通訳・翻訳養成学校のISSインスティテュートでは、キャリアにつながるプロの語学力を養成します。

ISSスクールブログ

アイ・エス・エス・インスティテュートが運営しています。


<< 英語翻訳コース特別セミナーレポート 「特許翻訳業界の現場を知る〜業界参入の新たなアプローチ」 | main | 『柴原早苗先生のワンランクアップの英語表現』 76回 繊維関連の表現 >>
中国語通訳コース特別セミナーレポート「通訳を職業としていくためには」

9月12日、多くの方にご参加いただき「通訳を職業としていくためには」セミナーを開催しました。

講師は現役通訳者としてご活躍の徳久圭先生(中国語通訳者養成コース通訳科1担当)です。以下セミナーのレポートです。



------------------------------------------------------------------

通訳とはどのような仕事なのでしょうか?

通訳者の仕事はサービス業なので、ホスピタリティが必要
具体的には笑顔、丁寧な言葉遣い、きちんとした身だしなみ、時間を厳守すること、てきぱきと仕事をこなす処理能力などです。

声を届ける仕事
アナウンサー、声優に近いものと思っています。その場に応じて話し方を変えることができる。例えば、華やかなレセプションでは華やかに、重々しい会議では抑制のきいた話し方ができるなど、話し方にこだわるのが通訳者の特徴です。


中国語通訳業界の特徴

中国語ネイティブの割合
感覚として現場でお目に掛かる通訳者の6-7割が中国語ネイティブの方です。
日本語母語の通訳者として仕事を取っていくにはどうすればよいでしょうか?
ひとつの答えとしては母語にこだわり、中国語から日本語へ正確に美しく訳出できる技術が日本語母語通訳者の売りになると思います。

社会的地位
他国に比べ、日本での通訳者の地位は低いと思います。日本国内では日本語のみで色々なことが足りてしまいます。外国語を話すことにあまり社会的な意義がありません。

繁忙期
春秋が忙しく、夏冬は仕事が少ないという波がある仕事で、忙しくない時は2-3週間仕事が無いという時もあります。いきなり脱サラしてフリーランスになることはリスクが大きいので、多少なりともキャリアを付けてから独立するべきだと思います。
通訳スクールのOJTを利用する方法もあります。実際に現場に行って通訳のお仕事をしますので、職務経歴書に書いて実績とすることができます。


よくある誤解

話せれば訳せると思われる
例えば、これはある派遣会社の通訳者求人広告です。この中に「スポーツ用品ショップにて中国人のお客様対応をお願いします。商品知識は全く必要ありません」とありますが、この靴の説明文を見てください。

「このスニーカーはフィットネスヘリテージをコンセプトに開発されたVintageパックで、レトロテイストなアッパー素材やクラックドサイドストライプやユニオンジャックをシュータンに施した今シーズンの注力コレクションです。」

その場ですぐに中国語に訳せますか?

普通のことしか話さないから
通訳者というのは現場に体ひとつで言って通訳するのではなく、資料などを使って事前準備をします。よく「今日は普通の話しかしないから」、「普通の技術者向けですから」と言われるお客様がいらっしゃいます。しかし技術者にとって普通の話でも、我々にとっては普通の話ではないので予習が必要です。通訳者はどのような現場でも一人だけ門外漢なのです。
両言語ができることはもとより、色々なことを勉強して現場にいかなければならない仕事です。


通訳者になるために

本当に通訳/翻訳が好きか?
受け身ではダメ、自分で学ぶ姿勢が必要です。
自分の好きな通訳者、翻訳者の名前を挙げられますか?

広く浅い雑学知識が必要
中国語通訳者は色々な分野の仕事を請け負うので、広く浅く色々なことを知っておくと、いざという時に訳出を助けてくれることが結構あります。
中国語の通訳者であれば、日本と中国語圏に関する広く浅い知識、特にアヘン戦争以降の近代史を知っているとよいですね。
中国語通訳を使う方は、中国・台湾・香港などとのビジネスに関わっている方が多いので、本当によく勉強されているし、色々なことをご存知です。そのような方たちの通訳をするためには、日ごろから新聞に目を通し、アジア、特に中国・台湾・香港についての知識は人一倍知っていなければなりません。

泥臭い訓練
通訳というと華やかな印象がありますが、実際のところ9割は事前準備ですし、訓練は地味な努力の積み重ねです。何度も反復する肉体的な訓練ですので、このような訓練が好きか、好きでなくてもコンスタントにこなせるか、がカギだと思います。
いろいろ大変なところもありますが、通訳者のお仕事はやり甲斐があり、知的好奇心を満たしてくれる面白いものだと思います。日中関係はまだ改善されませんが、これからも両国の関係は深まりこそすれ、疎遠になることは考えにくいので、みなさんも是非訓練を積んで羽ばたいてください。

------------------------------------------------------------------

参加者の皆さんからは「非常に参考になった」、「普段このようなお話を聞くチャンスが無いので、とても有意義だった」、「通訳者の仕事に関する心構えなどとても興味深かった」など多くの声が寄せられました。

アイ・エス・エス・インスティテュートでは、これからも役に立つセミナーを企画して参ります。次回をお楽しみに!

------------------------------------------------------------------

四葉のクローバー2015年[秋期]10月開講コースの詳細情報・お申込みはこちら

中国語通訳者養成コースの詳細はこちら
無料体験レッスンの日程・お申込みはこちら
レベルチェックテストのお申込み

 
| イベントアルバム | 17:00 |

CATEGORIES

RECOMMEND BOOKS


SELECTED ENTRIES

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

リンク

モバイル
qrcode