについてのシンポジウムが開催されます。

来年1月〜3月まで観光庁は、医療機関などにおける訪日外国人旅行者の受け入れ実態調査を全国的に行います。その調査において、特に未収金について、医療機関がどのように対応しているかの調査が含まれています。

9月の損保ジャパンのニュースリリースでは、来年2月以降、外国人向けの旅行者保険のサービス販売が開始されるとありました。リリースの内容によれば、全国800カ所の医療機関において、この保険に加入している外国人は、医療通訳サービスの提供を受けながら、キャッシュレスで受診出来るということです。訪日外国人旅行者にとって、とても便利なサービスであると同時に、医療機関においても、未収金リスクを回避できる、これまでにないサービスになることが見込まれます。

ISSインスティテュートにおいても、集中コースや短期コースで医療通訳講座を開講しておりますが、このような保険サービスが浸透していくことで、日本の医療機関においては、医療通訳サービスを提供する機会が多くなってくると予想されます。ランゲージワンが提供している電話医療通訳サービスも、利用数が増加することが見込まれています。

日本政府が、2020年のオリンピックに向けて3000万人のインバウンドを目標として掲げ始めている中、医療通訳サービスは拡大するマーケットとして捉えられています。そこにはメディカル分野における、より専門分野が含まれており、必ずしも安価な価格を提示することができるわけではありません。ただ、前述の訪日外国人旅行者向け保険の普及により、より高度な医療通訳の提供が可能になることが予想されます。

前回のブログでも述べたように、ランゲージワンが提供している119番の通訳サービスは、全国各地に広がり続けています。救急車で搬送された外国人の治療にあたる医療機関でも、通訳サービスが提供されることにより安心安全な医療が提供されるなる日が近づいているのです。

2020年に向けて、訪日外国人旅行者への医療分野における受入環境が整備されつつあります。

そして私は、2016年に、日本における医療通訳サービスのブレイクスルーが来ると予想しています。みなさん準備はいいですか?
 
(つづく)
| NIPPON 〜到来した平成の開国〜 | 19:00 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

リンク

モバイル
qrcode